ロッテ 菊池涼介に関するニュース

【プロ野球】左投手がいない!? 選ばれし28名の侍戦士たちの特徴とは? 歴代WBCメンバーと徹底比較!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月06日17時05分

■2017WBC:3人 宮西尚生(日本ハム)/松井裕樹(楽天)/岡田俊哉(中日) ■2013WBC:6人 能見篤史(阪神)/杉内俊哉(巨人)/森福允彦(ソフトバンク)/内海哲也(巨人)/大隣憲司(ソフトバンク)/山口鉄也(巨人) ■2009WBC:4人 内海哲也(巨人)/岩田稔(阪神)/山口鉄也(巨人)/杉内俊哉(ソフトバンク) ■2006WBC:4人 [全文を読む]

【プロ野球】今年は守備に注目!昨季のゴールデン・グラブ賞で次点だった男たち

デイリーニュースオンライン / 2016年03月14日16時10分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■【セ・リーグ】 投:前田健太(広島・205票) 捕:中村悠平(ヤクルト・227票) 一:畠山和洋(ヤクルト・88票) 二:菊池涼介(広島・156票) 三:川端慎吾(ヤクルト・162票) 遊:鳥谷敬(阪神・104票) 外:福留孝介(阪神・157票) 外:丸佳浩(広島・138票) 外:大島洋 [全文を読む]

【プロ野球】《裏タイトル・野手編》今年の二塁打王、三塁打王は? 気になる「裏タイトル」獲得者は誰だ!?

デイリーニュースオンライン / 2016年12月13日17時05分

【三塁打王】 茂木栄五郎(楽天)/西野真弘(オリックス):7三塁打 藤田一也(楽天)/今宮健太(ソフトバンク)/松田宣浩(ソフトバンク)/角中勝也(ロッテ):5三塁打 三塁打部門ではルーキーの茂木栄五郎(楽天)と2年目の西野真弘(オリックス)が1位。フレッシュな走力を見せつけた。 【最多四球】 柳田悠岐(ソフトバンク):100四球 中村晃(ソフトバンク) [全文を読む]

【プロ野球】これは強そう……。里崎智也、岡本篤志、藤田宗一が本気で選んだ「侍ジャパン仮想ドラフト」がアツい!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月27日17時05分

そのなかでも抜群の人気と“ぶっちゃけトーク”に満ちているのが、元ロッテ・里崎智也氏が部長を務めるオンラインコミュニティ『乾杯!ほろ酔いプロ野球部』主催のトークイベント「里崎智也のプロ野球語り呑み」だ。その記念すべき第10回の「語り呑み」が2月16日(木)、都内にて行われた。 この日は、昨年限りで引退した岡本篤志(元西武)氏と、里崎部長がロッテ時代にバッテリ [全文を読む]

【プロ野球】3割打者より希少!? 今シーズンの「トリプルダブル(仮)」達成者は8人!

デイリーニュースオンライン / 2016年10月29日16時05分

【トリプルダブル(仮)達成者】(数字は代打/代走/守備固めでの途中出場試合数) 比屋根渉(ヤクルト):22/19/14 上田剛史(ヤクルト):18/15/29 三輪正義(ヤクルト):14/11/22 工藤隆人(中日):13/24/30 関根大気(DeNA):17/16/21 城所龍磨(ソフトバンク):12/21/21岡田幸文(ロッテ)13/15/18 聖 [全文を読む]

ソフトバンク・今宮、阪神・鳥谷…「守備の名手」に注目|愛甲猛コラム

デイリーニュースオンライン / 2015年02月14日07時50分

そんな中、オレが選ぶNo.1プレイヤーは水上善雄さん(ロッテ)だ。堅実さ、守備範囲、肩の強さはもちろん、“お客さんに魅せるプレー”ができた。長嶋茂雄さんのような三塁手であり、プロという観点でいえばNo.1だったと思う。 あの10.19ロッテ対近鉄のダブルヘッダー第2試合。途中から三塁に就いた水上さんは、新井宏昌さんが放った三塁線への強烈な当たりをダイビン [全文を読む]

【プロ野球】打率4割超の浅村栄斗にコンバートの鈴木大地。「今、見ておきたい!」パ・リーグ二塁手たち

デイリーニュースオンライン / 2017年04月20日16時05分

■俺の新たな生きる道 2人目は今季から二塁手に挑戦することになった鈴木大地(ロッテ)。 入団以来、主に遊撃手としてプレーし、2013年と2916年にはベストナインに選出。昨季も143試合に出場したロッテのキャプテンだ。二塁手としては新参者だが、今季の成績を見ると「二塁手こそ天職だったのでは」と思いたくなる。 主に5番、3番に入って打率.391、14試合連 [全文を読む]

【プロ野球】妄想「格闘技」対決! 60発男・バレンティンの突進を止める日本人選手、出てこいや!

