温泉 熊野古道に関するニュース

年内まだ間に合う!ドライブ気分で行ける近場の温泉スポット【中部編】

clicccar / 2015年12月25日14時33分

1年間の疲れを、温泉で1日で済ませたい方必見です。中部地方で日帰りができる温泉スポットを紹介していきます。 ■スパ&フィットネス 大泉寺温泉 福の湯 場所は愛知県春日井市になります。大浴場では、白湯・シェイプアップバス・リラックスバス・電気風呂・水風呂・ぬる湯・蒸気浴の7種類を楽しむことができます。露天風呂もあり、こちらも6種類用意されており、様々な景色 [全文を読む]

温泉ソムリエが選ぶ「夏でも楽しめる日本の名湯5選」

Walkerplus / 2015年07月02日07時00分

世界2700万人、日本で100万人の登録読者を誇る、世界最大級のオンライン旅行情報メディアの「トラベルズー」が、夏休み旅行計画に先駆けて、「夏でも楽しめる温泉5選」を発表した。 お得な旅情報に精通した、温泉ソムリエの称号を持つエキスパートが選んだ、夏ならではの清涼感を感じさせる、ベスト・オブ・ニッポンの温泉だ。 ■ 下部温泉 くつろぎの宿 裕貴屋(山梨県) [全文を読む]

外国人観光客の間でひそかに人気上昇中の、日本のアノ場所

TABIZINE / 2016年03月25日19時00分

海と温泉の両方を堪能できる「白浜温泉」もあるのです。こちらも伊豆の白浜海岸と同じように真っ白の砂浜で、遠浅の海が広がっていて、風光明媚。海を眺めた後は、温泉旅館で新鮮な魚介類を味わい、日本三古湯である温泉に浸かる・・・日本人でも“最高!”と思う旅行プランですから、外国人だって思わないはずありませんよね。 和歌山県を訪れる外国人は香港、台湾を始め、増加の一途 [全文を読む]

会社員こそ「ふるさと納税」!宿泊旅行ができる超お得な3つの特典

BizLady / 2015年11月23日22時00分

四万温泉郷や沢渡温泉郷には、温泉付きの宿泊施設が数多くあります。 中之条町に納税すると、納付した金額の半額分が市内の温泉やホテルで使る“感謝券”になって返ってくるそう。 1万円納付したら5千円分、2万円納付したら1万円分の感謝券が、入金月の翌月に発送される予定。温泉につかって美味しいごはんを食べれば、日ごろの疲れも吹っ飛びそうです。 都心から電車で約2時間 [全文を読む]

日本の世界遺産保全ツアー第一弾 『熊野古道世界遺産登録10周年記念道普請(みちぶしん)ウォーク2日間』 ~未知から道へ~未来をつくる世界遺産保全プロジェクト

PR TIMES / 2014年04月25日17時05分

[大門坂] ~未知から道へ~未来をつくる世界遺産保全プロジェクト熊野古道世界遺産登録10周年記念道普請ウォーク2日間 > 【催行日】2014年6月22日(日)・7月6日(日)出発 【旅行企画実施】株式会社エイチ・アイ・エス 【羽田発着料金】大人お一人様:66,800円~69,800円 【現地発着料金】大人お一人様:26,800円~29,800円 (熊野古 [全文を読む]

きっと、誰かに会える旅。和歌山・熊野古道、世界遺産追加登録ルートをめぐる

ガジェット通信 / 2016年12月01日19時00分

熊野古道 赤木越 ●詳細:http://www.tb-kumano.jp/kodowalk/course/akagi-dainichigoe/ ●Googleマップ:https://goo.gl/8sjVPG ●赤木越分岐~湯の峰温泉まで 徒歩約2時間(5.9km/片道)※一般車両通行不可 【5】旅の終わりに 熊野本宮大社 そしてやっぱり、旅の終わりは、 [全文を読む]

アマン初の温泉リゾートが伊勢志摩国立公園に開業。来春に国内2軒目「アマネム」誕生

FASHION HEADLINE / 2015年07月29日12時00分

アマンにとって温泉を有する初めてのリゾートとなる同ホテルは、“真珠の湾”として世界的に知られる英虞湾(あごわん)の美しい海岸線沿いに建築される。ホテル名の「アマネム」は、サンスクリット語で“平和なる”を意味する「アマン」と、日本語の“歓び”を意味する「ネム」から名づけられた。 ホテルには広大なアマン・スパ、レストラン、ラウンジなどの施設が備えられ、アマン [全文を読む]

高野山・熊野古道巡りの際に立ち寄りたい。日本三大美人の湯、和歌山県「龍神温泉」

IGNITE / 2017年05月16日20時00分

龍神温泉は和歌山県田辺市龍神村にある高野龍神国定公園内の日高川沿いの温泉郷。日本三大美人の湯として知られる。 1300年の歴史ある名湯で泉質はナトリウム炭酸水素塩泉(重曹泉)。肌あたりが良くアルカリ性の湯の乳化現象による皮膚の脂肪や分泌物を清浄化する効果が美人の湯と言われる所以。 高野山方面から龍神温泉方面へ高野龍神スカイラインを南下するとスカイラインのほ [全文を読む]

