体験 白鵬に関するニュース

世界文化遺産 上賀茂神社 式年遷宮記念文化事業Supported by AGF〈煎〉「横綱 白鵬関 上賀茂神社奉納土俵入り」を開催

@Press / 2017年02月07日18時15分

なお、奉納土俵入り後は、白鵬関に加え、田中安比呂宮司、AGF代表取締役社長 品田英明を交えて、トークショーや珈琲ドリップ体験なども実施する。 また、イベント当日の26日(日)には、上賀茂神社の境内を流れる「神山湧水」を活かすように特別に作られた、「神山湧水珈琲」のドリップパックを無料配布する。 上賀茂神社とAGFは、今後も神社とAGF の水のつながりから生 [全文を読む]

白鵬の「横綱としての品格」について 貴乃花親方が語った

NEWSポストセブン / 2015年03月23日07時00分

それで喋りきれないこともあったと思います」 白鵬を擁護しているように聞こえるが、自らの体験からくる心底の同情なのかもしれない。 貴乃花親方もまた孤独な横綱であった。明るいキャラクターの兄・若乃花と対照的に口数が極端に少なく、求道者のような佇まいで黙々と鍛練を重ねた。現役時代は「何を聞いてもほとんど答えない記者泣かせの力士だった」(相撲ジャーナリスト)という [全文を読む]

「さばんなちほー」が出現!? 「超会議」続報が発表に

Entame Plex / 2017年03月17日09時40分

「超アニメエリア」では、さまざまなアニメの世界観をブースに再現し、名シーンや名台詞にちなんだリアル体験が楽しめる”超体験エリア”のほか、今年から新たにニコニコでのアニメ体験を地上に再現した“超応援上映”の開催が決定。“超体験エリア”に『進撃の巨人』Season 2、『けものフレンズ』を題材としたブースを、“超応援上映”ステージでは『ア [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】鈴木おさむ・大島美幸も大感激! 長男が横綱・白鵬と土俵入り

TechinsightJapan / 2016年05月30日14時00分

しかし鈴木氏は、土俵の中に入れてもらった子どもは「元気で健康な子供になる」と言われていること、さらに男の子しか体験できない貴重な機会だったと大変喜んでいる。また、我が子の晴れ姿をカメラで撮影する妻・大島美幸の表情が「またいいんですよ、キラキラして」と嬉しそうに報告した。 出典:https://www.instagram.com/osamuchan_suzu [全文を読む]

ニコニコ超会議3、「進撃の巨人」「艦これ」ブース登場!自衛隊からはアパッチヘリの展示も

Entame Plex / 2014年03月05日20時57分

これは同社が運営する投稿動画配信サービス「niconico」のコンテンツをダイレクトに触れて体験してほしい、という思いから“ニコニコのすべて(だいたい)を地上で再現する”をコンセプトに始まったもの。来場者数は年々増加しており、昨年の『ニコニコ超会議2』では来場者数10万人を超え、今年はさらにそれを上回る勢いだ。 にもかかわらず、なぜ赤字? 答えは簡単。それ [全文を読む]

大相撲五月場所幕内全取組を完全無料で Player! がリアルタイム速報

PR TIMES / 2017年05月16日08時00分

Player! はスポーツの「リアル」を体験できるスマートフォンアプリです。Player! があれば、感動のあの「一瞬」を見逃すことなく、ライブの熱狂を語り合いながら、スポーツをもっと身近に楽しむことができます。あなたの興味にあったニュースやスケジュールもまとめてチェックできます。スタジアム、テレビに次ぐ、第三の観戦ポータルへ。さぁ、Player! で新し [全文を読む]

ヒットコンテンツには訳と想いとストーリーがある。~能動的365日への布石~

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2015年12月25日09時00分

(※多過ぎると逆に選択しづらくなって購入率が下がってしまうといったデータもあるので調整は不可欠です) 自分の中で選択肢を削って、比較検討してチョイスするという購入体験も、消費行動においては大事な側面な訳です。 次にクライアントとのリレーションです。 例えば、新作を絶え間なく作る出版社は、書店との関係性を維持するうえで、その本数も大きな試金石となり、本数を多 [全文を読む]

ピカソ作品にタルボサウルス!でっかくなった「ニコニコ超会議2015」の全貌が公開!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年04月07日20時20分

【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら 様々なネットカルチャーをリアルに体験することができ、会場(リアル)と生放送・コメント(ネット)が繋がり、相互に楽しむことができる「niconico」ならではのコンテンツが立ち並ぶ。政治からサブカルまであらゆるジャンルの企画が開催され、素人から著名人まで垣根なく出演者が集まるこの「ニコニコ超会議」。2014年に開催 [全文を読む]

『文藝春秋』4月号の特集は『戦争を知る世代から日本人への警告』 電子雑誌版も同時発売

@Press / 2015年03月10日10時00分

同誌では、「イスラム国」による日本人人質の惨殺事件を受け、日本人が初めて体験する現代型の戦争について、『戦争を知る世代から日本人への警告』として特集しています。 同特集では、戦争を知る世代の代表として昭和史の専門家・半藤一利氏と徳岡孝夫氏がネット時代の「憎悪や報復に身をまかせる」ことの危険性を徹底討論、元赤軍派、重信房子の娘で中東情勢に詳しいジャーナリス [全文を読む]

フォーカス