メルマガ 百田尚樹に関するニュース

【書評】全メディアから袋叩き。なぜ百田尚樹氏はめげないのか?

まぐまぐニュース! / 2017年05月23日16時15分

無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』の編集長・柴田忠男さんが紹介するのは、そんな百田氏がいかにして誹謗中傷罵詈雑言に負けない「鋼のメンタル」を身につけたかを記した1冊です。『永遠の0』の誕生秘話は感動的ですらありますよ。 『鋼のメンタル』百田尚樹・著 新潮社 自他ともに「懲りない男」と称されるわたしである。よけいなことをやったり、言 [全文を読む]

作家・百田尚樹が“暴言連発・犯罪告白”で大炎上のTwitterを非公開「つくづく嫌に」

日刊サイゾー / 2015年06月05日00時00分

百田氏は、メルマガを始める理由について「(Twitterの)140字という制約では、書きたいこと、伝えたいことを十全に表現できない」としており、今後はメルマガ内で「私の主張というか暴言というか、言いたいことを言う」という。 「著書『永遠の0』(講談社文庫)は、376万部超えのベストセラーを記録。近年は『ライオンのごきげんよう』、『ワイドナショー』、『SMA [全文を読む]

安倍政権を滅ぼす時限爆弾になりそうな「森友学園問題」の深い闇

まぐまぐニュース! / 2017年03月03日05時00分

元全国紙の社会部記者でメルマガ『国家権力&メディア一刀両断』の著者・新 恭さんは、森友学園の破格値での国有地取得に国会議員の関与があったか否かはなんとも言えないとしつつも、「この国のファーストレディーが新設小の名誉校長であったという事実」が何を意味するのか、鋭い筆致で浮き彫りにしています。 安倍首相夫妻が縁切りに躍起の愛国教育小学校 今年中の解散総選挙をめ [全文を読む]

自爆証言した百田尚樹がメルマガでトンデモ裁判報告!『殉愛』を「小説」と書き、たかじんの娘をさらに誹謗中傷

リテラ / 2016年03月05日12時00分

また、百田氏はこのメルマガでこんなことも述べている。〈私は娘を必要以上に悪く書くことはしませんでした〉 長女への悪口など書いていない、と? たとえば『殉愛』では、たかじん氏の死後に行われた「やしきたかじんを偲ぶ会」でさくら夫人が挨拶をするなか、〈一人の中年女性が「早よ、やめろ!」とか「帰れ!」などと大きな声で野次を飛ばしていたのだ。私の周囲にいた人たちが [全文を読む]

見苦しい! 百田尚樹がこの期に及んでまだ言い訳 反論の根拠は沖縄ヘイトデマの常習犯

リテラ / 2015年07月11日08時00分

だが、相変わらず反省もなく、「週刊新潮」(新潮社)や「SPA!」(扶桑社)、自身のメルマガで言い訳を展開している。 例の「沖縄の2つの新聞社は潰さなあかん」発言については、正しくは語尾が「ですけれども」だったと言い、〈落語家が笑いを取るときによくやる〉口調だったと主張。〈私は議員でもなんでもない民間人〉と強調し、憲法21条をもちだして〈私的な場所ではどんな [全文を読む]

NHK籾井会長による「粛清人事」が止まらない。退任迫るイジメ左遷も

まぐまぐニュース! / 2016年03月27日20時00分

この動きにメルマガ『国家権力&メディア一刀両断』の著者・新 恭さんは、そもそも公共放送であるNHKの人事に内閣が深く関与していることに問題があると指摘、これでは真の民主主義国家とはいえないと厳しく批判しています。 籾井会長によるNHK粛清人事の2年余 ことし2月17日、NHKの専務理事2人が退任した。塚田祐之、吉国浩二。いずれも籾井勝人会長に辞任を迫られ、 [全文を読む]

自民党の若手勉強会騒動で安倍政権の潮目に変化が!?|プチ鹿島の『余計な下世話!』

東京ブレイキングニュース / 2015年06月30日19時21分

◆TBSラジオ「東京ポッド許可局」◆TBSラジオ「荒川強啓ディ・キャッチ!」◆YBSラジオ「はみだし しゃべくりラジオキックス」◆NHKラジオ第一「午後のまりやーじゅ」◆書籍「うそ社説 2~時事芸人~」◆WEB本の雑誌メルマガ ◆連載コラム「宝島」「東スポWeb」「KAMINOGE」「映画野郎」「CIRCUS MAX 」 [全文を読む]

フォーカス