著書 林修に関するニュース

【AQ Skin Solutions Inc.】 米国AQSkinSolutions社代表Dr.アーメッド・アルカタニがスキンケアに関する著書「Real-World-SkinSolutions」を公開

DreamNews / 2015年07月01日10時00分

■ 米国AQ Skin Solutions 社代表Dr.アーメッド・アルカタニが2015年6月8日からカナダで行われた『The 23RD World Congress of Dermatology in 2015』でスキンケア、皮膚科学に関する著書「Real-World-Skin Solutions」を正式に一般公開・販売開始した。■米国AQ Skin S [全文を読む]

デーモン閣下が“知の鉄人”たちを前に威圧感たっぷり

Smartザテレビジョン / 2015年06月25日06時00分

また、堀江の著書「金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?」や、舛添都知事の著書「東京を変える、日本が変わる」など解答者の著書からも出題。難問が続く緊迫の第1ステージを勝ち抜くのは、どのメンバーだ。 第2ステージの「上級博識バトル」では、より難易度の高い上級問題が用意されている。成績上位者二人が決勝ラウンドに進出できるが誰が残るのか。 [全文を読む]

「いつやるか?今でしょ!」林修先生の金言集(2)「逆算の哲学」で成功を…

アサ芸プラス / 2013年03月26日09時54分

そんな人のためには林先生の著書「いつやるか? 今でしょ!」(宝島社刊)が便利だ。同書は大人向けの自己啓発本である。 ページを開くと、いきなり「金言」が出現する。 〈挨拶は『誰にでも平等に』しよう!〉 子供が教わるような内容かと思いきや、これが意外と深い話なのだ。深々と頭を下げて挨拶されれば、誰でも相手に好印象を抱く。それだけではなく、挨拶とは〈挨拶をする自 [全文を読む]

「ベレー帽をなくしてマンガが描けない」 手塚治虫の“子どもっぽさ“が名作を生んだ!?

おたぽる / 2015年03月06日23時00分

番組は手塚の著書『ぼくのマンガ人生』(岩波書店)や原作・宮崎克、マンガ・吉本浩二の『ブラック・ジャック創作秘話~手塚治虫の仕事場から~』(秋田書店)を元に、手塚の有名エピソードをあらためて紹介していきました。 まずは、手塚のすごすぎる"伝説"を見ていきましょう。『ブラック・ジャック』の感想を求められたアシスタントに「ちょっと、イマイチかな」と言われた際は、 [全文を読む]

『北斗の拳』への多大なる愛を激白! 林修の番組タイトルは武論尊に影響を受けていた?

おたぽる / 2014年06月27日12時30分

それでも、林は武論尊の著書『下流の生きざま』(双葉社)を読んで、「生きるっていうことは無様なことで、あがいて、苦しんでいくことが生きざまではないか。だったら、この番組で、生きざまの言葉の意味を変えてやろうと思った」と語り、番組開始の暴走気味の空気を一転、なんだかいい話でまとめてしまった。 最初は妙なテンションで出演者を引かせつつも、最後はいい話できちんと『 [全文を読む]

「いつやるか?今でしょ!」林修先生の金言集(3)日本史56点に動揺をを隠せず

アサ芸プラス / 2013年03月27日09時54分

著書に〈『高い授業料』が教えてくれたこと〉と書いているように、自分は〈数限りなく負けてきた人〉だそうだ。そして、こんな「金言」も。 〈負けから学ぶこと、そして時に潔く負けること〉 勝ち組の人生を歩んでいるかのように見える林先生だが、失敗から多くを学んできた。 失敗を続けてきた大人にとっても、実に親近感の湧く成功者なのである。そんな林先生が発した「金言」を無 [全文を読む]

「今でしょ!」林修先生タレント化の功罪を「東進ハイスクール」に聞いた

日刊サイゾー / 2013年03月11日11時00分

さらに、LINEでスタンプが登場したり、林先生の著書『いつやるか? 今でしょ!』(宝島社)が出版されたり、3月11日には『森田一義アワー 笑っていいとも!』(フジテレビ系)のテレフォンショッキングにも出演することが決定しているほどの「旬の人」だ。 いまや子どもからお年寄りまで知っている有名人であり、このフレーズはすでに「一発ギャグ」にもなりつつある。都内 [全文を読む]

