小学館 宙出版に関するニュース

史上最大級! 23社88誌の編集長が勢揃い! eBookJapanが漫画雑誌編集長のオススメ漫画レビュー特集を公開

PR TIMES / 2012年07月20日09時16分

【協力雑誌名】(出版社名50音順)雑誌名 出版社名月刊コミックビーム エンターブレインハーモニィRomance 宙出版恋愛白書パステル 宙出版Young Love Comic aya 宙出版恋愛Revolutionラブレボ 宙出版Nextcomicファースト 宙出版マンガ・エロティクス・エフ 太田出版月刊少年エース 角川書店ヤングエース 角川書店月刊ASU [全文を読む]

やりがいが無い、将来が見えない…迷える社会人を救う お仕事マンガベスト5

ダ・ヴィンチニュース / 2014年04月03日11時20分

【第2位】『重版出来!(1~3巻)』(松田奈緒子/小学館) 体育会系出身の主人公が、出版社のマンガ編集部に就職。先輩や同僚、作家達と共に泣き笑いしながら作品を送り出していきます。ポテンシャル、モチベーションがあり、誠意を持って物事に真剣に向き合える人ほど、熱意が周囲を巻き込み仕事や環境にも恵まれていくという“正”のスパイラルのおこし方が見えてくるはずです [全文を読む]

各出版社の人気キャラ勢ぞろい!「年末年始は書店に行こう! コミックスdeお年玉キャンペーン」開催!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年12月28日17時30分

出版社の垣根を越えた大規模コミックキャンペーンなので、これは絶対見逃せない!!【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ●イラストカード『蒼き鋼のアルペジオ』(Ark Performance/少年画報社)『あせびと空世界の冒険者』(梅木泰祐/徳間書店)『暗殺教室』(松井優征/集英社)『orange』(高野苺/双葉社)『ケロロ軍曹』(吉崎観音/KADOKAW [全文を読む]

出版社別ダウンロード数ランキングは講談社が第1位に eBookJapan が2013年上半期の出版社別ダウンロード数ランキングBEST20を発表

PR TIMES / 2013年07月11日15時25分

すべての端末を含む電子書籍サービス全体のダウンロードです)〈出版社別ダウンロード数ランキング〉1. 講談社2. 集英社3. 小学館4. 白泉社5. 竹書房6. 直接契約 *著者やプロダクションなど出版社を介さず契約している作品のDL数合計7. 双葉社8. 角川グループ9. 日本文芸社10. 株式会社ハーレクイン11. グループ・ゼロ12. 芳文社13. 秋 [全文を読む]

BookJapanが「年末年始に読みたいマンガ BEST100」特集を公開 『ヒストリエ』『人間仮免中』ほか、2012年の話題コミック第1巻ポイントを100倍還元!

PR TIMES / 2012年12月11日09時20分

◆ 「年末年始に読みたいマンガ BEST100」特集http://www.ebookjapan.jp/ebj/special/special_mangabest.asp実施期間:2012/12/11~2013/1/21・2012/12/11(火)掲載作品(一部抜粋)『ヒストリエ』(岩明均/講談社) 第16回 手塚治虫文化賞 マンガ大賞受賞『シュトヘル』(伊 [全文を読む]

『青い城』他 タイトルに「青」がはいる漫画にはハズレなし

NEWSポストセブン / 2012年08月25日16時00分

最近の作品を挙げるだけでも島本和彦『アオイホノオ』(小学館)、咲坂伊緒『アオハライド』(集英社)、加藤和恵『青の祓魔師』(集英社)に中村珍『羣青(ぐんじょう)』(小学館)などジャンルもテイストもばらばら、なのに傑作ぞろい! 今回はそんな「青」の漫画から、夏に爽やかな2作をオススメしたい。 オールド・ミスのヴァランシーが心臓病の告知を受けたことから一気にド [全文を読む]

宮沢りえとは疎遠に?井川遥の”ママ友芸能人”でわかった不協和音

デイリーニュースオンライン / 2017年06月09日08時20分

疎遠になってしまったのでしょう」(芸能誌記者) 6月8日発売の『女性セブン』(小学館)は、かつての2人はお受験に向けて子どもを同じ塾に通わせるほどの仲だったことを伝えている。このほかにも、メールで体に良い食材の情報を交換しあい、子育ての悩みなどを相談し合う仲だった。だが、2人の行きつけだったレストランには1年以上前から顔をみせなくなり、関係が途絶えたようだ [全文を読む]