デイリーニュースオンライン / 2017年04月14日17時05分

この相撲対決で抜擢したいのは、バレンティンを体重で上回る井上晴哉(ロッテ)と細川亨(楽天)だ。 井上は180センチ114キロ。日本人最重量選手として有名だ。体格面ではバレンティンに正面からぶつかっても当たり負けはしないだろう。また、風貌が女子プロレスラー・アジャコングに似ていることから、愛称はアジャ。この闘いにはうってつけだ。風貌通りの格闘技センスを発揮 [全文を読む]

【プロ野球】他スポーツではメダリスト続々。野球界の「錦織圭世代=1989年世代」は世界で戦っているか?

デイリーニュースオンライン / 2017年02月25日16時05分

中田翔(日本ハム)、唐川侑己(ロッテ)、由規(ヤクルト)の元祖「高校生ビッグ3」らの世代が該当する世代だが、「世界で戦う」という観点に立つと、FA権取得時期の事情もありメジャーリーガーはまだ誕生していない。また、2013WBCでメンバー入りしたのは中田ただ1人。ほかのスポーツに比べ世界で戦っている選手が少ない。 しかし、2017WBCでは中田のほかに、菅 [全文を読む]

【プロ野球】キャンプで見えたドラ1たちの現在地。一足早く“開幕1軍”の可能性をズバッと診断

デイリーニュースオンライン / 2017年02月15日17時05分

(情報は2月13日時点) ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■ロッテ:佐々木千隼 開幕1軍可能性:90% 5球団が外れ1位で競合した完成度ナンバーワン右腕・佐々木千隼(ロッテ)。1軍キャンプに帯同し、連日ブルペンで多くの球数を投げ込み、肩を作っている。先発陣の薄いチーム事情もあり、このままいけば開幕1軍は濃厚だ。 ■ソフト [全文を読む]

【プロ野球】《2016年カープ通信簿・野手編》神っていた今シーズンの総まとめ。ライターが独断でつけた通信簿

デイリーニュースオンライン / 2016年12月30日17時05分

54 船越涼太 1試合:打率.000/0本塁打/0打点 通信簿:もう少し(2) ロッテの伊東勤監督からも高い評価を受けた次世代の正捕手候補。初安打を放ったが、その後はケガに泣いた。 55 エルドレッド 95試合:打率.294/21本塁打/53打点 通信簿:まぁまぁです(3) シーズン序盤の大爆発はチームに勢いをつけた。定期的に陥る大不振と、ケガは最早想定 [全文を読む]

【プロ野球】今季の”タイトル外スタッツ王”は?二塁打王、三塁打王らを中間報告

デイリーニュースオンライン / 2016年06月16日16時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■二塁打王 【セ・リーグ】 山田哲人(ヤクルト) 18本 村田修一(巨人) 鈴木誠也(広島) 16本 【パ・リーグ】 角中勝也(ロッテ) 18本 秋山翔吾(西武) 17本 昨年は山田哲人の39本、秋山翔吾の38本がそれぞれトップだった二塁打王。今季は山田の勢いはそのままに、パ・リーグでは打 [全文を読む]

達川光男氏 セは優勝狙える広島、パはオリックスに注目

NEWSポストセブン / 2016年03月14日16時00分

●セ・リーグ予想 (1)広島、(2)ヤクルト、(3)阪神、(4)巨人、(5)中日、(6)横浜 ●パ・リーグ予想 (1)ソフトバンク、(2)日本ハム、(3)西武、(4)オリックス、(5)ロッテ、(6)楽天 優勝は広島しかありません。ルナの加入、エルドレッドが開幕からいけるのが大きい。投手もマエケンがメジャー、大瀬良(大地)が肘痛で抜けたが、ジョンソンと黒田 [全文を読む]

