モンスター 百田尚樹に関するニュース

博多華丸×ライセンス藤原「芸人が読む百田尚樹」

ダ・ヴィンチニュース / 2013年09月15日07時20分

映画化された『モンスター』、2013年本屋大賞受賞作『海賊とよばれた男』をはじめ著作はすべて大ヒット、文庫発行部数が300万部を突破した『永遠の0』も映画化され、年末に公開を控えている。その一方で、テレビ番組の放送作家という面もある百田尚樹。放送作家と密接に関わりをもつ芸人の目から見て、百田作品はどう映るのだろうか。『ダ・ヴィンチ』10月号では、百田作品の [全文を読む]

「ブックオフ流2014年売上年間ランキング」発表! ~話題の作品から根強い人気の定番作品まで中古ならではのランキング~

@Press / 2014年12月04日15時00分

【年間ランキング詳細】http://www.bookoffonline.co.jp/files/special/rank2014.html2014年 中古書籍総合ランキング1位【純文学小説】永遠の0/百田尚樹(文庫・2009年7月発売)2位【ミステリー】モンスター/百田尚樹(文庫・2010年3月発売)3位【ミステリー】イニシエーション・ラブ/乾くるみ(文庫 [全文を読む]

いま一番愛されている作家がクラシック愛を語る百田尚樹『至高の音楽』を発売!

@Press / 2013年11月20日11時00分

また、『永遠の0』ラストシーンの執筆時にかけていたというマスカーニの「カヴァレリア・ルスティカーナ」間奏曲のほか、『モンスター』『風の中のマリア』『影法師』の執筆エピソードも登場します! --------------------------------------- 価格:本体1,800円(税別) A5変型判上製/CD付 ISBN978-4-569-81 [全文を読む]

『日本食文化の素晴らしさを再発見』 映画監督 × かまどか

PR TIMES / 2014年03月06日14時03分

ひとりは、いま話題の「永遠の0」原作者である百田尚樹さん原作「モンスター(2013年公開)」でメガホンを握った大九明子(おおくあきこ)監督。そして、もうひとりは、「あぜみちジャンピンッ!(2009年公開)」で海外映画祭受賞歴のある西川文恵(にしかわふみえ)監督です。異才を放つ実力派の両監督がそれぞれ手掛けた「かまどかMovies」は、本日3月6日(木)より [全文を読む]

整形費用は2000万円以上! 百田尚樹も認めた超整形美人の光と闇

ダ・ヴィンチニュース / 2013年12月06日12時00分

「まさに『モンスター』のヒロインそのものだ!」。これは、百田尚樹が『超整形美人』(ヴァニラ/竹書房)の帯に寄せたコメントだ。関連情報を含む記事はこちら 本書は、ヴァニラによる初の自伝的フォトエッセイ。表紙でニッコリとほほ笑む不自然な美貌――大きな目、すらりと高い鼻、とがった顎――を持った女性が、著者のヴァニラである。もちろん、美貌を手に入れたのは、『モンス [全文を読む]

百田尚樹が描く“主人公”は他人のために、世の中のために戦う

ダ・ヴィンチニュース / 2013年09月15日07時20分

モンスター』のヒロインは、不細工に生まれて虐げられた社会に対して、逃げずに戦いますよね。『ボックス!』なんて、ボクシングの戦いがもろに描かれている。あえて自己分析すると、僕は人生って、戦いやと思ってるんですね。困難にぶつかった時に、逃げたり怯んだりするんじゃなくて、あえて正面突破して戦う。それやないとね、“人生、面白くない!”と思うんです」 共通点はもう [全文を読む]

今年のヒット作か!?根強い人気を誇るロングセラー作品か!?日本最大級の中古ネット書店ブックオフオンラインが独自集計した「2015年 ブックオフオンライン年間ランキング」を発表

@Press / 2015年12月02日15時00分

この他、百田作品は『モンスター』『海賊とよばれた男』がランクインしています。この他、池井戸潤、伊坂幸太郎、東野圭吾、湊かなえ、宮部みゆきなどの大人気作家の作品が多数ランクインする結果となりました。8位『伝える力』、14位『金持ち父さん・貧乏父さん』、35位には『ハリー・ポッターシリーズ』など、発売から時間の空いている作品も多数ランクインしているのは、中古ラ [全文を読む]

“キムタク超え”岡田准一に危機! 映画『海賊とよばれた男』主演決定で懸念される「モンスター」って?

日刊サイゾー / 2015年11月05日17時00分

公開が近づけば、一部の誹謗中傷は避けられないでしょう」(同) まさに文壇の“モンスター”ともいえる百田氏。『永遠の0』がヒットした当時と今とでは、百田作品に対する世間のイメージは大きく違うようだ。飛ぶ鳥を落とす勢いの岡田准一にとって、この『海賊とよばれた男』が“黒歴史”にならないことを祈りたい。 [全文を読む]

大ベストセラー『永遠の0』の著者と保守論壇の大御所が大いに語る『ゼロ戦と日本刀』が手にとりやすい文庫版になりました

@Press / 2015年02月05日12時00分

著書に、『ボックス!』(太田出版/講談社文庫)、『風の中のマリア』(講談社文庫)、『モンスター』(幻冬舎文庫)、『「黄金のバンタム」を破った男』(PHP文芸文庫)などがある。 渡部昇一(わたなべ・しょういち) 昭和5年、山形県生まれ。上智大学大学院修士課程修了。ドイツ、イギリスに留学後、アメリカ4州の大学で講義。上智大学教授を経て、上智大学名誉教授。専門の [全文を読む]

川島なお美 映画差し止め訴訟で“濃密濡れ場”がお蔵入り?

