子供 林修に関するニュース

【ドゥギャーン!】それでも僕らが「大人の穴掘り」に夢中になった理由。

秒刊SUNDAY / 2017年05月09日17時41分

子供の頃見ていたあの発掘調査がまた再開されるという胸おどる好奇心はそんな小さな疑問よりも、いち早く「埋蔵金は見つかるのか」という期待感で溢れ、青春時代のあのトキメキが一気にフラッシュバックしたのだ。番組は当時の『ギミア・ぶれいく』を彷彿とさせ「謎の超能力者の登場」「発見される謎の竪穴」「凄い引る」「ドゥギャーン!という過剰なSE(効果音)」は健在!まさに「 [全文を読む]

東大タレントがTV収録ウラ話。女子が仲良く4人揃うのは奇跡?

まぐまぐニュース! / 2015年11月10日04時00分

戦場に送り出す前に、親が子供に知恵を教えて、これからたくましく生き抜けるように育てるということ。 家庭も一つの小さな社会だから、プチ疑似体験ができます。家族には、それぞれの役割があって、一つの社会が成り立っている。 誰かが強く前に出すぎてもダメだし、皆で全体の作品をつくるチームプレーだから、それぞれのパワーバランスが大事ですよね。そういったバランス感覚や自 [全文を読む]

今でしょ先生 東大合格者にマザコンなど3つの特徴と指摘

NEWSポストセブン / 2013年06月01日07時00分

東大の受験生に圧倒的な信頼を寄せられる著者だが、子供の進学に悩む親が“今やる”べきことはいったいどのようなことなのだろうか。 これまでの講師経験から東大合格者には、次の3つの特徴が挙げられるという。 ●マザコン ●親から勉強しろと言われなかった ●完璧主義ではない 「母親が手をかけてきっちり育てているので、子供はそんな母親のことを大好きになるからマザコン [全文を読む]

【悲報】今でしょ!「林修先生」がポケモン映画の声優に!という情報が拡散しネット住民盛大に釣られる!

秒刊SUNDAY / 2017年04月12日10時43分

そして今回の映画はポケモン20周年ということもあり、最初の「ピカチュウ」との出会いからの冒険を描いた作品となっており、子供はもちろん20年前子供だった「こどもOB」も楽しむことができる作品となっております。しかし、この作品に登場する伝説ポケモン「ホウオウ」の声優が「林修先生」ということで、ネットでは「なぜ林修なのか」という声も ということで早速、公式サイト [全文を読む]

林修が現役東大生に苦言「下のほうはスッカスカ」→賞賛の声

しらべぇ / 2016年10月11日11時45分

就職活動の際にフィルターに用いられるなど、高学歴の人は基本的に優秀と見なされがちだが、「子供の多かった昔に比べると、昨今は上位層でもレベルが低下している」と指摘する人も少なくない。先日放送されたテレビ番組の中で、カリスマ塾講師の林修が発言した内容が大きな話題となった。■東大でも下のほうは......9日に放送されたTBS系バラエティ番組『林先生が驚く初耳学 [全文を読む]

「我が人生に一片の悔いなし!」…約3割?

NewsCafe / 2014年05月06日12時00分

子供5歳。旦那と子供で大丈夫な年までは病気もできん。■人生は宝探しだよ、って歌なかった? 宝ひとつも持ってへん、死なない!■アリが30%以上もいるとはどうした!?■ローンを完済してから死にたい。■両親より先に死んだら、親不孝だもん!!■何ひとつ親孝行してないのよね(泣)。■汚部屋が片付いたら、死んでもいい。■長生きしたいとは思いませんが、今はまだやりたい [全文を読む]

「いつやるか?今でしょ!」林修先生の金言集(2)「逆算の哲学」で成功を…

アサ芸プラス / 2013年03月26日09時54分

〈挨拶は『誰にでも平等に』しよう!〉 子供が教わるような内容かと思いきや、これが意外と深い話なのだ。深々と頭を下げて挨拶されれば、誰でも相手に好印象を抱く。それだけではなく、挨拶とは〈挨拶をする自分を「世間に」見せる機会〉だと、林先生は説く。つまり、相手だけではなく、挨拶を見ている周囲からの評価もアップするというのだ。打算的と思われないためには、〈誰にで [全文を読む]

山田花子、「キスは1000円、“行為”は10万円」の家庭内ルールに視聴者が驚愕

アサジョ / 2017年05月22日15時25分

「花子がここまで子供の将来にこだわるのには理由があるんです」と言って、芸能関係者が続ける。「キスは1回1000円、“行為”は10万円。これ、何の値段だと思います? 思わずオトナのサービスを想像してしまいそうですが、実は花子との間で旦那が取り決めたスキンシップの値段なんです。視聴者からも、『旦那クズすぎ』『ヒモじゃん』といった声が出ています。トランペット講師 [全文を読む]

女子アナやキャスターら美女軍団と東大芸人が激突!

