畠山和洋 糸井嘉男に関するニュース

【プロ野球】死ぬ気で勝つ! 阪神・優勝争いのキーマンは気迫でチームを鼓舞する糸井嘉男だ

デイリーニュースオンライン / 2017年04月09日16時00分

5回表には畠山和洋(ヤクルト)に乱闘を誘発する死球まで与え、不安な状態を残したまま降板した。安定感を欠く要因としては技術的なことより、気持ちの部分が大きいのかもしれない。 ただ、ケガの巧妙ということもある。 藤浪の死球で巻き起こった乱闘騒ぎでは、バレンティン(ヤクルト)に応戦した矢野燿大バッテリーコーチが退場となったが、矢野コーチ、高代延博ヘッドコーチをは [全文を読む]

オールスターゲームのファン投票がスタート!【ノミネート選手一覧】

ベースボールキング / 2017年05月16日10時40分

◆ セ・リーグ【先発投手】九里亜蓮(広島)野村祐輔(広島)ジョンソン(広島)菅野智之(巨人)マイコラス(巨人)田口麗斗(巨人)石田健大(DeNA)井納翔一(DeNA)今永昇太(DeNA)能見篤史(阪神)藤浪晋太郎(阪神)メッセンジャー(阪神)石川雅規(ヤクルト)ブキャナン(ヤクルト)小川泰弘(ヤクルト)吉見一起(中日)大野雄大(中日)バルデス(中日)【中継 [全文を読む]

【プロ野球】過去には最下位→優勝→最下位も。優勝から最下位に急降下 or 最下位から優勝に急上昇した球団は?

デイリーニュースオンライン / 2017年03月10日16時05分

■ヤクルト 2014年:最下位/2015年:優勝 2013年、2014年と2年連続で最下位に低迷していたヤクルトだったが、2015年は山田哲人がトリプルスリー、川端慎吾が最多安打と首位打者、畠山和洋が打点王と打線が覚醒。 また、最多セーブのタイトルを獲得したバーネットが、シーズンの最後までしっかりしていたのも大きかった。ヤクルト生え抜きの真中満監督は就任 [全文を読む]

【プロ野球】これは強そう……。里崎智也、岡本篤志、藤田宗一が本気で選んだ「侍ジャパン仮想ドラフト」がアツい!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月27日17時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■日本代表仮想ドラフトの結果は!? ■里崎JAPAN 1(中)青木宣親(アストロズ) 2(三)菊池涼介(広島) 3(二)山田哲人(ヤクルト) 4(DH)筒香嘉智(DeNA) 5(左)角中勝也(ロッテ) 6(右)鈴木誠也(広島) 7(一)中村晃(ソフトバンク) 8(捕)嶋基宏(楽天) 9(遊 [全文を読む]

【プロ野球】【つば九郎&ドアラ銭闘物語】スターマスコット・つば九郎とドアラの年俸の推移をまとめてみた!

デイリーニュースオンライン / 2016年11月05日17時05分

チームメートの畠山和洋は「でていってもらってOK」とバッサリ。Jリーグ・FC東京が「年俸3万円」を提示するなど、22社以上からオファーが届き、記者を引き連れて連日交渉に向かった。 しかし、盟友・宮本慎也から「記者さんたちも飽きている」「いい加減にしろ」と一喝され、残留交渉のテーブルへ。当初、球団側は「2万8960円」を提示していたが、衣笠球団社長の怒りを悟 [全文を読む]

フォーカス