新井貴浩 菊池涼介に関するニュース

【プロ野球】《2016年カープ通信簿・野手編》神っていた今シーズンの総まとめ。ライターが独断でつけた通信簿

デイリーニュースオンライン / 2016年12月30日17時05分

■MVP・新井貴浩、最多安打・菊池涼介、ベストナイン・石原慶幸らがタイトル! 25 新井貴浩 132試合:打率.300/19本塁打/101打点 通信簿:大変よくできました(5) 40歳にしてかつての輝きを取り戻した。また、2000本安打、300号本塁打の金字塔を打ち立てるなどメモリアルなシーズンとなった。最終的にはMVPも獲得。紆余曲折を経て、最良の1年 [全文を読む]

同時購入でマツダ スタジアム招待などが当たる!カープ雑誌「WE LOVE CARP」と「広島アスリートマガジン」が、プロ野球開幕を記念し合同キャンペーンを実施中。

PR TIMES / 2017年03月31日11時38分

「広島アスリートマガジン4月号」の表紙には昨季のMVP、今季も主砲として期待される新井貴浩選手が『連覇 ~俺たちは燃えている~』というタイトルとともに登場。巻頭独占ロングインタビューではチーム最年長として今季の意気込み、愛弟子・堂林選手について、そして連覇、日本一に向けての決意を熱く語っている。また『今季のカープはココに注目!』と題し、カープOB・大野豊 [全文を読む]

【プロ野球】25年ぶりの優勝にもっとも貢献したのは誰? カープのMVPをガチ予想!

デイリーニュースオンライン / 2016年09月13日17時05分

≪野手≫ 鈴木誠也(22歳) 116試合:打率.335(421-141)/24本塁打/85打点/15盗塁 菊池涼介(26歳) 128試合:打率.323(523-169)/13本塁打/54打点/13盗塁 新井貴浩(39歳) 120試合:打率.308(422-130)/18本塁打/98打点/0盗塁 ≪投手≫ ジョンソン(32歳) 24試合:14勝6敗/防御率 [全文を読む]

【プロ野球】開幕スタメンは後半戦開幕に生き残れた? 開幕戦→後半開幕戦の各球団スタメン比較《セ・リーグ編》

デイリーニュースオンライン / 2016年08月02日17時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■広島 ≪開幕オーダー≫ 1 遊 田中広輔 2 二 菊池涼介 3 中 丸佳浩 4 三 ルナ 5 左 エルドレッド 6 一 新井貴浩 7 右 下水流昂 8 捕 石原慶幸 ≪後半戦開幕オーダー≫ 1 遊 田中広輔 ◎ 2 二 菊池涼介 ◎ 3 中 丸佳浩 ◎ 4 一 ルナ ◎ 5 左 松山竜平 [全文を読む]

【プロ野球】今年のカープ打線と歴代最強の赤ヘル打線を検証

デイリーニュースオンライン / 2016年05月06日16時04分

通算2000安打を達成した新井貴浩やベテラン助っ人・エルドレッドも中軸として大活躍だ。5月1日終了時点で、チーム打率.283、165得点、32本塁打はいずれもリーグトップ。抜け目ない打線を構築している。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■今季の主なスタメンと成績(5月1日現在) ≪主なスタメン≫ (遊)田中広輔 打率.30 [全文を読む]

好調が続く広島打線

ベースボールキング / 2017年05月28日11時15分

5番には打率リーグトップの.346を記録する安部友裕が座り、6番・エルドレッドや新井貴浩で、さらに追加点を奪うという抜け目のない打線となっている。 山崎氏はこの日のスタメンについて「(エルドレッドの)後ろに松山でしょう。8番に会沢も長打力がある。形としては、好調の安部が5番打っていますけど、左、右、左、右とジグザグに組んでいますし、当分この打順でいいんじゃ [全文を読む]

【プロ野球】いざ出陣! 侍ジャパンのカープ戦士・鈴木誠也、菊池涼介はWBCでも「神れる」のか!?