“食事・身体・心のバランスを整える体験型の健康支援プログラム”『健康道場ツアー』一般販売開始

PR TIMES / 2016年05月09日12時08分

内容:〈食事〉熊野ならではの旬の食材を活かした健康道場式食事~料理長と管理栄養士がタッグを組んだ、肉・卵・乳製品不使用/1食約600kcalの玄米菜食~〈身体〉「熊野古道」健康ウォーキング、均整・経絡ストレッチ~熊野セラピストが安全に楽しく、世界遺産熊野古道をご案内~〈心〉 川湯温泉・渡瀬温泉~熊野本宮温泉郷のうち、泉質の異なる2種類の温泉をご堪能~〈学〉 [全文を読む]

夏だから温泉という選択を 「夏でも楽しめる温泉」5選

IGNITE / 2015年06月22日21時36分

そこで、夏こそ温泉という選択肢を提案したい。 厳選した旅・食・遊情報を提供するオンラインメディア「Travelzoo (トラベルズー)」 が、夏休みの旅行の計画を始めるシーズンに先駆け、お得な旅情報に精通した温泉ソムリエが選んだ「夏でも楽しめる温泉5選」を発表した。 夏休みは、国内・海外ともに旅行をする人が増える時期。しかし、気温の高さからついつい温泉旅行 [全文を読む]

熊野古道、温泉が湧く川のほとりに佇む「川湯温泉 冨士屋」を訪ねて

IGNITE / 2015年06月15日21時07分

川湯温泉は熊野古道の伊勢路と小辺路(こへち)、中辺路(なかへち)が交わるあたりに位置し、熊野本宮温泉郷のひとつとして名を馳せている。毎年10月には熊野本宮大社へ献湯が行われているという。 川湯温泉で有名なのは、川をせきとめた野趣あふれる大露天風呂の「仙人風呂」だ。 冬季限定で設えられるのだが、川の中ほどに簾がかかっており、簾の向こう側から湯気が立ちのぼっ [全文を読む]

勝手に始める地方創生 世界遺産・熊野古道の山村にあなたの「フルサト」をつくるプロジェクト

PR TIMES / 2015年06月02日17時24分

■リターン一覧1,000円 ナリワイ代表 伊藤が描く御礼イラスト3,000円 熊野の自家製小麦を使用した天然酵母パン一斤5,000円 「小口フルサトツバメの会」の会員になる権利5,500円 イワサキケイコ企画 岩崎デザインの故郷Tシャツ7,500円 熊野で読みたい本 3冊セット10,000円 熊野の自家製小麦を使用したパンとニホンミツバチの蜂蜜の朝食セット [全文を読む]

丸山千枚田|千枚以上の田んぼを一望できる圧倒的な絶景【にっぽん穴場紀行】

サライ.jp / 2017年09月13日19時00分

テレビ東京の「厳選!いい宿ナビ」のコラム執筆、@nifty温泉の記事執筆等、ライターとしても各メディアで活躍中。HP「日本秘境探訪」http://syakeassi.xsrv.jp/ [全文を読む]

【ドライブで行く】三重の人気観光スポット~話題の水族館から古の熊野古道まで!~

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2015年06月23日09時00分

開湯1,300年の由緒ある「湯の山温泉街」、温泉街と御在所山を結ぶ、高さ日本一の鉄塔のロープウェイ、温泉複合リゾート施設アクアイグニス(AQUA×IGNIS)、名物マコモ料理が楽しめる道の駅菰野などなど。 自然、文化、食がひとつの道に集まっているのだ。 《写真提供》菰野町 滋賀県側から三重県に入って走ると、伊勢平野と伊勢湾、知多半島を望む遠景が楽しめる。 [全文を読む]

AP通信社、G7サミットに向け三重県の観光プロモーションをサポート

PR TIMES / 2016年05月25日10時15分

今回の三重県とのプロジェクトでは、伊勢神宮をはじめ、熊野古道、海女漁、温泉、十二単や忍者体験の文化体験など合計4本のバイラル動画を制作し、それに関わる写真を撮影しました。これらは、APのニュース配信ネットワークおよびスポンサードツイートで世界に配信します。AP通信社東京支局のセールスマネジャーである津田千枝は、「近年、訪日外国人旅行者に注目している日本の地 [全文を読む]

楽天トラベル、2015年 秋の旅行先 人気急上昇エリアランキング発表

PR TIMES / 2015年09月30日19時17分

また、パワースポット(紀伊山地の霊場と参詣道「熊野古道」や高野山)や温泉(白浜温泉・龍神温泉・湯の峰温泉など)が充実していることから、女性グループの旅行が+156.5%(約2.6倍)と好調で、「わかやま女子旅」に人気が集まっています。 [全文を読む]

「おはようコール」5000回でラーメン店とコラボ!

Smartザテレビジョン / 2015年07月01日05時30分

昨年秋に開通した長さ4kmの伊良部大橋や、日本最南端最西端にある天然温泉、東洋一ともいわれる美しいビーチ、ウミガメと泳げるアクティビティーなど、手軽に行けるビーチリゾートの魅力を、斎藤アナと吉沢心結リポーターが伝える。 [全文を読む]

フォーカス