コーナー 伊集院光に関するニュース

TBSラジオ「JUNK」秋のSW 日村勇紀“食欲”チェック、エレ片600回記念など豪華企画続々

ORICON NEWS / 2017年10月16日13時00分

【写真】異例の“国技館”結婚式を挙げたエレキコミック・今立 月曜日の『伊集院光 深夜の馬鹿力』は、番組開始から22年を迎えた今も“生放送”にこだわる伊集院の鮮度が堪能できる内容だが、大人気コーナー「勝ち抜きカルタ合戦改」に新たな動きの予感。20周年を迎えた火曜日の『爆笑問題カーボーイ』は、レジェンド声優・野沢雅子の物まねで人気急上昇のお笑いコンビ・アイデ [全文を読む]

24時間テレビ 北斗晶120キロマラソンの残り距離が「ワープ」 大物女優は渦中の「イジメ」でイジられた!

アサ芸プラス / 2012年09月13日10時54分

その感動の前に「3歩で600メートル」の珍事もかき消された形だが、違和感を残したのは深夜の「ウルトラ暴露クイズ」のコーナーだ。平成ノブシコブシ・吉村崇が、我が家・杉山裕之を「ガチで嫌い」と言い放ち、さらには「この人、九州に飛ばされる」と、本人すら知らない内部事情を暴露。バラエティの枠を越え、不穏な空気が漂った。 「プロレスと同じで、ああいう仕掛けも双方の [全文を読む]

ご長寿ラジオ『大沢悠里のゆうゆうワイド』が終了!後任は…

しらべぇ / 2016年01月22日16時00分

— MOTZ (@sss_motz) January 18, 2016『大沢悠里のゆうゆうワイド』は平日朝8時半から13時までの生放送で、「お色気大賞」や「毒蝮三太夫のミュージックプレゼント」、「小沢昭一的こころ」など多種多彩なコーナーで人気が高く、聴取率も常に上位にランクイン。中高年や外回りの営業マンがゆっくりと楽しめる番組として関東圏で高い知名度を誇る [全文を読む]

サンドウィッチマン ラジオ番組で見せる若手芸人への“神対応”

太田出版ケトルニュース / 2015年12月25日13時22分

番組の前半は、3組の芸人のタマゴのネタを見て、サンドウィッチマンやゲストの芸人が1位を決めるネタコーナーで、後半は大喜利のコーナー。サンドウィッチマンの2人は、かつては同じ部屋に住んだり、事務所を転々とした苦労時代があるからか、若手芸人に優しく接します。 普通はネタに対してダメ出しをするものですが、へこむようなコメントは無し。ある芸人のネタに対しては、 [全文を読む]

ウーマン・村本、ラジオの王様・伊集院光と直接対決! レジェンドにも死角あり!?

メンズサイゾー / 2015年09月02日10時00分

村本が始めた新番組は、ラジオ特有のコーナーもなく、リスナーからのメールもいっさい読まないというもの。村本ただひとりが身の回りに起きたことを2時間ノンストップで語りつくすストロングスタイルの番組だ。そのトーク内容は、身を削るだけではなく、相方から先輩や後輩のほか学生時代の同級生まですべてを笑いのネタにしたもので、かなり激しい内容となっている。そのためオンエ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】伊集院光、22年前に発売した“幻のCD”がプレミア化していることに驚き。新品は2万4500円!

TechinsightJapan / 2015年07月24日13時55分

22年前に、ニッポン放送でやっていたラジオ番組のコーナー「全裸マン」のテーマ曲を発売していたという。 大事MANブラザーズバンドが流行っていた時期に、伊集院は“全裸マンブラザーズバンド”としてデビューした。当時の売れ行きは好調だったようで、8万枚くらいは売れたという。しかしその後、中古CD店に大量に並べられるようになり、伊集院はそれを見かけるたびに自分で回 [全文を読む]