WEB女性自身 / 2014年02月24日07時00分

だから『チャイ・コイ』では、出資前に濡れ場シーンの素材をいただきたいと主張したわけです」 A社が「裏切られた」と話す映画は、昨年4月に高岡早紀(41)が主演した百田尚樹原作の『モンスター』のこと。完成した映画には、出資契約の際に両社で約束していたヌードシーンがなかったという。「前作と合わせて計7千500万円を出資しているんです。(川島の)ヌード部分の映像は [全文を読む]

百田尚樹×稲盛和夫対談「戦後の復興を支えた男たちの生き方を、とにかく今の日本に知らせたい」

ダ・ヴィンチニュース / 2013年09月15日07時20分

今年の4月には『モンスター』が映画化。文庫の発行部数が300万部を突破した『永遠の0』も映画化され、年末に公開を控えている。また『海賊とよばれた男』は2013年本屋大賞を受賞した。 関連情報を含む記事はこちら 『ダ・ヴィンチ』10月号ではそんな百田氏を大特集。特集では、百田氏と京セラ株式会社の創業者であり、JAL再建の立役者としても注目を集めている稲盛和夫 [全文を読む]

『海賊とよばれた男』本屋大賞受賞! 『永遠の0』映画化! 百田尚樹本 売上ベスト5

ダ・ヴィンチニュース / 2013年09月09日17時30分

【3位】『モンスター』(幻冬舎) 田舎町で瀟洒なレストランを経営する絶世の美女・未帆。彼女の顔はかつて畸形的なまでに醜かった。周囲からバケモノ扱いされる悲惨な日々。思い悩んだ末にある事件を起こし、町を追われた未帆は、整形手術に目覚め、莫大な金額をかけ完璧な美人に変身を遂げる。そのとき亡霊のように甦ってきたのは、ひとりの男への、狂おしいまでの情念だった―― [全文を読む]

高岡早紀が「今世紀最大の濡れ場」を解禁!! 全身整形美女の情念演じる

メンズサイゾー / 2012年11月12日14時00分

原作は人気作家・百田尚樹氏の小説『モンスター』(幻冬舎)で、発売中の「週刊ポスト」(小学館)によれば、高岡はこの作品で、21世紀に入ってから封印してきたバストトップを解禁したようだ。この作品の映画化はまだ公式発表されていないものの、原作者の百田氏が今年9月にTwitterで「拙著『モンスター』の映画化が実現濃厚になって来た。先日、プロデューサーとお会いし、 [全文を読む]

2017年幻冬舎文庫のフェアキャラクターにGENERATIONS from EXILE TRIBE 片寄涼太さんが、決定!

PR TIMES / 2017年03月30日10時43分

『大河の一滴』(五木寛之)、『1リットルの涙』(木藤亜矢)、『プラチナデータ』(東野圭吾)、『リアル鬼ごっこ』(山田悠介)、『モンスター』(百田尚樹)、『阪急電車』(有川浩)など、ミリオンセラー作品も数々生まれています。 幻冬舎文庫は、そのキャンペーンキャラクターでも注目されています。毎年、このキャラクターを務めてくださっているのは、今をときめく注目の人 [全文を読む]

ソニン、加護亜依…ドロ沼訴訟で発覚した“ヌード映画”のギャラ

WEB女性自身 / 2014年03月21日07時00分

話し合いをし、加護の映画話が進行中に今度は『森下悠里は映画を1本撮れば、必ず2本めはで脱ぐから』『ソニン主演の濡れ場のある映画はどうか?』『高岡早紀が男性と激しく絡む映画の二次使用権なら1億4千万円』などと、次々に契約を持ちかけられ、合計で約1億7千万円をI社長に支払いました」(G社) 高岡早紀の話は、’13年4月に公開された百田尚樹原作の映画『モンスター [全文を読む]

整形かメイクか、それとも… 高岡早紀の顔が“激変”したと話題に

メンズサイゾー / 2013年07月05日19時00分

4月に公開された、『探偵!ナイトスクープ』(ABC朝日放送)の放送作家としても知られる百田尚樹氏のベストセラー小説を原作とした映画『モンスター』。不細工すぎて幼少期から化け物呼ばわりされていた女が田舎から上京して整形手術に目覚め、顔面を完全改造したのち、過去に自分を虐げていた男たちに復讐していく…というストーリーだ。この作品で主演を務めた女優・高岡早紀は顔 [全文を読む]

映画で整形美女演じる高岡早紀「幸せになれるなら整形もあり」

NEWSポストセブン / 2013年04月27日07時00分

芸能活動25周年の節目にこの作品と出会えて、本当にラッキーだったと思います」 4月27日公開の映画『モンスター』に主演する高岡早紀(40)は、そう充実した表情を見せた。演技派としての実力を発揮し、切ないまでの一途な愛を演じきった本作の体当たりの演技は公開前から話題がつきず、官能シーンには妖艶な大人の色気が香り立つ。 「どんなシーンがあろうと、いつもと違う特 [全文を読む]

高岡早紀の19年ぶり全裸シーン 「40才とは思えない美貌」評

NEWSポストセブン / 2013年04月21日07時00分

高岡早紀(40才)がフルヌードを披露する主演映画『モンスター』(4月27日公開)。いまだベールに包まれているそのシーンの詳細をキャッチした。 同映画は、人気作家・百田尚樹氏の小説が原作。幼少期から周囲からバケモノと呼ばれた容姿の女性(高岡)が、整形手術により美貌を手に入れ、過去への報復と、愛する人への純愛を貫くストーリーだ。 この映画で、注目されているのは [全文を読む]

フォーカス