モーニング娘。最大の問題児?久住小春の”ワガママ事務所移籍”の顛末

デイリーニュースオンライン / 2017年04月10日11時45分

を卒業後はモデルとして活動し、雑誌『CanCam』(小学館)の専属モデルをつとめていた。順風満帆に思えるような華麗な経歴だが、一概にそうともいえないようだ。 「プロデューサーのつんく♂(48)を唸らせ、新たなエースとしてデビューした久住ですが、周囲は相当手を焼いていたといいます。教育係として任命された先輩メンバーの道重さゆみ(27)の言うことは一切聞かず、 [全文を読む]

斎藤工×向井理のダブル主演で浮かぶ同学年”イケメン俳優の明暗”

デイリーニュースオンライン / 2017年03月22日11時45分

昨年11月に『女性セブン』(小学館)で、女子大生との熱い夜を暴露された騒動では、あっさり事実を認めた上で、キャラを活かした適切な対応で、見事にイメージダウンを食い止めました。また、昨年末に出演した『絶対に笑ってはいけない科学博士24時』(日本テレビ系)で、お笑い芸人のサンシャイン池崎(35)のハイテンションな絶叫ネタを“完コピ”し、振り切れた姿にも絶賛の声 [全文を読む]

中居正広の”薄毛進行”に騒然?熱愛報道とWBC激務でダメージ蓄積

デイリーニュースオンライン / 2017年03月19日07時00分

元SMAP・中居正広(44)が『女性セブン』(小学館)の3月16日発売号で、振り付け師でダンサーの武田舞香(32)との6年熱愛をスクープされた件で、ファンから薄毛が進行するのではないかと心配されている。 ■WBCでもファンの薄毛指摘相次ぐ「目立ってきた」 元々中居は、長年にわたって薄毛疑惑をささやかれてきた。テレビ番組では帽子を愛用したり広すぎるオデコをさ [全文を読む]

3年は結婚しない?嵐・櫻井翔が小川彩佳アナに伝えた”プロ意識”

デイリーニュースオンライン / 2017年03月08日21時20分

嵐の櫻井翔(35)とテレビ朝日の小川彩佳アナウンサー(32)の熱愛報道から1週間を経て、「週刊ポスト」(小学館)3月6日発売号では「熱愛追跡11日」として未公開写真とともに続報した。 『NEWS ZERO』(日本テレビ系、23時放送)で月曜レギュラーを務める櫻井と、『報道ステーション』(テレビ朝日系、21時54分放送)にレギュラー出演する小川アナの異色カッ [全文を読む]

セクシー路線に転向?元フィギュア村主章枝の迷走はどこまで続く

デイリーニュースオンライン / 2017年03月07日11時55分

昨年2月に発売された『週刊ポスト』(小学館)では、大胆なセクシーグラビアに挑戦し話題を集め、同年12月には『週刊現代』(講談社)で、さらに今年2月には写真集の発売も決定している。 「村主自身もトリノ、ソルトレイクと2度の五輪に出演したものの、その後バンクーバー五輪には落選しており、以降スポンサー契約を打ち切られるなど厳しい現実があったようです。また、引退後 [全文を読む]

嵐・櫻井翔&テレ朝・小川アナの熱愛報道で“結婚”を予感させる兆候とは?

デイリーニュースオンライン / 2017年03月01日22時17分

今週発売の『週刊女性』(主婦と生活社)は、『週刊ポスト』(小学館)がニュースサイトで初報を打った2月25日、小川彩佳が生特番出演のために出社した際の様子を詳しく報道している。この日、特番出演のために出社した小川アナは同僚局員からイジられつつも肯定も否定もせず、はにかんだ笑顔で対応するなど、深刻な表情ではなかったと伝えている。 「今回の報道は11日間の密着体 [全文を読む]