長寿番組の原動力「深夜番組のエロ企画」伝説

アサ芸プラス / 2013年03月27日09時54分

また同時期に放送されていた「とんねるずのオールナイトニッポン」(85~92年)では、リスナーと生電話でエロ話をするコーナー「電話でハメっこ」が人気だった。とんねるずが引き出すエロトークは強烈で、時には放送中にリスナーが彼氏とコトに及んでしまうハプニングもあった。 関西の深夜番組「MBSヤングタウン」(67年~)で懐かしいのが「女性立ち入り禁止コーナー」。 [全文を読む]

五輪なでしこ戦の裏で炸裂した、ラジオの王様の誠実な毒『JUNK 伊集院光 深夜の馬鹿力』

日刊サイゾー / 2012年08月14日08時00分

この日の放送は、聴くことができない投稿者たちへの配慮としてネタコーナーは一切やらず、「1000の質問スペシャル」と銘打って読者の質問に次々と答えていくというスタイルを取っていたのだが、リスナーの質問がこの「裏送り」の件に触れると、伊集院は一気にヒートアップ。「バカじゃねえ? って思いますよ、基本的には」「女子サッカー好きな人は、テレビ見るってー」「東京のラ [全文を読む]

局アナの枠を飛び出したマジカルな思考回路の冒険『安住紳一郎の日曜天国』

日刊サイゾー / 2012年08月04日08時00分

ほかにも、生姜焼きマニアやマリンバ奏者など珍しいゲストを迎えるコーナーや、ほのぼのとした雰囲気ながらも毒の効いたメッセージ紹介コーナーなどもあるが、やはり長尺のオープニングトークがこの番組の肝だろう。 例えば、ある日のフリートーク。いつも通りの気候の話から、安住はその日が素晴らしい陽気であるということを伝えるのに、こんな話をする。その日の早朝、徹夜明けの安 [全文を読む]

人気ラッパー・Zeebraが「中二病」の名付け親・伊集院光をディスった!?

メンズサイゾー / 2012年02月20日16時45分

「自分は特別な存在だと思い込む」「急に洋楽を聞き始めて邦楽をバカにする」「急に詩を書き始める」「サブカルに目覚める」などといった誰もが思い当たる行動が中二病の症例とされ、ネットでも広く使われているが、伊集院が90年代後半にラジオ番組『伊集院光のUP'S 深夜の馬鹿力』(TBSラジオ)のコーナー「かかったかな?と思ったら中二病」で用いたのが最初といわれている [全文を読む]

まさかの液体グルメ特化番組『たれ』 攻めるテレ東が放送

おたくま経済新聞 / 2017年06月27日18時00分

コーナーでは芸人銀シャリが登場する「銀シャリの下町タレ探し」。さらには「タレ会議 ○○に一番合うタレはどれだ!?」「タレ会議 卵はタレか?具材か?」「テレビ東京女性アナウンサー タレ選手権」「うなぎマニア公認!? 東京激安うなぎ店ベスト10」「最強のご当地ダレが決定! 全国タレ甲子園 2017夏」と、香ばしい企画がずらりならんでいます。 液体グルメバラエ [全文を読む]

IKKO 1カ月の美容代「300万以上」、福原遥は「5000円」

Smartザテレビジョン / 2017年03月24日10時35分

また出演者からハナタカ情報を提供するコーナーでは、伊集院光がマギー司郎の偽札事件に巻き込まれた話を紹介した。「(マギー司郎さんが)営業先でハンカチが1万円札に変わるっていう手品をやっていたら酔っ払いが、偽札を作ってる!と通報して本当に警察が来て事情聴取されたらしいです」と堂々と語るも、司会のくりぃむしちゅー・上田晋也は「なるほど、ただごめんなさい。お得情 [全文を読む]

実はラジオっ子の市川紗椰が語るその魅力「押しつけてくる感じがないのがいい」

週プレNEWS / 2016年11月28日11時00分

私もコーナーゲストとして出演させていただいたことがあるんですが、強啓さんって181cmあって、すごく大きいんですよ。いつもラジオで声を聴いていた方が目の前でお話ししているのを見て、不思議な気持ちになりました。 ちなみに、この番組はリベラル系のゲストの方が出ることが多いんですが、その裏でやっている『ザ・ボイス そこまで言うか!』(ニッポン放送)は、バリバリ [全文を読む]

