渡辺謙 若村麻由美に関するニュース

今回だけじゃない!? “不倫三昧”疑惑も浮上した渡辺謙にワイドショーから「過剰な擁護」の怪

日刊サイゾー / 2017年04月03日11時00分

大物俳優の渡辺謙に元ホステス女性との不倫疑惑が報じられたが、芸能記者たちからは「これが初めてではない」という話が漏れ聞こえる。「今回は『週刊文春』(文藝春秋)が海外取材までしてスクープしたけど、こっちにも情報はこれまで何度も寄せられていて、みんな今回の女性とは違う相手。10年ぐらい前から通算すると、4人の女性との不倫疑惑があったことになる」と女性誌記者。 [全文を読む]

渡辺謙、ハリウッド級の離婚もアリ?!

NewsCafe / 2017年04月01日07時00分

デスク「世界のケン・ワタナベがやっちまったな」 記者「俳優、渡辺謙(57)が大阪の元クラブホステスで今はジュエリーデザイナーという女性(36)との不倫現場を、週刊文春に押さえられました」 デスク「誠実な愛妻家のイメージがあったからショックだ…なんて思ってる人もいるけど、大間違いだよな」 記者「この数年は妻で女優、南果歩(53)が乳がんで闘病したり、自身も早 [全文を読む]

「渡辺謙不貞報道」で思い出される「離婚裁判」で実名が出た「5人の女優」

アサ芸プラス / 2017年03月31日17時59分

3月30日発売の「週刊文春」で、俳優の渡辺謙と36歳のジュエリーデザイナーとの不貞が報じられた。ワイドショー、スポーツ紙はこのスクープを一斉に報道。現在、海外にいるという渡辺の釈明が待たれるところだ。 現在の妻である南果歩との仲の良さで知られていた渡辺。しかし、女性関係に関しては清廉潔白であったかというと疑問符がつく。前妻との「巨額借金離婚裁判」の際にも、 [全文を読む]

ドラマ化不可能とされてきた山崎豊子の傑作小説『沈まぬ太陽』が上川隆也主演で遂にTVドラマ化!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年05月06日17時30分

同作は1995年から週刊新潮で連載され、2009年には渡辺謙主演で映画化も実現したが、テレビドラマは今回が初となる。注目の主演には恩地元役に上川隆也、恩地のライバルとなる行天四郎役を渡部篤郎が務める。恩地の前には、古谷一行、國村隼、板尾創路らが演じる経営陣が立ちはだかり、さらに夏川結衣、檀れい、小泉孝太郎、草刈民代、若村麻由美などが脇を固める。 ストーリ [全文を読む]

宮迫・斉藤由貴だけじゃない!不倫疑惑の“常連さん”6人

女子SPA! / 2017年08月19日08時47分

この夫婦にはこれからも別れないでほしいですね!◆渡辺謙 前妻との離婚裁判で斉藤由貴の名前も出た『週刊文春』(3月30日発売号)が大阪出身の30代女性との3年に及ぶ不倫をスクープ。その後、会見で報道内容を認め謝罪したことは記憶に新しいですよね。 そんな渡辺は2年に及ぶ調停の末、2005年に前妻と離婚しています。その時の裁判では、斉藤由貴や若村麻由美らとの関 [全文を読む]

「不倫三昧」渡辺謙、娘・杏との「深い確執」…闘病中の妻・南果歩、離婚の可能性も

Business Journal / 2017年03月31日06時00分

30日発売の「週刊文春」(文藝春秋/4月6日号)は、俳優・渡辺謙が21歳年下のジュエリーデザイナーと不倫していると報じた。記事によれば、2人は2年半ほど前に交際を開始し、日本やアメリカなどでデートを重ねているという。週刊誌記者が語る。「真面目で硬派なイメージが強い渡辺ですが、実は前妻とも自身の不倫が原因で離婚しています。その相手も一人ではなく、若村麻由美 [全文を読む]

能年玲奈だけではない!! 大ブレイクした後に沈んだ女優たち

tocana / 2015年05月12日09時00分

俳優・渡辺謙の前妻の借金問題に釈尊会が関わっていたことや、若村と渡辺の不倫疑惑が発生したこともあり、週刊誌やワイドショーをにぎわせてしまったのだ。そんな若村に "お騒がせ女優"としてのレッテルが貼られてしまう。 07年に、夫である小野氏の死去を境に芸能界への復帰を果たした若村は、12年に放送されたNHK朝ドラ『純と愛』をはじめ、現在ではさまざまなドラマや映 [全文を読む]

【ウラ芸能】杏、見えた父との「コラボ」

NewsCafe / 2014年01月23日15時00分

杏は平気でも、東出は周りから注意されたようで、再開したドラマの収録現場では恐縮しているそうです」デスク「杏の父親は言わずと知れた世界のケン・ワタナベ、俳優の渡辺謙(54)だけど、杏は両親が離婚した際に母親のほうについたこともあって、渡辺とは仲が悪い…。東出のことも報告してないんだろうな」記者「先週発売の週刊文春が『杏はそれでも父・渡辺謙を許さない!』なんて [全文を読む]

名作ドラマ&漫画「最終回のヒミツ」(5)究極の時代劇ベスト5

アサ芸プラス / 2013年03月15日09時54分

その最終回は、斬九郎を演じた主演の渡辺謙みずからが演出しています。内容は、斬九郎のお兄さんが、敵に追い込まれて自決。 復讐を果たそうと、斬九郎は1人では勝ち目のない戦いに挑んでいく。降りしきる雪の中、黙ったまま見送る美人芸者・蔦吉(若村麻由美)。思い入れたっぷりに流れるBGMは謙さんの大好きなクイーン。戦いの中で、斬九郎は、敵に囲まれピストルで撃たれたあげ [全文を読む]

フォーカス