子育て 浜松市に関するニュース

子育てママに「育勉(いくべん)」提唱セミナー ママ人材育成プロジェクト『ON-MO(おんも)プロジェクト』を開始

@Press / 2013年07月17日09時30分

ウェブマーケティング支援の株式会社NOKIOO(本社:静岡県浜松市、代表取締役:小川 健三、以下 NOKIOO)は、働きたいと考える子育て中の女性に対し、子育て中に勉強し、再就職への備えを提唱する『ON-MO(おんも)プロジェクト』を開始しました。 『ON-MOプロジェクト』 http://on-mo.jp/ 【提供の背景】 働きたいと考える子育て中の女性 [全文を読む]

静岡の女性議員ネットワーク「なないろの風キャラバン『HOW TO女性議員』女性議員のトリセツ講座」を開催中!

政治山 / 2016年10月11日17時30分

若者と女性で「地方政治」を語ろう!開催! 地方政治は生活、環境、子育てなど日常的なものを扱いますが、議論をする場である地方議会には中高年の男性が多く、若者や女性たちが代表されていません。そこで、2015年1月に、若者となないろの風メンバーとの「地方政治」について公開にて語りあう場を実現させました。若者には、「静岡わかもの党」(*1)から3人に参加していた [全文を読む]

[主婦ネットワークを活用した事業アイデア募集]静岡県内で活動する「ON-MOプロジェクト」が新事業を共創へ

@Press / 2015年11月11日13時00分

株式会社NOKIOO(所在地:静岡県浜松市、代表取締役:小川 健三)は、子育て期女性の社会参画支援プロジェクト「ON-MOプロジェクト」における主婦ネットワークを活用した新たな事業アイデアを広く個人・法人から募集をします。 ▼子育て期女性の社会参画支援プロジェクト「ON-MOプロジェクト」 http://on-mo.jp/ ◆事業アイデア募集の背景 「ON [全文を読む]

官製婚活は必要か?

政治山 / 2017年04月20日17時30分

こうした貧弱な保育状況では、仕事と子育てとの両立は難しく、キャリア志向の女性には、結婚、出産を選びにくい状況だ。 そして、私が官製婚活を危惧している一番の理由は、政策として行政が結婚を推進していくことによって、特定な価値観や人生プランを市民に一方的に押し付けていることになるという点だ。 今回の浜松市の「地域少子化対策強化事業」の中には、高校や大学などに訪問 [全文を読む]

「真壁造りの家」を全国で提案しているサイエンスホームが子育て世代のフリーマガジン『how』を2017年9月創刊

@Press / 2017年09月21日11時00分

「真壁造りの家」を全国で提案している株式会社サイエンスホーム(本社:静岡県浜松市、代表取締役:加納 文弘)が、主に子育て世代の女性に向けてナチュラルな衣食住を提案するオリジナルのライフスタイルマガジン『how』を2017年9月に創刊しました。 『how』は、暮らしを楽しくするファッションや小物の提案、そしてお役立ち情報やおしゃれなレシピなど、子育てしている [全文を読む]

浜松のベンチャー企業に特化したオンライン経済新聞「Hamamatsu Startup News」を浜松発ベンチャーのNOKIOOと共同ローンチ

PR TIMES / 2017年07月17日15時24分

会社名:株式会社 NOKIOO代表取締役:小川 健三事業内容:マーケティング支援・コンサルティング / WEBソリューション / WEBアプリケーション / WEBユーザーテスト / IT経営支援 / 動画ソリューション / 子育て期女性の社会参画支援本社住所:〒435-0016 静岡県浜松市東区和田町919−3活動拠点:〒106-0044 東京都港区東麻 [全文を読む]

子育てママ向け認定資格「育勉インストラクター認定コース」今夏開始に向けWEBサイトリリース【一般社団法人育勉普及協会】

PR TIMES / 2017年03月31日16時20分

一般社団法人育勉普及協会 WEBサイト:http://ikuben.jp/ [画像: https://prtimes.jp/i/25009/1/resize/d25009-1-947911-0.jpg ] 育勉とは子育て中のお母さんが子供を「育」てながら、自らも「勉」強するという考え方です。 運営母体である株式会社NOKIOO(本社:静岡県浜松市、代表者 [全文を読む]

東大卒エリートが「主夫」に、育児にのめりこんだ理由とは

WEB女性自身 / 2017年02月16日06時00分

長男・峻平くん(9)と次男耕平くん(5)の乳児健診から小児科通い、PTAの会合や習い事の送り迎えなど、子育てに関する全般、さらに炊事、買い物などを担当し、研究職の妻・実苗さん(40)がフルタイムで働く。そんな生活をもう10年も続けている。 「夫が長男を見る目は、恋人へのまなざし、そのものです。赤ちゃんのときはもちろん、9歳のいまも。私のことだって、あんな目 [全文を読む]

フュートレック、ヤマハと音声対話システムの共同研究に着手 ~ヤマハが開発した自然応答技術「HEARTalk」を活用~ 機械やロボットが、より自然に応答する音声対話システムの実現を目指す

DreamNews / 2016年05月11日17時30分

こうした課題の解決手段として、家庭等で家事や介護、見守りや子育て等を手伝ったり、人間のコミュニケーション相手になったりする生活サービス分野のロボット(パートナーロボット)の活用に注目が集まりつつあります※。(※総務省「平成27年版情報通信白書」) フュートレックは、当社の音声言語関連技術と『HEARTalk』を組み合わせることで、このような社会問題の解決に [全文を読む]