【オールスター】ファン投票中間発表…糸井が全体トップ、DHで大谷が1位

ベースボールキング / 2017年05月22日15時51分

一方、開催地の中日とロッテから選出圏に入った選手はゼロだった。 なお、ファン投票の最終結果は6月26日(月)に発表。監督選抜を含む全メンバーの発表は7月3日(月)に発表される予定となっている。ファン投票・最終中間発表の結果は以下の通り。◆ セントラル・リーグ ファン投票結果<先発投手>1位 2万2461票 菅野智之(巨人)2位 1万1130票 メッセンジ [全文を読む]

勝ち投手・近藤、決めたのは大松…劇勝にヤクルト“再生工場”の真髄を見た

ベースボールキング / 2017年05月10日12時00分

昨オフにロッテを戦力外となり、今春のキャンプで行われたテストに合格して現役続行を勝ち取った苦労人だった。 広島の6番手・中田廉が投じた2ボール1ストライクからの変化球をうまくすくい上げると、打球はぐんぐん伸びてライトポール際のスタンドへ。興奮気味に一塁へと駆け出した男だったが、打球が無事にスタンドへ着弾したところを見届けると、冷静に冷静に...と言い聞かせ [全文を読む]

WBC出場選手「どん底後遺症VSウハウハバブル」の天国と地獄(2)菊池涼介はメジャー志望が芽生えた?

アサ芸プラス / 2017年04月24日05時56分

さらにひどいのは、キューバとの開幕戦先発に抜擢されたロッテの石川歩(29)。2試合に先発して勝ち星はなく、専門家からは「体が突っ立ってしまっているから、得意のシンカーが変化しない。もろにWBCのマウンド、公式球の影響でしょう」と指摘されている。WBCでは東京ドームでの1次、2次ラウンドでも、メジャー式の硬い粘土質でお椀のような急斜面のマウンドに変更。それに [全文を読む]

【プロ野球】阪神が打撃性優先で敷く「複数ポジション制」の是非を問う! WBC準決勝から学ぶべきこと

デイリーニュースオンライン / 2017年03月26日16時05分

今季のオープン戦でも、すでに16失策とロッテと並んで12球団ワーストの失策を犯している(3月22日現在)。 なかでも目立つのが、遊撃で過去4度のゴールデン・グラブ賞を受賞している鳥谷敬だ。オープン戦では慣れない二塁、三塁を守っているとはいえ5失策。特にスローイングが安定しない。 鳥谷はキャンプ中、北條史也と遊撃のポジション争いを繰り広げたが、「同じレベルな [全文を読む]

広島の今季苦戦は必至か 主力出場のWBCも不安材料

NEWSポストセブン / 2017年01月27日07時00分

阪神、ロッテなどで活躍した評論家の遠山奬志氏は、今季の苦戦は必至と指摘する。 「黒田の存在は本当に大きかった。黒田が登板した150イニングを誰で埋めるかで緒方監督は頭が痛いはず。去年、マエケン(前田健太)の抜けた穴を埋めた野村祐輔(27)にこれ以上は期待できない。大瀬良大地(25)や福井優也(28)の奮起が必要になるが、とにかく未知数。他球団がエース級をぶ [全文を読む]

新生・侍ジャパンの深刻な弱点は「リリーフ陣」と「正捕手」

週プレNEWS / 2016年11月09日15時00分

だが、かつて代表マスクをかぶった城島健司(元阪神ほか)、里崎智也(元ロッテ)も、捕手失格の烙印(らくいん)を押されかけながら、根気強い育成の末に素晴らしい捕手に成長した。小久保監督にとってはかなりの英断になるが、強化試合の結果によっては、森友哉(西武)のような強打者を大舞台で捕手として育てることも視野に入れるべきだろう。 (取材・文/菊地高弘) [全文を読む]

広島優勝を当てた達川光男氏 「来年も優勝狙える」

NEWSポストセブン / 2016年10月27日16時00分

【達川光男氏の順位予想】 ◆セ・リーグ 1位:広島、2位:ヤクルト、3位:阪神、4位:巨人、5位:中日、6位:横浜 ◆パ・リーグ 1位:ソフトバンク、2位:日本ハム、3位:西武、4位:オリックス、5位:ロッテ、6位:楽天 唯一カープ優勝を当てた? 他が全然ハズれとるのがいけんけどね……。キャンプで緒方(孝市)監督、黒田(博樹)、新井(貴浩)の3人が談笑し [全文を読む]

フォーカス