こんなに泣けるビジネス書はなかった!『アメリカ海軍に学ぶ「最強のチーム」のつくり方』著者マイケル・アブラショフ、翻訳吉越浩一郎がAmazonキンドル電子書籍ストアにて「軍事」カテゴリーで1位を獲得

DreamNews / 2017年03月27日17時00分

著書に『仕事ができる社員、できない社員』(三笠書房)などベストセラー多数。 ■著者 ダイアー,ウエイン・W. 1940年生まれ。心理学博士。マズローの「自己実現」の心理学をさらに発展させた、「個人」の生き方重視の意識革命を提唱。アメリカのみならず世界的に評価されるスピリチュアル・マスター ■渡部昇一 1930年生まれ。上智大学名誉教授。英語学者(本データ [全文を読む]

堀江貴文 10年ぶりクイズ番組出演も想定内?

Smartザテレビジョン / 2015年03月19日22時04分

そしたら意外に役立った」という著書もあるほど、膨大な読書量を誇っており、書籍から得た知識の幅は著名人の中でも指折り。まさに“本”をテーマに出題する「THE博学」の解答者にはうってつけの人物となっている。 そんな堀江氏がクイズ番組に出演するのはテレビ朝日で放送された「世界初!!新iQテスト空前の全国一斉試験!!(テスト・ザ・ネイション 全国一斉IQテスト)」 [全文を読む]

“読書家”太田光の実力は!? 「THE博学」新春SPが放送!

Smartザテレビジョン / 2015年01月02日12時00分

この「THE博学」は“本”をテーマに出題するクイズバラエティーということで、番組側が読書家として知られ、小説「マボロシの鳥」(新潮社)や「文明の子」 (ダイヤモンド社) など、エッセー、評論などの著書も多数ある太田に解答者としての出場を依頼したという。「クイズ番組の司会はあるけど、解答者っていうのはほとんどない!」と自身が語るように、これまでMCとしてクイ [全文を読む]

「あんなものはマンガじゃない」 手塚治虫が石ノ森章太郎に謝罪した事件の顛末とは!?

おたぽる / 2014年12月11日18時00分

番組では著書『ボクはダ・ヴィンチになりたかった』(清流出版)、『絆 不肖の息子から不肖の息子たちへ』(鳥影社)の言葉を引用し、その生き方や考え方を紹介した。 レオナルド・ダ・ヴィンチになりたかった石ノ森は、多芸なダ・ヴィンチにあやかって、学生時代は音楽部、美術部、新聞部、文学部、柔道部の5つを掛け持ち。また、1カ月不眠不休で560枚の原稿を描いたという逸話 [全文を読む]

なぜアイドルに!? “ひどすぎるビジュアル”で話題のご当地アイドルグループ・オレンチェ!

メンズサイゾー / 2013年12月27日10時00分

(文=峯尾/http://mineoneo.exblog.jp/) 著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書) [全文を読む]

「じぇじぇじぇ」「倍返しだ」ドラマに圧倒され2013年は一発屋芸人不在!?

メンズサイゾー / 2013年08月26日10時00分

(文=峯尾/http://mineoneo.exblog.jp/) 著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書) [全文を読む]

“今でしょ!先生”合コンで「あんなデブ」呼ばわりされた

NEWSポストセブン / 2013年03月15日07時00分

著書『いつやるか?今でしょ!』(宝島社)で、当時の合コンの苦~い思い出をこう語っている。 <とても素敵な子がいてガンガンいったんですが、あとから女の子たちに「あんなデブとは付き合えないよね」と言われていた> これをきっかけに、林氏は必死でダイエットを始め、半年間で30kgの減量を成功させ、その後はキャンパスライフを大いに満喫したという。 卒業後、のちに経営 [全文を読む]

フォーカス