最新作 百田尚樹に関するニュース

百田尚樹「週刊文春」新連載「幻庵」を収録! 著者初の電子オリジナル『百田尚樹読本』連載スタートと同時発売

@Press / 2014年12月24日18時00分

最新作『幻庵』の連載が明日発売の「週刊文春」2015年1月1・8日号からスタートします。今作の主人公は江戸時代後期に活躍した囲碁棋士・井上幻庵。幻庵が活躍したのは、不世出ともいえるほどの俊英の棋士たちが綺羅星のごとくあらわれ、名人の座を巡って死闘を繰り広げた時代です。「彼らの群像劇を描きながら、同時に囲碁の深い世界を描きたい」と百田さん。著者の新たな境地を [全文を読む]

笑って泣ける、江戸落語さながらの人情小説 最新作!『本所おけら長屋(三)』

@Press / 2014年09月02日11時15分

本書は、大家・徳兵衛の知られざる過去に発し、父娘の複雑な情愛を見事に描いた長講「てておや」など、人情落語テイストにさらに磨きがかかったシリーズ最新作です。 --------------------------- 定価:本体620円(税別) 文庫判並製/304ページ ISBN978-4-569-76234-0 ------------------------ [全文を読む]

百田尚樹だけじゃない! 2014お騒がせ小説家No.1は誰だ!?●文芸編集者匿名座談会

リテラ / 2014年12月31日13時30分

Y 1位が「半沢直樹」シリーズの最新作『銀翼のイカロス』(池井戸潤)。同じく『ロスジェネの逆襲』も5位にランクインしているね。去年の半沢直樹ブームの余波が1位で、9位の『海賊と呼ばれた男』(百田尚樹)も去年の作品。いかに今年が不作だったか。村上春樹の『女のいない男たち』もミリオンに届かなかった。Z いちばんの話題はやっぱり、百田尚樹の『殉愛』騒動だよね。た [全文を読む]

イタリア人と重婚!? たかじん描いた「殉愛」をめぐり疑惑続々

デイリーニュースオンライン / 2014年11月14日11時00分

ベストセラー作家、百田尚樹氏(58)の最新作(幻冬舎)が波紋を広げている。 2014 年1月、64歳で亡くなった故・やしきたかじんの最後の2年間を描いた同作。32歳下の妻、屋舗(やしき)さくらさんの手記や証言を元につづられた内容に、各方面から疑問の声が噴出しているのだ。 2014年11月17日追記:”殉愛疑惑”に新展開! 最新記事もどうぞ。 芸能界のドンに [全文を読む]

百田尚樹氏『殉愛』に関西テレビ界からも異論続々“猛バッシング”される「K」の本当の素顔とは……

日刊サイゾー / 2014年11月13日11時00分

今年1月に亡くなった故・やしきたかじんの闘病の様子をつづった、放送作家で小説家の百田尚樹の最新作『殉愛』(幻冬舎)。その中身について、早くも関西の芸能関係者からは批判の声が上がっている。 初版25万部という異例の触れ込み、闘病の様子を明かした『金スマ』(TBS系)が関西では平均視聴率が20.1%(ビデオリサーチ調べ)を記録。他番組を含め、大々的な宣伝……と [全文を読む]

「2014年本屋大賞」決定! 大賞は和田竜『村上海賊の娘』

ダ・ヴィンチニュース / 2014年04月08日20時50分

関連情報を含む記事はこちら 同作は、第139回直木賞候補にもなり、映画化もされた『のぼうの城』の和田竜氏の最新作。『週刊新潮』に2年に渡り連載された作品で、戦国時代、瀬戸内に生きる海賊衆とその海賊衆の娘・村上景の生き様を描く。織田信長と本願寺との戦いが激化する中、本願寺に助けを求められた村上海賊は信長方の眞鍋海賊との決戦に臨む。第一次木津川合戦の史実に基 [全文を読む]

フォーカス