伝説 松井秀喜に関するニュース

行き先はNY?在米邦人が語る、大谷翔平がMLBのマウンドに立つ日

まぐまぐニュース! / 2016年02月20日00時00分

その目標は、96年からの5年間で4回世界一に輝いたあの伝説のジーター選手や、ポサダ選手、ペティット選手、守護神リベラ選手らの生え抜きが中心になっていた頃の布陣。 そこにFAでクレメンス選手やウエルズ選手らの有力選手が加わったことで、当時のヤンキースはより盤石になった。 改めてもう一度、そんな最強の次世代のチームを作ろうというのである。 で、そのカギを握る [全文を読む]

日本プロ野球名球会35周年記念誌 「球極~日本プロ野球の伝説を創った輝ける男たち~」発売

PR TIMES / 2014年07月29日17時22分

8月3日(日)14時~ 山本浩二氏&東尾修氏登場!刊行記念イベント開催株式会社学研ホールディングス(東京・品川/社長:宮原博昭)および株式会社学研教育出版(東京・品川/社長:碇 秀行)は、一般社団法人日本プロ野球名球会の総監修のもと、「日本プロ野球名球会35周年記念誌 『球極』~日本プロ野球の伝説を創った輝ける男たち~」を7月25日に発売しました。本書は日 [全文を読む]

日本プロ野球名球会・総監修! 初の豪華本「球極~日本プロ野球の伝説を創った輝ける男たち~」を 4月22日より予約開始【学研教育出版】

PR TIMES / 2014年04月22日10時19分

名球会全会員63名の大記録や名勝負をひとり4ページずつ紹介株式会社学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)および株式会社学研教育出版(東京・品川/代表取締役社長:中村雅夫)は、一般社団法人日本プロ野球名球会の総監修のもと、「日本プロ野球名球会35周年記念誌 『球極』~日本プロ野球の伝説を創った輝ける男たち~」の予約を2014年4月22日 [全文を読む]

名将対決に舌禍事件。プロ野球・日本シリーズ伝説の瞬間「熱狂!平成編1」

週プレNEWS / 2016年10月27日06時00分

プロ野球・日本シリーズでこの50年に起きた伝説の瞬間をふり返るシリーズ。 時代は昭和から平成へと移り、世の中の価値観も多様化する。球界でも巨人中心から12球団すべてが主役となり熱狂は全国各地へと広がっていった。 * * * 【1993 ヤクルトvs西武】 ID野球で前年のリベンジ、ついに西武王国の牙城が陥落 野村vs森、2年続けて名将が激突 最後の打者、鈴 [全文を読む]

伝説となった選手たち…「日本野球界の永久欠番」といえば

NewsCafe / 2014年09月28日12時00分

もちろん日本プロ野球界でも、数々の伝説を残した選手の背番号が"永久欠番"となっている。NewsCafeでは「日本野球界の永久欠番、最も印象的な人物は?」というアンケートが実施されたようだ。ランキングとともに寄せられた声をご紹介しよう。※回答総数…728件【1位】3番・長嶋茂雄(巨人)(47.4%)■どの選手も印象的ですが、ひとりとなると、やはり「ミスター」 [全文を読む]

長嶋と松井“4番の遺伝子”継承までの21年間「鮮烈すぎるデビュー劇」

アサ芸プラス / 2013年04月23日09時59分

星稜高校3年生で出場した夏の甲子園での対明徳義塾高校戦で5打席連続敬遠という“伝説”をひっ提げて、プロ入り。のちに直接本人にその時のことを確認したところ、松井は誰に恨み言を言うでもなく、「さすが5打席連続敬遠された打者だな、と思われる打者になりたい」と答えたものだった。 その後、松井の「怪物伝説」を体現したのがルーキーイヤーの93年5月2日のヤクルト戦だっ [全文を読む]

【プロ野球】歴代5位・48勝の名将が優勝宣言! 「帝京魂」が復活!? センバツはこの監督に注目!!