デイリーニュースオンライン / 2017年01月27日17時05分

■WBC第1回大会(2006年) 黒田博樹 左手人差し指の負傷により出場辞退 新井貴浩 2試合:打率.333(3打数1安打)/0本塁打/0打点 ■WBC第2回大会(2009年) 石原慶幸 1試合:打率.000(0打数0安打)/0本塁打/0打点 栗原健太 2試合:打率.000(3打数0安打)/0本塁打/0打点 ※村田修一の負傷により準決勝から追加招集 ■W [全文を読む]

【プロ野球】新井貴浩(広島)は781点。大谷翔平(日本ハム)は1268点。MVP投票の内訳をチェック!

デイリーニュースオンライン / 2016年12月05日16時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■セ・リーグはチームを牽引したベテラン・新井貴浩が受賞 【セ・リーグ/MVP投票獲得点数】 新井貴浩(広島):781点 菊池涼介(広島):429点 鈴木誠也(広島):365点 野村祐輔(広島):264点 筒香嘉智(DeNA):200点 ジョンソン(広島):119点 山田哲人(ヤクルト):1 [全文を読む]

【プロ野球】守備のタイトル、ゴールデングラブ賞発表! セ・リーグで激戦だったのはどのポジション!?

デイリーニュースオンライン / 2016年11月14日16時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■一塁はロペスと新井の一騎討ち 一塁手部門は1位のロペス(DeNA)が126票、2位の新井貴浩(広島)が122票で、その差は4票。新井はチームの精神的支柱としての役割も果たしており、プレーだけでなく総合的な貢献度を評価した記者も多かったのだろう。 それだけに票が集まったが、ロペスは年間の失 [全文を読む]

【プロ野球】カープの“外様戦士”通知表! 真の“赤ヘル戦士”になれたのは誰だ!?

デイリーニュースオンライン / 2016年09月17日17時05分

黒田博樹や新井貴浩などの出戻り組、自前で獲得した外国人選手は除く) ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■一岡竜司 一岡竜司(投手/25歳) 23試合:1勝1敗1ホールド/防御率2.18 2014年、巨人にFA移籍した大竹寛の人的補償で広島にやってきた一岡。昨季、今季とケガが多く思うように投げられていないが、移籍初年度に大活躍 [全文を読む]

広島・新井貴浩「まさかの2000安打」までの爆笑ベンチ裏17年秘話

アサ芸プラス / 2016年05月14日17時56分

広島の新井貴浩(39)が、4月26日、史上47人目となる通算2000安打の偉業を達成した。広島では衣笠祥雄氏、山本浩二氏、野村謙二郎氏、前田智徳氏に続く5人目の快挙だが、このカープのビッグネーム4人に比べ、入団当時から新井の快挙を予測した人はほとんどいなかった。〈まさかあのアライさんが‥‥。〉 カウントダウンが始まると、カープナインは独自に製作した「新井T [全文を読む]

【オールスター】ファン投票中間発表…糸井が全体トップ、DHで大谷が1位

ベースボールキング / 2017年05月22日15時51分

◆ セントラル・リーグ ファン投票結果<先発投手>1位 2万2461票 菅野智之(巨人)2位 1万1130票 メッセンジャー(阪神)3位 9570票 バルデス(中日)4位 7184票 野村祐輔(広島)5位 6501票 藤浪晋太郎(阪神)<中継投手>1位 1万4772票 マテオ(阪神)2位 1万4737票 ジャクソン(広島)3位 1万3273票 マシソン(巨 [全文を読む]

オールスターゲームのファン投票がスタート!【ノミネート選手一覧】

ベースボールキング / 2017年05月16日10時40分

◆ セ・リーグ【先発投手】九里亜蓮(広島)野村祐輔(広島)ジョンソン(広島)菅野智之(巨人)マイコラス(巨人)田口麗斗(巨人)石田健大(DeNA)井納翔一(DeNA)今永昇太(DeNA)能見篤史(阪神)藤浪晋太郎(阪神)メッセンジャー(阪神)石川雅規(ヤクルト)ブキャナン(ヤクルト)小川泰弘(ヤクルト)吉見一起(中日)大野雄大(中日)バルデス(中日)【中継 [全文を読む]

【プロ野球】巨人をトラウマ級の3タテ。強すぎる広島! こうなったらあえて“アラ”を探してみた!

