大竹しのぶ 桃井かおりに関するニュース

清水ミチコ、テレビ雑誌「TV Bros.」のまさかの番組化に期待!

PR TIMES / 2013年08月08日17時40分

“マガジン形式”でさまざまな企画を盛り込み、2回目からは松尾スズキの新企画がスタートするほか、清水も瀬戸内寂聴、桃井かおり、大竹しのぶ、美輪明宏、松任谷由実といった得意のモノマネ芸を披露していく。 現在のマネージャーもかつて同誌で募集した際応募してきた人で、同誌との冷静な愛情感覚もピッタリという清水。番組化にあたり「(誌上の)つまらないと皮肉ったり、好きだ [全文を読む]

芸能界「絶対共演NG」最新リストを禁断公開!(2)木村拓哉と井川遥がドラマで…

アサ芸プラス / 2016年10月01日17時57分

「桃井かおりさん(65)と大竹しのぶさん(59)は絶対、共演しませんね。本人同士は仲が悪いということもないのですが、2人は『存在感』がかぶるんですよ。特別な美人なのが売りではなく、アクの強い演技派同士。共演するとお互いのよさが相殺されてしまうということで、桃井さんが大竹さんとの共演をよしとしてないんです」(映画製作関係者) お芝居では済まないバラエティの現 [全文を読む]

高畑裕太、今後は母の劇団で裏方に?「青年座は高畑淳子に誰も強く言えない……」

日刊サイゾー / 2016年09月17日11時00分

彼女のライバルは、大竹しのぶさんや桃井かおりさんあたりですが、2人は扱いが面倒ですし、ギャラも彼女よりはるかに高いんです。高畑さんは、1話70~100万円くらいですからね。ただ、母親役や弁護士の役などは難しいでしょう。もしかすると、しばらくは舞台に専念するかもしれません。裕太さんも、裏方として彼女を支えていくのでは? 今さら、ほかの仕事はできないでしょう」 [全文を読む]

「嫌いな男の砂糖より、好きな男の塩がいい」こじらせてばかりいないで素直になれる”恋する女の深い言葉”【マリリン・モンロー、乙羽信子、マツコ・デラックス…】

ダ・ヴィンチニュース / 2016年04月15日11時00分

揺るぎない生涯の愛を掴んだ彼女にしか言えない名言ではないだろうか? その他、ココ・シャネル、エディット・ピアフ、瀬戸内寂聴、ダイアナ元イギリス皇太子妃、松田聖子、宇野千代、川島なお美、オノ・ヨーコ、大竹しのぶ、桃井かおり、マドンナなど、恋する女(ひと)は錚々たる顔ぶれだ。 名声を得て、同世代にとって憧れの存在であったある彼女たちが、ひとりの女性として悩みな [全文を読む]

天才・満島ひかりは「プッツン女優」か!? 業界人が目撃してしまった謎の行動

tocana / 2015年09月03日09時00分

華奢ながら目力が強く、女性の芯の強さを表出するその佇まいは、岩下志麻や大竹しのぶ、桃井かおりといった大物女優の片りんを見せている。また一方、世の中には藤谷美和子や石原真理など、"プッツン女優"と名づけられた女優も存在しているが、私は取材を通じて彼女にそれに通じる何かを感じたことがある。 以前、私がドラマの記者会見に出向いたとき、偶然、眼前に座っていたのが満 [全文を読む]

芸人と主婦を行き来する、清水ミチコの爆笑エッセイ

ダ・ヴィンチニュース / 2013年05月18日07時20分

松任谷由実、桃井かおり、大竹しのぶ、平野レミなどをレパートリーとし、歌マネをする矢野顕子や森山良子のコンサートにはゲストとして出演、黒柳徹子をゲストとして迎え、黒柳徹子のモノマネで『徹子の部屋』をやるなど、普通のモノマネ芸人の域を超えた活躍をしている。なぜそんなことができるのか……それはモノマネをする人への「愛」が根底に流れているからだろう。そして愛しすぎ [全文を読む]

能年玲奈、『あまちゃん』で大ブレイクの裏に、「頭悪すぎ」でモデルをクビになりかけた過去

サイゾーウーマン / 2013年05月07日09時00分

大竹しのぶや桃井かおりのような、『仕事以外では、あまり関わりたくないタイプ』の方がウケがいいんです(笑)。彼女たちの共通点は、仕事ではなくプライベートでも、世間をあっと言わせるような事件を巻き起こしていること。彼女にも、そういった飛翔を期待しています」(同) そんな能年だが、芸能界デビューとなった読者モデル時代から、すでにその片鱗を見せていたという。 「彼 [全文を読む]

70年代シネマ女優たち 原田美枝子

アサ芸プラス / 2012年03月23日10時54分

原田だけでなく桃井かおり、秋吉久美子、大竹しのぶら十代の女優たちが堂々と自己を主張していた時代、それはまさしく日本映画の〈輝ける夏〉だったかもしれない。 この7月に公開される沢尻エリカの主演復帰作「ヘルタースケルター」(アスミック・エース)には、原田や桃井も共演している。はたして「70年代のエリカ様たち」を迎え撃つ沢尻は、堂々と伍することができるだろうか‥ [全文を読む]

IMALUの新バンドが"いやらし過ぎる"とネットで話題!

メンズサイゾー / 2012年02月10日21時45分

芸人・明石家さんま、女優・大竹しのぶを両親に持つ、いわば"芸能界の超サラブレッド"であるIMALUだが、親の七光りをもってしても、この結果となったことを重く見たのか、強力な布陣で音楽活動に注力する姿勢も垣間見える。「七光りはIMALUが持って産まれた大きな財産。これによって人間が集まってくるのは間違いないですが、今回は参加メンバーのネームバリューに頼った感 [全文を読む]

フォーカス