アパート 浜松市に関するニュース

静岡県浜松市の住宅街に突如現れた「魔女の館」が新名所に

アサ芸プラス / 2014年10月30日09時56分

「昨年の1月頃にハロウィングッズのコレクターでもあるオーナーから『魔女をイメージしたアパートを造ってほしい』というオファーをいただいたのが始まりです」 佐々木さんはこれまで絵本や童話に出てくるような、ふんわりと丸みを帯びた店舗や住宅を数多く手がけてきた。ところが、今回ばかりはメルヘンチックな建物とはまったく逆の、不気味さを表現しなければならなかったのが苦 [全文を読む]

元少年A 直撃取材のたびに住居変えられる潜伏生活の秘密

NEWSポストセブン / 2016年02月23日16時00分

医療少年院を出てからも居所を常に把握していた当局も、Aの動きを追いかけるのに苦労するようになったようです」(警察関係者) 前述の週刊文春の記事では、昨年秋以降、神奈川県内のアパートやマンションをAが転々としていたと報じられており、昨年12月から暮らし始めたという東京都内のアパート近くで直撃取材が行なわれた。 そして、「やはりその直後から、暮らしていたアパー [全文を読む]

元少年A 太田出版が準備したアパートを偽装工作に利用か

NEWSポストセブン / 2015年09月19日16時00分

彼は住所の“偽造工作”をしていた疑いがあるのです」 Aは手記発売の直前に都内アパートに引っ越したが、その住まいを用意したのは、『絶歌』の版元である太田出版の岡聡社長だった。 「Aは執筆活動を今後続けるためにも住まいを用意してほしいと岡社長に懇願していたようです。Aの願いを受けて岡社長は都内のあるマンションに一室を用意した。それでAは4年間暮らしていた浜松市 [全文を読む]

例外的措置で本名を変えた元少年A 当時の名前の文字は使わず

NEWSポストセブン / 2015年09月17日07時00分

手記出版以降、Aの近況を追い続けた女性セブンは、2011年から静岡県浜松市に定住し、6畳一間のアパートで手記執筆に臨んでいたこと、今年4月に都内アパートに住居を移したことを突き止めた。 その過程で、現在の彼の本名も把握した。同姓同名者に配慮した上で、Aのイニシャルを公開する。現在の彼の名前はK.M.。医療少年院を退院後に改名したものだ。両親のどちらの姓を [全文を読む]

我が家で、近所の中華屋で…アナタがよく食べる「餃子」は?

NewsCafe / 2013年05月12日15時00分

[女性/40代/会社員]【4位】スーパーなどの惣菜コーナーで売っている餃子(14.4%)■住んでるアパートでフライパン使えないから出来立てを買う。[男性/40代/その他]■OKと言うスーパーのお惣菜に売っている餃子は、おいしいですね!![女性/40代/主婦]■手作りはおいしいけど手間がかかるので、スーパーで買っちゃいます。[女性/50代/主婦] [全文を読む]

日立、ソニーと相次ぐ工場閉鎖に揺れる岐阜・美濃加茂の悲鳴

週プレNEWS / 2012年11月03日13時00分

「ウチでは今でさえ、アパートの7割が空室なんです。3割しかいない契約者もほとんどが外国人。彼らがいなくなったらほとんどのアパートが廃虚になってしまう」 さらにこう続ける。 「現在、入居中の外国人の大半が家賃滞納者。過去、何度も経験があるんですが、移転先を見つければ、家賃を踏み倒して逃げるように転出していく人たちもいるんです。それだけはやめてほしい」 業績 [全文を読む]

ツイッターで知り合った16歳少女を家に泊めて逮捕・・・「善意」でも犯罪なの?

弁護士ドットコムニュース / 2016年07月04日09時51分

ツイッターで知り合った少女(16)を1カ月近く、自宅アパートに寝泊まりさせていたとして、自称プログラマーの30代男性が6月下旬、未成年者誘拐の疑いで警視庁に逮捕された。 報道によると、少女が5月下旬、「家出したがお金がない。寝泊まりさせてほしい」とツイッターに書き込んだ。男性は「家においで」などと誘って、25日間にわたって自宅に連れ込んだという。ただ、少女 [全文を読む]

浜松で話題 屋根や壁がグニャリと歪んだ「魔女の館」風建物

NEWSポストセブン / 2014年10月29日16時00分

絵本に登場する「魔女の館」のようなこの建物は、今年7月、静岡県浜松市に完成した賃貸アパートで、今ではちょっとした観光スポットになりつつある。 「50代のオーナーはハロウィングッズの蒐集家で、その希望を形にしたらこうなりました。建物というのは、住む人も観る人も楽しめて幸せになるものが望ましいと思っています」 笑顔でこう語るのは、設計を手がけた『ぬくもり工房』 [全文を読む]

離婚10年36歳シングルマザーの心得5カ条

WEB女性自身 / 2013年11月16日07時00分

がんばんなきゃと思ったんですよ」 6畳2間の古い木造アパートで、0歳児の双子との新生活が始まった。仕事は時給1100円の事務職で1年限りの派遣社員。朝5時半に起きて、家→保育園→会社を往復した。身を粉にして働いても給料は16万円。シングルマザーの平均的な収入額とほぼ一致する。 そんな爪に火をともすような生活のなかで、コツコツとためた資本金270万円で、会社 [全文を読む]

フォーカス