”3500人の主婦ネットワーク”で始める新事業!? 現在アイディア募集中

HANJO HANJO / 2015年11月11日18時00分

今回、事業アイデアコンテストを行うのは、子育て期女性の社会参画支援プロジェクト「ON-MOプロジェクト」を運営する株式会社NOKIOO(静岡県浜松市)。 30代~40代の主婦を中心としたネットワークを作り、託児付セミナーやイベントの開催しているという「ON-MOプロジェクト」。今回のコンテストでは、同プロジェクトのネットワークを活用した事業アイデアを、個人 [全文を読む]

子育て一段落の女性を運送事業の救世主に!!ママさんドライバー(ママドラ)支援プロジェクトを推進

@Press / 2015年04月08日09時00分

物流業界の慢性的な人手不足の解消と、女性の雇用創出を目指して、エイコー運輸(静岡県浜松市、取締役社長:鳥海祐二)では、子育てが一段落したママさんトラックドライバー(ママドラ)をワークシェアリングにより活用する輸送システムを推進しています。 今、物流業界では、深刻な人材不足の状態にあり、正規の時間帯以外の運輸に応じられる業者をなかなか見つけられないという状況 [全文を読む]

「市民のプライド」ランキング 「愛着」と「誇り」でともにトップは○○市

ZUU online / 2017年07月07日06時50分

「現在お住まいの都市について、友人・知人に勧められますか」という設問に対しても、「全般的によいまちであること」「住むこと」「働くこと」「子育てすること」「多様性があること」など、10項目中9項目で福岡市が第1位となった。一方、福岡市が唯一第1位とならなかった「買い物・遊びなどで訪れること」でトップについたのが札幌市。同市は、残り9項目中8項目で第2位となり [全文を読む]

障がい児者総合支援施設『聖隷ぴゅあセンター磐田』 ★竣工式/内覧会開催★ 2017年4月22日(土) 竣工式10時30分~/ 内覧会(一般開放)14時30分~16時 聖隷ぴゅあセンター磐田施設内

DreamNews / 2017年04月20日12時00分

【施設の趣旨および目的】 児童発達支援センター ・早期療育の実施による療育効果の向上を目指す ・“子ども(保護者)”と“保育園、幼稚園、学校”をつなぐ「かけ橋」となり、子ども中心の連携体制 を整える ・「専門機関」として、子育て施策を後方支援する ・就労支援施設との連携により、将来像をイメージし、課題に向き合い挑戦する力を養う 就労支援センター ・就労支援 [全文を読む]

1時間1980円!ショッピング型家事代行サービス「エニモ」2017年3月10日(金)にβ版リリース

PR TIMES / 2017年03月10日17時15分

【新店キャンペーン】 2017年3月10日(金)から新規開店1時間1500円キャンペーン開催!合同会社ズーモア(本社:山梨県甲斐市、代表社員:輿水優太朗(20))は、仕事に忙しい方や共働き・子育て世帯の方向けのショッピング型家事代行サービス「エニモ」を2017年3月10日(金)に全国の都市部(※1)でリリース致します[画像1: https://prtime [全文を読む]

餃子消費量で日本一を争う宇都宮餃子と浜松餃子の楽しみ方

NEWSポストセブン / 2016年08月15日07時00分

こう話すのは、浜松で子育て中の石原千夏さん。お気に入りのお店の生餃子を持ち寄ってママ友たちと餃子パーティーをよくするそう。子供たちに人気のスープ餃子は、野菜を煮込んだ中華スープに生餃子を入れるだけ。みそをつけたり、スープに入れたり飽きずに食べる工夫をしているんだとか。 浜松の消費量を押し上げているのが、お持ち帰り餃子。スーパーには人気店のチルド餃子が数多 [全文を読む]

地方創生を応援!「離職・現役介護職」による家事代行事業を全国へ展開

@Press / 2015年04月24日12時00分

<企業の「福利厚生」に利用可能> この家事応援サービスを、賃上げが難しい中小企業が介護や子育てなどが負担になっている女性社員や新規人材募集時にも、家事負担軽減の「福利厚生」として活用する事を企業にも提案します。 <「空き家」の有効利用・「移住促進」にも繋がる> これからの「地方創生」で注目される、「空き家」を活用した観光客向けの安価な民泊においても、滞在 [全文を読む]

「地方創生」に取組む行政や建設・不動産・介護業界を応援~全国無料セミナー講師協力中~

@Press / 2015年01月06日12時00分

■「地域創生」応援に取り組む支部会員の動き2014年10月、浜松市支部会員の介護事業者を応援し、介護業界を離職した在宅支援の経験豊かな元介護へルーパー(60~70代)を集め、高齢世帯や子育て世帯を低料金の家事代行で応援する事業を地域の様々な企業と連携して展開。しかも、スタッフは1,500円と言う高額時間報酬で、収入面を応援する事業として新聞にも紹介されまし [全文を読む]

浜松で話題 屋根や壁がグニャリと歪んだ「魔女の館」風建物

NEWSポストセブン / 2014年10月29日16時00分

建物を曲線で構成することを追求すれば、ファンタジーの世界を現実にすることもできるんです」(佐々木氏) オーダーは、仕事や子育てから解放され、時間やお金に余裕ができる50~60代からが多い。 「50歳以上のお客様は細部までこだわる傾向が特に強い。先日も60代男性からの発注で、外壁が丸くてピンク色の離れを作りました。施工前の打ち合わせで、口に出しにくいような希 [全文を読む]

フォーカス