松井秀喜 松井玲奈に関するニュース

左の強打者が必要なエンゼルス 松井秀喜を獲得する説が浮上

NEWSポストセブン / 2012年06月05日07時00分

メジャー昇格後の最初の試合で本塁打を放ったタンパベイ・レイズの松井秀喜(37)だが、松井が置かれた立場は決して安定したものではないという。米誌コラムニストは、 「マツイはあくまでもジェニングスのスペア。彼が戻ってきたら、DHを務めるスコットの控えという扱いになる」 と冷めた目で語り、驚きの“起用法”を予測する。 「レイズが所属するア・リーグ東地区は、戦力的 [全文を読む]

乃木坂46メンバーは食い意地が張りすぎ? 西野七瀬「日々の楽しみがもう『食』しかない」

リアルサウンド / 2014年10月14日16時30分

冒頭、イジリーが白石麻衣と松村沙友理を呼びだし、即興コントを繰り広げたあと「松井秀喜、松井稼頭央、もう一人の松井と言えば誰?」と質問。白石はこれに「松井一代」と答えると、イジリーが「普通そこで交換留学生の松井玲奈が出てくるんじゃない? 出てこないということは仲良くないんだな」と指摘し、「松井との仲良いエピソードある?」と聞くと、今度は松村と白石が「(白石 [全文を読む]

将来の巨人監督就任も期待される松井秀喜氏の“複雑な心境”

NEWSポストセブン / 2013年01月23日07時00分

昨年末、20年間に及ぶ現役生活にピリオドを打つことを発表した松井秀喜氏。年が明けると、7日には巨人・渡辺恒雄球団会長(86)が「原君のあとをね、多少コーチなどもやってもらうけども、いずれ大監督になってもらいたい。それはみんな望んでることだ。おそらく野球ファン全部が望んでるんじゃないかね」と発言。巨人の親会社である読売新聞グループ本社会長・主筆の鶴の一言で、 [全文を読む]

松井秀喜氏 「日本人であることを大事に」と米で常に日本車に乗った

NEWSポストセブン / 2013年01月19日07時00分

松井秀喜氏(38)の現役時代、WBC出場をめぐって叩かれたこともあった。週刊ポスト恒例のONK座談会、長嶋茂雄氏が病に倒れた2004年から4年間は松井氏が恩師の代役を務めてくれたのが、2005年は、第1回WBC開催を控えた12月に行なわれた。 監督を務める王氏から、この対談の場で直々に参加要請がなされている。結果的に出場はならなかったが、後日、王氏に手紙を [全文を読む]

「誠実で裏がなく、分け隔てないのはONと松井だけ」と記者

NEWSポストセブン / 2013年01月14日16時00分

引退会見に先駆けて、東京や巨人時代のキャンプ地だった宮崎、故郷の石川で世話になった知人に、松井秀喜氏(38)が報告と御礼の電話を入れていたことは、あまり知られていない。寡黙だが義理堅いその性格は、日米問わず多くの人に愛されていた。 本誌はこれまで、何度も松井氏の取材を行なってきた。左手首のケガを負った直後には、ギプスをはめた普段着の松井氏にセントラルパー [全文を読む]

松井秀喜 解雇前「過去にも打率1割台あった」と語っていた

NEWSポストセブン / 2012年07月30日07時00分

極度の不振を続けたレイズ・松井秀喜(38)は7月25日、戦力外通告を受けた。その直前、後半戦が始まった7月13日、ジャーナリストの出村義和氏が松井にインタビュー、その心中を聞いていた。 * * * ――今日は代打要員として、2度もネクストバッターズサークルに入ったが、前の打者がアウトになって出番はなし。悔しい展開でしょう。 「いやァ、別に特別な思いは全然な [全文を読む]

松井秀喜 「MLBきっての知将が1番で起用も」と番記者予測

NEWSポストセブン / 2012年06月04日07時00分

MLBのタンパベイ・レイズの松井秀喜(37)がメジャー昇格後の最初の試合で本塁打を放ち、存在感を強烈に示した。 「ヤンキースでMLBデビューした9年前には本拠地開幕戦で満塁本塁打、2009年のワールドシリーズではMVP獲得と、印象に残る場面で輝きを放つ。そんな打者を90万ドルで手に入れたのだからいい買い物をした」(レ軍番記者) 今季のレ軍は5月に入って主力 [全文を読む]

フォーカス