ユニフォーム 松井秀喜に関するニュース

松井秀喜「MLBは生ぬるい所ではない、力のないものは去る」

NEWSポストセブン / 2012年08月01日07時00分

待つだけ待とうというのが率直な心境でしたね」 ――それが実を結んでユニフォームを着たが、現在の厳しい状況を見れば戦力外通告を受ける可能性もある。 「それは仕方ないでしょう、実力の世界なんだから。生ぬるい世界じゃない。力のない者は去るしかないということです。でも、今年もシーズンが終わるまでしっかりやる。先のことはその時に考える。今日1日、1試合1試合、細かく [全文を読む]

石井アナが歓喜! 松井秀喜が愛した、海の幸がいっぱいの「磯定食」

ぐるなび / 2015年02月13日16時10分

店内には松井さんの写真とユニフォームがズラリと並んでいる。松井さんを虜にした絶品料理は、伊勢海老・アワビ・サザエなどが盛られた「磯定食」だ。 運ばれてきた「磯定食」を見た石井アナは「うわー、活け造り。動いた」と大喜び。そして伊勢海老を口に運んで「甘み、そして新鮮さはもちろんですね。こんなの食べたことないですね。本当に。歯ごたえ・甘み・塩気・磯の香り。もう脳 [全文を読む]

田中将大投手の入団会見は、どうして「準備不足」でも許されたのか? - 冷泉彰彦 プリンストン発 日本/アメリカ 新時代

ニューズウィーク日本版 / 2014年02月12日11時23分

まずブライアン・キャッシュマンGMとジョー・ジラルディ監督が短い挨拶を行うと、ジラルディ監督が「背番号19」の真新しいユニフォームと、ヤンキースの帽子を田中投手に着せるというセレモニー。そして田中投手の簡単な挨拶と、短い一問一答での質疑応答があり、会見自体は20分程度で終わりました。 別に大きな問題があったわけではありません。GMと監督の話は儀礼的な範囲で [全文を読む]

次の監督候補は、巨人が松井秀喜、阪神は掛布雅之

週プレNEWS / 2013年11月12日12時00分

秋季キャンプでは、GM付育成&打撃コーディネーター(デベロッピング・コーディネーター/DC)として25年ぶりにタテジマのユニフォームに袖を通している。 「実は、来オフの『掛布監督』誕生はほぼ内定状態なんです。あの役職は、和田豊監督(51歳)と距離を取るための球団の策略。ヘッドや打撃コーチなどで一軍に帯同し、もし来季の成績が悪ければ、一緒に責任を取らされる立 [全文を読む]

本誌記者も“マツイ人形”ゲット! ニューヨーカー大興奮の松井秀喜氏引退試合を客席からレポート

週プレNEWS / 2013年07月29日20時00分

55番のユニフォームを着ての始球式も無事に終了し、ヤンキース対レイズの試合が始まる。松井氏の引退セレモニーに花を添えたいのは、現役最後の所属チームであるレイズも同じ。試合は手に汗握るシーソーゲームとなった。 そして7回裏、ヤンキースがチャンスを迎えた場面で、なぜかライトスタンドのヤンキースファンから「マツイ!マツイ!」の大合唱が! ベンチを出るジョー・ジ [全文を読む]

松井秀喜のヤンキース引退式典間近 イチロー欠席の可能性も

NEWSポストセブン / 2013年07月19日16時00分

イチロー獲得に動く可能性はある」(同前) ユニフォームを脱いでも“チームの英雄”とされる松井。一方で、前人未到の記録を打ち立てながら“使い勝手のいい駒”とみなされるイチロー。7月28日のセレモニーは、対照的な2人が邂逅する最後の場面となる。その日、2人はどんな“絡み”を見せるのか──。 ※週刊ポスト2013年8月2日号 [全文を読む]