デイリーニュースオンライン / 2017年03月18日16時05分

伝説の名勝負として語り継がれている。 この伝説の一戦から2年経った1963年に永田監督は生まれた。報徳学園の選手時代は同期のエース・金村義明(元近鉄ほか)とともに全国制覇を果している。その後、1994年に監督就任。これまでに甲子園通算20勝を挙げ、2002年のセンバツでは優勝を飾っている。 その名将が今センバツをもって勇退することが発表された。中学時代にU [全文を読む]

投手か、打者か――プロ野球シーズンオフをにぎわせた、現役&レジェントたちの「日ハム・大谷翔平評」

日刊サイゾー / 2017年01月31日15時00分

『神ってる!野球伝説55〜教えて松井秀喜先生~』(12月28日放送/テレビ東京系)の中で、大谷がメジャー挑戦するならば、という問いに「バッターで見たい。(日本人)投手の素晴らしさはもう示したので、バッターで(日本人選手の素晴らしさを)示せる稀有な存在」と評した。 同様に「打者・大谷」を推したのが巨人の高橋由伸監督。『たまッチ!』(12月30日放送/フジテレ [全文を読む]

松井秀喜「巨人監督かNY永住か?」最後の選択

日刊大衆 / 2016年11月02日14時00分

米国で「気楽」に暮らすのか、日本に帰って伝説の第二章を切り開くのか……平穏と名誉、ゴジラはどちらへ向かうのか。 10月13日から17日にかけて『Yahoo!JAPAN』が突如ウェブ上で『導かれるままに、アメリカで』と題した「松井秀喜独占インタビュー」を全5回掲載し、大ヒット中の映画『シン・ゴジラ』以上の話題を集めている(掲載期間は2017年3月まで)。現在 [全文を読む]

夏に比べてドラマがない? センバツ甲子園の隠れ伝説

週プレNEWS / 2015年03月21日06時00分

それゆえ、時代を彩る「伝説」も数多く存在している。 例えば、チームスタイル。70年代は中村・山沖のように、突出した選手のワンマンチームが見られた。72年に優勝した東京・日大櫻丘の“ジャンボ仲根”こと仲根正広(元中日)がその代表例だ。 76年に初出場した茨城の鉾田(ほこた)一も、左腕エース・戸田秀明のワンマンチームだった。初戦の糸魚(いといがわ)川商工戦で戸 [全文を読む]

センバツ高校野球、通なら知っている甲子園は“春夏”でここが違う

週プレNEWS / 2015年03月20日06時00分

(取材・文/キビタキビオ 取材協力/寺崎 敦) ■週刊プレイボーイ13号「総力特集13P 春のセンバツ 伝説の瞬間」より(本誌では、センバツ高校野球の伝説的名勝負や小ネタを厳選紹介!) [全文を読む]

プロ野球16球団構想 新4球団の名称、本拠地と親会社を推測

NEWSポストセブン / 2014年06月05日11時00分

球団名は、災いを遠ざけるという伝説の獣、シーサーから取ってみた。 ◆四国大王製紙ノボールズ 言わずと知れた野球王国・四国。2005年に始まった独立リーグの「四国アイランドリーグ」が存在し、愛媛・松山には、両翼99.1メートル、センター122メートルで3万人を収容する堂々たる「坊っちゃんスタジアム」もある。 もとより松山は、ベースボールを愛した俳人・正岡子規 [全文を読む]

世界のゴジラ・松井秀喜のエピソード…なかでも人気は「5打席連続敬遠」伝説

NewsCafe / 2013年08月20日12時00分

[女性/30代/その他]■すべての伝説はこれから始まった!![男性/50代/会社員]【2位】ワールドシリーズでMVP(2009)(13.1%)■あのときの松井が一番輝いていた!![女性/40代/主婦]■どれも凄いエピソードだが、これはまさに日本人メジャーリーガー最高の快挙、素晴らしい![男性/50代/専門職]■1970年代、日本人がヤンキースの4番打つ可能 [全文を読む]

【ゴジラ】 松井秀喜の凄さが分かる動画ベスト10

AOLニュース / 2013年08月01日01時50分

そんな伝説の選手だけに、引退セレモニーのチケットは完売。大勢のファンやチームメイトが見守る中、背番号55のピンストライプのユニホームを身にまとって始球式を行なったり、ヤンキースの主将・ジーターから記念のユニホームを受け取ると、球場は大歓声と「マツイ」コールに沸いたようだ。同じ日本人として、またプロ野球ファンとして、この光景を誇りに思った人も多かったことだろ [全文を読む]