Smartザテレビジョン / 2017年02月04日05時00分

1stステージに続き、またしてもやらかしてしまった阿部が言い訳を連発し、子供の頃から「ネプリーグ」が大好きで、憧れの「ハイパーボンバー」だった大島が「言い訳はいいから回してくれ」と一喝する。 [全文を読む]

キスマイ北山宏光、お気楽な千賀健永に「なめんなよ」

Smartザテレビジョン / 2016年06月12日17時30分

子供のころはよくできた!」と意気込む、弟・大和田獏も林先生が出題する常識問題には頭を抱え、時事漢字が出題されるカテゴリーでは、流行について行けないのか大パニックに陥ってしまう。 一方、Kis-My-Ft2チームは“ファンが離れてしまう!?”ほどの珍解答連発で、人気アイドルらしからぬ醜態をさらす。 その他、さまざまなモノの割合を答えるゲーム「パーセントバル [全文を読む]

草なぎ剛がインフルエンザのスペシャリストに!?

Smartザテレビジョン / 2016年01月05日05時00分

「ウイルスが最も増殖する体の部位」「子供が大人に比べて掛かりやすい理由」「熱が下がってから外出を控えるべき日数」「冬に感染が拡大すると考えられている3つの条件」「発症から48時間以内に病院に行った方がいい理由」など、知っているようで知らない人も多い知識が次々と明らかになる。 さらに、「インフルエンザの予防に効果的なうがいの頻度」や「名医が実践しているイン [全文を読む]

【クイズサバイバー】いとうあさこ「生きざまで勝負」

Smartザテレビジョン / 2015年12月28日06時00分

子供のころは嫌だなぁと思っていましたが、除夜の鐘で新しい年を迎えるのも、のんびりしていて好きですね。ただ、お家で過ごす皆さんにはぜひこの番組を見ていただきたいです! ――最後に、このインタビューがリレー形式なので、次に登場する祥子さんに一言お願いします。 祥子さんは本当にいつもおきれいですよね。ミステリアスな雰囲気を出しつつも、最近は自分の素顔のこともお [全文を読む]

仕事急増の林修氏 池上彰氏と違い主役にも黒子にもなれる

NEWSポストセブン / 2015年05月30日07時00分

相手を子供扱いせず、リスペクトして対等に接しているのがよくわかりますね。自分の手柄はなくてもよいという考えで、主役でありながら黒子に徹することもできます。 なぜこうもスタンスが違うのかというと、お二人の本業が違うからです。池上さんはジャーナリスト、林先生は塾講師。「教え方」の違いからもそれはよくわかります。 池上さんは、質問を投げかけながら教えていくという [全文を読む]

<池上彰とマツコ・デラックスの使いやすさ>歯に衣着せぬように見せて、放送局が困らない程度のコメントをする技術

メディアゴン / 2015年04月11日06時20分

思えば、つい先日まで、子供を相手に紙芝居のようなニュース解説をやっていた人である。NHKでは主流の政治部出身ではなく、事件事故を扱う下世話な社会部出身である。政治部記者というのは、番記者ともなれば、ついた政治家と一緒に偉そうになってしまうケースがあるが、社会部記者では偉そうな態度を身につける暇もなかったのだろう。そこが、まさしく「ずっと観ていても嫌悪感を抱 [全文を読む]

春の番組改編率が激高! ターニングポイントを迎えたテレビ業界

週プレNEWS / 2014年04月05日06時00分

子供から大人まで気軽に見られる教養バラエティは、今やテレビ局にとってキラーコンテンツなんです。特に林さんと池上さんは人気が高く、安定した視聴率が見込める。これほどありがたい人材はなかなかいないですよ」(キー局若手局員) 女性の注目株といえば、テレビ東京の大江麻理子アナだろう。『ワールドビジネスサテライト』(以下、『WBS』)で16年間メインキャスターを [全文を読む]

フォーカス