松井秀喜氏 「日本人であることを大事に」と米で常に日本車に乗った

NEWSポストセブン / 2013年01月19日07時00分

駐在時代の経験から、生活や医療、語学に関するアドバイスをたくさんいただき、支援してくださいました」 もう一度巨人のユニフォームを着た松井氏の姿を見られる日も、そう遠くはないかもしれない。 ※週刊ポスト2013年1月25日号 【関連ニュース】「誠実で裏がなく、分け隔てないのはONと松井だけ」と記者維新地方議員「橋下さんは看板だが組織は松井幹事長が握る」渡邉恒 [全文を読む]

松井秀喜 スーパースターの認識と凄いことやった認識はない

NEWSポストセブン / 2012年07月31日07時00分

あくまで例えば――の話であるが、長嶋が負担の少ない一塁転向を監督から打診されたり、王が左投手の時にスタメンから外れたりしていたならば、2人はその場で自らユニフォームを脱いでいただろう。コンバートやスタメン落ち、代打生活という道は受け入れまい。そして、「スーパースター」に夢や希望を託したファンも、2人にそうした晩年を許さなかったのではないか――。 [全文を読む]

【プロ野球】則本昂大(楽天)ら4投手でMBL打線をノーヒットノーラン! 日米野球の名場面をプレイバック

デイリーニュースオンライン / 2016年11月10日17時05分

大谷翔平(日本ハム)を筆頭に筒香嘉智(DeNA)、山田哲人(ヤクルト)など、普段のペナントレースでは敵として戦う選手たちが結集し、同じ日の丸のユニフォームを身につけてともに戦うのは大きな見どころだ。 まだWBCもなくプロが参加する日本代表も存在しなかった時代、野球ファンにとっては2年に一度開催される日米野球が楽しみの一つだった。 特に日米の実力差が縮まっ [全文を読む]

川上憲伸、井川慶、中村紀洋 現役続行目指す3人の現在地

NEWSポストセブン / 2016年03月25日07時00分

2015年オフ、在籍球団のユニフォームを脱いだプロ選手は186人(セ・90人、パ・96人)に上る(本誌調べ)。前田健太(広島→ドジャース)、ら移籍組も含まれるが、多くは「引退」を受け入れた選手たちだ。 とくに大物選手の引退が目立った。中日からは山本昌、谷繁元信、小笠原道大、和田一浩。巨人では、新監督に就任した高橋由伸をはじめ、井端弘和、金城龍彦。他球団で [全文を読む]

ポスト原監督 若手育成力やスター性で中畑清氏を推す意見も

NEWSポストセブン / 2015年10月10日16時00分

今季DeNAで指揮をとった最終戦を終えた中畑氏は、尾崎紀世彦の『また逢う日まで』を熱唱したが、もしかしたら次に逢う時は巨人のユニフォームに袖を通しているかもしれない。 [全文を読む]

ポスト原監督 桑田真澄氏、江川卓氏、川相昌弘ヘッドコーチ

NEWSポストセブン / 2015年06月18日07時00分

江川氏は以前、ユニフォームに大きく近づいたことがあった。「清武の乱」が起きた2011年のことだ。 「清武の乱」とは2011年11月、巨人の球団代表兼GMだった清武英利氏が「読売巨人軍のコンプライアンス上の重大な件」とする記者会見を開き、渡辺恒雄会長(当時)にコーチ人事を鶴の一声で覆されたなどと批判。ヘッドコーチには岡崎郁氏の留任が内定していたが、これを渡 [全文を読む]

背番号55が復活!「スポーツ王」にゴジラ松井が襲来

Smartザテレビジョン / 2015年06月10日06時00分

松井が現役時代、身に付けていた当時と同じデザインの巨人軍ユニフォームで登場したゴジラたちの迫力に、石橋も「ついにやりましたね」とやる気満々。そんな石橋に対し、松井は「チームメートも強力ですから」と自信たっぷり。しかし、石橋も「リアル野球BAN対決」では現在4連勝中と絶好調。通算成績を9勝9敗の五分に戻し、「今回勝ったら来年の正月はドミニカと対戦です」と豪語 [全文を読む]

<中居正広「金スマ」が清原和博を浮き彫り>報道やドキュメンタリーでも追えない現在進行形の清原の事実を描く

メディアゴン / 2015年04月08日03時46分

お前の最後の花道は俺が作ってやる」と熱く誘われ移籍を決意するが、名伯楽の仰木はオリックス・清原のユニフォームを見ることなく肺癌で他界する。球界最高の捕手・野村克也の持っていた通算サヨナラ本塁打の記録を塗り替える12本目を放つも、膝のケガが癒えずに、オリックス在籍3年で現役を引退。波乱の22年間の野球選手人生を終える。しかし、引退後の清原には、スキャンダルや [全文を読む]

球界のレジェンド松井秀喜氏がCMに登場!

