糸井嘉男 小谷野栄一に関するニュース

【プロ野球】開幕戦→後半開幕戦の各球団スタメン比較・パリーグ編

デイリーニュースオンライン / 2016年08月03日17時05分

■オリックス≪開幕オーダー≫ 1 指 吉田正尚 2 一 小谷野栄一 3 右 糸井嘉男 4 三 モレル 5 中 ボグセビック 6 遊 中島宏之 7 左 T‐岡田 8 捕 伊藤光 9 二 西野真弘 ≪後半戦開幕オーダー≫ 1 二 西野真弘 ○ 2 遊 安達了一 3 指 糸井嘉男 ◎ 4 左 T?岡田 ○ 5 右 ボグセビック ◎ 6 一 モレル ○ 7 三 大 [全文を読む]

駿太がDeNA・梶谷と過ごした10日間で得たもの

ベースボールキング / 2017年05月12日16時00分

糸井嘉男の阪神移籍により、オリックスの福良淳一監督も「駿太は打てれば即(外野の)レギュラー」と昨年の秋季キャンプから公言。ここまで32試合のうち29試合にスタメンで起用されている。 5月11日現在、打率.279は小谷野栄一とT-岡田に続くチーム3位の成績で、パ・リーグ打撃ランキングでも13位にランクイン。2014年は規定未満ながら打率.280、5本塁打と [全文を読む]

【プロ野球】開幕スタメン再確認でみるパ・リーグ6球団のチーム事情

デイリーニュースオンライン / 2016年06月30日17時05分

オリックス・バファローズ 1 指 吉田正尚 2 一 小谷野栄一 3 右 糸井嘉男 4 三 モレル 5 中 ボグセビック 6 遊 中島宏之 7 左 T-岡田 8 捕 伊藤光 9 二 西野真弘 先発 金子千尋 ベテラン、主力、助っ人が誤算続き。そんなチーム事情を象徴するように、現在も主力なのは、糸井、T-岡田、西野のわずか3人。エース・金子の調子も上がらず、 [全文を読む]

【プロ野球】さすが育成のハム!日ハムから他球団に渡った選手たち

デイリーニュースオンライン / 2016年05月20日16時04分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■日本ハムからドラフト指名を受け、後にトレードで移籍した主な現役選手 糸井嘉男(2003年:自由獲得枠) 2013年、木佐貫洋、大引啓次、赤田将吾とのトレードで、八木智哉とともにオリックスへ移籍。今季成績は38試合/打率.278/5本塁打/26打点。 今成亮太(2005年:高校生ドラフト4 [全文を読む]

2015年プロ野球”ワーストナイン”はコイツらだ!「大型補強のオリックスは中島が戦犯の筆頭」

アサ芸プラス / 2015年11月08日17時56分

既存戦力の不調も大誤算で、「昨年、首位打者を獲得、今季から主将に就任し、さらなる活躍が期待された糸井嘉男(34)が開幕から極度の打撃不振に陥りました。7月上旬には、右肘靭帯と右腓骨筋腱板損傷でチームを離れることに。6年連続で継続してきた打率3割以上もとぎれてしまった。8月以降は息を吹き返し、最終的に2割6分台まで打率を上げましたが、前半戦の不振はチームの低 [全文を読む]

プロ野球各球団の開幕ダッシュを阻んだ「大誤算戦犯」は誰?(3)大補強で優勝候補だったオリックスが…

アサ芸プラス / 2015年04月22日05時56分

すでに肉離れで離脱したとはいえ、リードオフマンのヘルマン(37)の出番激減も相手チームに与えるプレッシャーを軽減させてしまいました」(スポーツ紙デスク) さらには、糸井嘉男(33)まで打率1割台の深刻な打撃不振という体たらくだ。「今季から主将という肩書がついて負担になっている面はありますが、不調の原因はメジャー挑戦問題と言われている。オリックスはメジャーに [全文を読む]

フォーカス