デイリーニュースオンライン / 2017年04月18日17時05分

年齢が懸念材料だった新井貴浩、エルドレッドも絶好調で4月12日の巨人戦では2人揃って2打席連続ホームラン。丸佳浩、鈴木誠也、田中広輔らも打率3割を超え、チーム打率は.287。盗塁もリーグトップの13個と昨季の積極性は健在だ。 強いて挙げれば、WBC帰りの菊池涼介が打率.250とやや出遅れているが、スランプというほどではない。 アラを探してみても、現段階で [全文を読む]

広島・菊池の復調で脅威の“打線”に

ベースボールキング / 2017年04月12日12時35分

1番・田中広輔、3番・丸佳浩、4番・新井貴浩、5番・鈴木誠也、6番・エルドレッドが打率3割を記録する中、2番の菊池が復調となれば、文字通り強力な“打線”が形成されることになる。 この状況には、ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める江本孟紀氏も「広島の場合はますます打線が回転していきますからね。去年のような流れになっていきますから、他球団も大変です [全文を読む]

民生とポルノがカープ語り!初対談がカープファンブックで実現

PR TIMES / 2017年03月17日12時31分

・鈴木誠也、菊池涼介、野間峻祥、新井貴浩らのインタビューを収録 ・あの歓喜の瞬間をもう一度! LOOK BACK 2016 SEASON ・受け継がれる赤い魂 廣瀬純、倉義和、そして黒田博樹など 発売日:2017年3月27日(月) 価格:926円+税 全国の書店(名古屋を中心とした主要書店、全国のプロ野球球団本拠地エリア)/インターネット書店/大手コンビ [全文を読む]

【プロ野球】筆者の秘蔵品も公開! 今年も繰り広げられた限定グッズ争奪戦。カープグッズの奇抜な魅力に迫る!?

デイリーニュースオンライン / 2017年02月03日17時05分

ラインナップは新井貴浩、丸佳浩、菊池涼介の3選手。各20個の限定商品だ。シワや血管までもリアルに再現した完成度の高さは衝撃的だ。 ■グラブ革ランドセル(¥8万円) 話題となった大人ランドセルのカープバージョン。グラブの革を用いて作った真っ赤なランドセルは限定50個。希少価値が高く、8万円の高額ながら完売御礼となった。存在感のあるカープの刻印もポイントだ。こ [全文を読む]

【プロ野球】広島ファンのライターが独断で各部門MVPを選出! 今年、最も「カープって」いた男は誰だ!?

デイリーニュースオンライン / 2016年11月11日17時05分

■【打撃部門】逆転タイムリーで快進撃の火蓋を切ったあの男! 打撃部門では100打点を挙げた新井貴浩、大ブレイクした鈴木誠也などが実際のMVP候補として挙げられる。その中で敢えてMVPとして推したい選手がいる。それは天谷宗一郎だ。 天谷の今シーズの成績は55試合に出場して打率.175、1本塁打、8打点……。 不本意と言わざる得ない成績に終わった天谷がなぜM [全文を読む]

広島を訪れた古谷経衡氏 「滾る地元愛に胸が熱くなった」

NEWSポストセブン / 2016年10月12日07時00分

好きな選手を聞いたところ、1位・鈴木誠也(外野手)、2位・菊池涼介(二塁手) 、3位、新井貴浩(一塁手)、4位・大瀬良大地(投手)と相成った。野球に疎い私は1位の鈴木がどの程度「凄い」選手なのか皆目見当もつかないのだが、彼女たちのカープ愛は本物であることは確かだ。滾る地元愛に胸が熱くなった。 熱狂の広島市中心部を尻目に、私は平和公園に向かう。広島に来るた [全文を読む]

杉原杏璃に浅田舞「カープ女子」の“本気度”をガチ検証!

日刊大衆 / 2016年10月01日16時00分

その後もネットでは「優勝に便乗した“にわかカープ女子”なのでは」という説が飛び交っているのだが、調べてみると今年の6月以降、公式ツイッターに新井貴浩選手(39)のユニフォーム姿で広島のお好み焼き屋に入る姿や、マツダスタジアムのフードコーナーの列に並んでいる姿、さらにマジック点灯を喜んでいる姿などが投稿されている。さらに7月2日、中日から広島に移籍したルナ [全文を読む]

フォーカス