Autoblog JP(オートブログ) / 2015年01月14日17時00分

ユニフォームを脱いでもなお動向が注目される球界のレジェンドの登場とあって、会場にはテレビや新聞など多くの報道陣が押しかけたのは言うまでもない。 完成したばかりのCMを会場で見た松井氏は、「スタッフの皆さんの努力のおかげで、実物よりかっこよく撮っていただいた」とニッコリ。「まだ太陽が出ていないときに家を出たのはいつ以来だったかな」と、撮影が早朝から行われ、た [全文を読む]

長嶋一茂と江角マキコが和解!? その裏で流れた仰天サプライズとは?

アサ芸プラス / 2014年12月01日09時59分

「実は、騒動の最中に、一茂に再び巨人のユニフォームを着せよういう動きがあったというんです」(芸能記者) 現在、一茂には巨人の野球振興アドバイザーという肩書きがついているが、 「渡辺恒雄球団会長は契約通り、来季まで原監督の続投を表明し、その間に後継者を決めようと算段しています。かつては江川卓氏や落合博満・中日GMの名前が浮上していましたが、現在は松井秀喜氏 [全文を読む]

巨人キャンプ 宮崎では松井氏参加で大盛況も沖縄は人影まばら

NEWSポストセブン / 2014年02月24日16時00分

3000台収容の駐車場は満車札止め、球場近くに展示された松井氏の現役時代のユニフォームの前には長蛇の列ができた。 驚くべきこの落差の理由は明らか。「スター不在」である。監督もどちらかといえば地味で、坂本や慎之助に大向こうを唸らせる力はない。一刻も早く、次代を担うカリスマの登場を期待したいものだ。 撮影■太田真三 ※週刊ポスト2014年3月7日号 [全文を読む]

やくみつる、安倍首相のパフォーマンスに「ハシャギすぎ」

WEB女性自身 / 2013年07月10日07時00分

ですが、授賞式で背番号96のユニフォームを着て、始球式の審判をやったパフォーマンスまでを肯定しているわけではありません。あれはハシャギすぎ。あくまでも国民栄誉賞を送るという決定まで!」(やくさん・以下同) さらに安倍総理のパフォーマンスは、まるで操り人形のようだと厳しく指摘する。 「先日、毎日新聞が安倍さんのパフォーマンスについて、“巧妙な策略”であるやの [全文を読む]

打撃投手にイップスあり 投球動作で出す足が分からなくなる

NEWSポストセブン / 2012年12月17日07時00分

ユニフォームを着た投手だが「選手」ではない。支配下登録はされておらず、背番号は3桁。仕事は「打者に打たれること」――。 グラウンドで最も輝くマウンド近くにいながら、どこか哀愁漂う存在、それが「打撃投手」である。しかしその仕事は、チームの浮沈を左右するほどの重要なものであることは、あまり知られていない。 普通、打撃投手は打ちやすい球を投げるため、少し力を抜い [全文を読む]

阪神・和田豊監督 球団上層部へのゴマスリは技巧派との評価

NEWSポストセブン / 2012年03月15日16時00分

「お家騒動を毎年のように繰り返す阪神一筋で、ダテに27年間もユニフォームを着ていない。やっていいことと悪いことを知っているから生き残れた。意外に思われるかもしれないけど、球団上層部へのゴマすりは、現役時代のプレースタイルと同じく技巧派だよ」 昨年のドラフト1位は慶大の伊藤隼太。これは南信男・球団社長が慶大OBと知った上で、和田監督が指名を強く要望したとい [全文を読む]

フォーカス