親しい友人のひとり?嵐・櫻井翔と小川彩佳アナ“熱愛発覚”の行方

デイリーニュースオンライン / 2017年02月25日20時35分

(35)とテレビ朝日の小川彩佳アナウンサー(32)の密会を27日発売の「週刊ポスト」(小学館)が報じることがわかった。25日の早朝、同誌の関連サイト「NEWSポストセブン」が二人のスクープ写真とともに報じて以降、ネット上では大きな話題を呼んでいる。 奇しくも2人は、日本テレビとテレビ朝日で平日夜の報道番組を担当するキャスター同士。櫻井は「NEWS ZERO [全文を読む]

パリピ妻が長女と家出?松田龍平に浮上した”離婚騒動”の裏側

デイリーニュースオンライン / 2017年02月23日08時50分

発売中の『女性セブン』(小学館)の巻頭記事で、松田龍平の妻の太田莉菜(29)が2015年秋に長女(7)を置いて自宅を飛び出し、1年半にわたって別居状態が続いていることが報じられ、波紋を呼んでいる。 太田は夜な夜なパーティーを繰り返す“パリピ”状態で、龍平の母親の美由紀(55)が主に長女の面倒を見ているようだ。 「龍平はNHKの連ドラ『あまちゃん』で芸能マネ [全文を読む]

嫌いな夫婦の汚名返上か?木村拓哉&工藤静香が目論む”私生活の切り売り”

デイリーニュースオンライン / 2017年01月01日17時06分

そんな木村だが、12月15日に発売された『女性セブン』(小学館)では、木村と工藤静香(46)の“二世物語”が報じられている。これまでほぼ素性が明かされることのなかった2人の娘の存在が大きく取り上げられることとなったが、それがこのタイミングでクローズアップされた裏には、今すぐにでも自身の好感度を取り戻しておきたい、2人の事情が大きく絡んでいるようだ。 SM [全文を読む]

またもや”ゴリ押し”主演?西内まりやのフジ月9主演に非難轟々のワケ

デイリーニュースオンライン / 2016年12月18日12時05分

今回西内が参加する作品は、月刊誌『プチコミック』(小学館)で連載中の同名漫画を原作とする実写化ドラマ。結婚して専業主婦になりたい婚活女子・高梨あすかと、結婚したくない嫌婚男子・名波竜の恋愛模様を描く。■第一線の実力派はそろって月9を拒否? 公式サイトでプロデューサー・後藤博幸氏は「男女二人のキャスティングは攻めの姿勢で臨みたいと思っていた」とつづっているも [全文を読む]

上戸彩がついに三行半?LDHの”レコ大買収”疑惑でHIROと離婚危機

デイリーニュースオンライン / 2016年11月10日19時05分

11月10日発売の『女性セブン』(小学館)は、上戸彩が離婚について周囲に相談していることを報じたのだが、これも何かの前触れなのだろうか。 「『女性セブン』は今年6月頃から、2人のすれ違いや家庭内別居状態を報じています。そして今回の記事によれば、上戸は多忙を極める夫を理解して支えてきたものの、自分が思い描いていた“家族”というものと現実にズレを感じている模様 [全文を読む]

原因はあの女子アナ?嵐・二宮和也の”激やせ”にファン騒然

デイリーニュースオンライン / 2016年11月06日09時05分

急激な変化にファンが戸惑うのも無理はありません」(ジャニーズに詳しいライター) 二宮と伊藤の交際は今年7月の『女性セブン』(小学館)の報道で発覚。同時期には伊藤がブログで嵐や二宮を連想させるキーワードやグッズをこっそりアップしていたことが判明し、“アラシック”が大荒れした。 「二宮との交際が明るみになる前、伊藤はブログに手料理の写真を数多く載せていました。 [全文を読む]

約1年ぶり!『聖☆おにいさん』最新13巻発売!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月21日06時30分

宙出版 ●エメラルドコミックス ハーモニィコミックス 『詩人と裏社交界の薔薇』 黒百合姫 ロザリー・デュシャン 『夜明けの色を紡いで』 秋乃ななみ リサ・クレイパス 講談社 ●イブニングKC 『山賊ダイアリー(7)』 岡本健太郎 『妖怪番長(5)』 柴田ヨクサル 『超人間要塞 ヒロシ戦記(2)』 まつだこうた 大間九郎 『妻に恋する66の方法(1)』 福 [全文を読む]

フォーカス