松井秀喜氏の遅刻伝説 実際は「たまにしかしてない」証言も

NEWSポストセブン / 2013年05月05日07時00分

このように、「松井は遅刻すると打つ」という伝説も生まれるほど、絵になる選手だったといえよう。 実際、現役時代の松井氏は頻繁に遅刻をしていたのか? スポーツ紙記者が話す。 「もちろん、たまにしかしていないです(笑)。遅刻癖があるかのように騒がれたのは理由があります。巨人の場合は、“ジャイアンツタイム”呼ばれるルールがあり、集合時間30分前に全選手が揃うことに [全文を読む]

松井秀喜 今引退すれば輝かしいキャリアに傷つかぬと米記者

NEWSポストセブン / 2012年11月13日07時00分

巨人やヤンキースで幾多の伝説を残してきた松井。彼がどんな男の引き際を見せるか、目が離せない。 ●文/古内義明(スポーツジャーナリスト) ※週刊ポスト2012年11月23日号 【関連ニュース】米記者「ヒデキ・マツイにはすでに引退しか選択の余地はない」左の強打者が必要なエンゼルス 松井秀喜を獲得する説が浮上マツコと渡部陽一のギャラは 1時間10~20万円との [全文を読む]

センバツ高校野球全試合を完全無料で Player! がリアルタイム速報

PR TIMES / 2017年03月21日10時40分

早稲田実業はなんと初戦、伝説の松井秀喜五打席連続敬遠策を講じた明徳義塾と戦う。春夏連覇を狙う作新学院、21世紀枠で出場部員10人の不来方など、球児たちの戦いに目が離せない。■1日目 1回戦3/19 (日) 第1試合 至学館(愛知) 5-6 呉(広島) https://web.playerapp.tokyo/live/27933/19 (日) 第2試合 日大 [全文を読む]

【プロ野球】イチロー部屋、ダル部屋、マー君部屋に続くのは? プロ野球“本当の出世部屋”はどこだ!?

デイリーニュースオンライン / 2017年01月16日17時05分

プロ野球・2軍選手寮の「伝説の出世部屋」といえば、毎年のルーキーが入寮時に素振りパフォーマンスをするジャイアンツ寮の“松井秀喜部屋”こと「201号室」。間もなく移転となるオリックス・青濤館の“イチロー部屋”こと「406号室」が有名だ。 だが、近年もっとも「出世部屋」としての実績を残しているのが、日本ハム・勇翔寮の「404号室」。ダルビッシュ有(現レンジャ [全文を読む]

【プロ野球】平成の怪物・松坂大輔復活祈願! タイトルを獲得した歴代のベテランたちを振り返る

デイリーニュースオンライン / 2016年12月15日16時05分

■新・怪物伝説の幕を開けろ 最近は選手寿命が伸びたとはいえ、若手・中堅と伍してタイトル争いができるベテランは多くはない。しかし、タイトルを獲っているベテラン選手をあらためて見ていくと、やはり「レジェンド」が顔を揃えていると感じる。 松坂もデビューの頃の圧倒的な成績やWBCでMVP選出など、輝かしい記録を残しているが、このまま尻すぼみで終わっては「平成の怪 [全文を読む]

夢のON対決に史上最大の下剋上!プロ野球・日本シリーズ伝説の瞬間「熱狂!平成編2」

週プレNEWS / 2016年10月28日10時00分

プロ野球・日本シリーズでこの50年に起きた伝説の瞬間をふり返るシリーズ。 時代は昭和から平成へと移り、世の中の価値観も多様化する。球界でも巨人中心から12球団すべてが主役となり熱狂は全国各地へと広がっていった。【熱狂!平成編1】に続く第2弾! * * * 【2000 巨人vsダイエー】 ミレニアムイヤーに球界の2大巨星がついに相まみえた 夢の“ON監督対決 [全文を読む]

フォーカス