大沢悠里 1年前に体力の限界自覚も周囲はそう感じなかった

NEWSポストセブン / 2016年01月26日07時00分

なかでもリスナーから人気のコーナーが『毒蝮三太夫のミュージックプレゼント』。毒蝮が中継現場で見つけた一般人を「藁人形みたいな顔したジジイだな」などと、歯に衣着せぬ物言いでイジる。そこに大沢の穏やかなツッコミが加わることで、笑いと人情が溢れる瞬間が生まれるのだ。 20年以上も同番組を聴いていたタクシー運転手(69)が話す。 「聴取者から届いたエッチな投稿話 [全文を読む]

礼儀正しすぎる子役は異常か? 伊集院光ラジオで「イラッとした」発言が孕む“子供かくあるべし”論の矛盾

messy / 2015年10月03日12時00分

リスナーから届いたネタのお便りを紹介するコーナーで寺田の話題となり、伊集院は寺田と共演したときの出来事を話したのである。曰く、寺田は「今日は本当に、よろしくお願いします」「皆さんにご迷惑をかけないように、一生懸命、頑張りたいと思います」と礼儀正しく謙虚に挨拶してきたという。 伊集院は「何か分からないけど家庭を恨むっていうか、俺の中でいらっとした」と振り返る [全文を読む]

葉加瀬太郎が教える“第九の呪い”とは?

Smartザテレビジョン / 2015年09月28日10時00分

さらに、葉加瀬が日本のスゴイ音楽家を紹介するコーナーでは、世界的なピアニスト・辻井伸行とテレビ初共演。辻井が葉加瀬をイメージした楽曲を披露するなど、クラシックのコンサートを1本見るかのような幸福な満足感が味わえそうだ。 [全文を読む]

ウーマン村本が自らユーチューブ音源を削除要請しなければならない裏事情

アサ芸プラス / 2015年08月21日17時59分

そのため自ら音源を削除し、生で聞く人を少しでも増やし、聴取率を上げたいという考えがあるのでしょう」(お笑いライター) 村本のラジオは、コーナー、メール、音楽一切なしという、他では類をみない2時間フリートーク番組。それほどラジオに労力をかけているだけに、リアルタイムで聴いてほしいという思いが人一倍強いのかもしれない。(森嶋時生) [全文を読む]

太田光&室井滋が話題の高野山で“空海伝説”に触れる

Smartザテレビジョン / 2015年07月27日11時56分

ミニコーナー「アニメ・一休さんのとんちクイズ」では、スタジオの高嶋政宏、伊集院光、室井が、人気アニメ「一休さん」('75~'82年)にまつわるクイズに回答する。 さらに、今回は宗派を超えたお坊さんたちの怒りの声も発表。「SNSに焼き肉の写真を投稿する若い僧侶たち」など、最近の若手同業者に対する怒りから、「新幹線の座席の手すりを堂々と使う人」など、一般の人 [全文を読む]

「オモクリ監督」と「ちびまる子ちゃん」が夢コラボ!

Smartザテレビジョン / 2015年04月18日10時01分

「オモクリ監督―」のメーンコーナーは、レギュラー監督の千原ジュニア、バカリズム、劇団ひとりと、芸人から俳優などさまざまなゲスト監督が、今を切り取るユニークなテーマで自ら企画構成し、監督した面白いVTR=“オモブイ”を発表する企画。 4月19日(日)放送の“オモブイ”のテーマが、ことしアニメ放送25周年を迎えた「ちびまる子ちゃん」に決定し、コラボレーション [全文を読む]

ナイナイのオールナイトニッポンが残した大きな功績 さまぁ~ず再ブレイクのきっかけに

AOLニュース / 2014年08月22日17時00分

そしてさらには、そんな三村のツッコミネタだけを取り上げるコーナーも立ち上げ、当時仕事が激減していた三村を番組のゲストに招いたこともあった。その後、さまぁ~ずは改名などを経て再ブレイク。その際に世間に注目されたのは、三村のツッコミだった。 彼らの再ブレイクについては、ウッチャンナンチャンの内村光良の功績と考える人が多く、それは疑いようのないことではあるもの [全文を読む]

フォーカス