内川聖一 糸井嘉男に関するニュース

【プロ野球】下剋上ペナント開幕!?波乱含みのスタート。パ・リーグ上位戦線異常あり!

デイリーニュースオンライン / 2017年04月14日16時05分

■打率 1位:鈴木大地(ロッテ) 打率.464 2位:近藤健介(日本ハム) 打率.429 3位:大谷翔平(日本ハム) 打率.407 ■本塁打 1位:内川聖一(ソフトバンク)4本塁打 1位:ロメロ(オリックス) 4本塁打 3位:ペゲーロ(楽天) 3本塁打 3位:茂木栄五郎(楽天) 3本塁打 ■打点 1位:ロメロ(オリックス)11打点 2位:ペゲーロ(楽天) [全文を読む]

【プロ野球】開幕戦→後半開幕戦の各球団スタメン比較・パリーグ編

デイリーニュースオンライン / 2016年08月03日17時05分

開幕時の“ベストメンバー”は本当にベストだったのだろうか? ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■ソフトバンク ≪開幕オーダー≫ 1 右 福田秀平 2 二 本多雄一 3 中 柳田悠岐 4 指 内川聖一 5 一 明石健志 6 三 松田宣浩 7 左 中村晃 8 遊 今宮健太 9 捕 斐紹 ≪後半戦開幕オーダー≫ 1 右 城所龍磨 [全文を読む]

【プロ野球】球界の七不思議?西武・栗山巧はなぜオールスターに出場できないのか

デイリーニュースオンライン / 2016年06月10日17時05分

この年はソフトバンクに移籍してきた内川聖一のほか、ニューフェイス・中田翔、ブレイクしたT-岡田が上位を締めた。 また4位・糸井嘉男、5位・鉄平、8位・岡田幸文など、話題性や突き抜けるものがないと上位には食い込めない、ということがあらためてわかるファン投票だった。 2012年 ・ファン投票…9位(14万7794票) ・選手間投票…9位(100票) ファン投票 [全文を読む]

【プロ野球】背中で仲間を引っ張る12球団”キャプテン”ランキング

デイリーニュースオンライン / 2016年06月02日16時05分

★★★★:大活躍 筒香嘉智(DeNA) 43試合/打率.295/12本塁打/27打点/0盗塁 内川聖一(ソフトバンク) 48試合/打率.309/7本塁打/36打点/2盗塁 栗山巧(西武) 49試合/打率.316/3本塁打/16打点/0盗塁 主将5年目の栗山、2年目の内川&筒香も目を見張る活躍を見せている。特に筒香はスタートダッシュに失敗したチームを己のバ [全文を読む]

【プロ野球】オランダを6本塁打で粉砕! 劇的な一発で勝負を決めた侍ジャパン「ホームランメモリーズ」

デイリーニュースオンライン / 2017年03月16日16時05分

■「借りは即返す!」のお手本 2009WBCでは、内川聖一(ソフトバンク)が魅せてくれた。 アメリカで行われた第2ラウンドの、これまた韓国戦。1点をリードされて迎えた2回表に、左腕の張洹三(チャン・ウォンサム)から同点のソロ本塁打を見舞った。 「点を取られた直後に取り返す」という理想的な追い上げを見せたことで、日本はその後に3本の安打を並べて逆転に成功。 [全文を読む]

【プロ野球】これは強そう……。里崎智也、岡本篤志、藤田宗一が本気で選んだ「侍ジャパン仮想ドラフト」がアツい!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月27日17時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■日本代表仮想ドラフトの結果は!? ■里崎JAPAN 1(中)青木宣親(アストロズ) 2(三)菊池涼介(広島) 3(二)山田哲人(ヤクルト) 4(DH)筒香嘉智(DeNA) 5(左)角中勝也(ロッテ) 6(右)鈴木誠也(広島) 7(一)中村晃(ソフトバンク) 8(捕)嶋基宏(楽天) 9(遊 [全文を読む]

【プロ野球】左投手がいない!? 選ばれし28名の侍戦士たちの特徴とは? 歴代WBCメンバーと徹底比較!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月06日17時05分

■2017WBC 代表選手・監督・コーチ ■投手 大谷翔平(22=日本ハム)右投左打 増井浩俊(32=日本ハム)右投右打 宮西尚生(31=日本ハム)左投左打 菅野智之(27=巨人)右投右打 秋吉亮(27=ヤクルト)右投右打 牧田和久(32=西武)右投右打 則本昂大(26=楽天)右投左打 松井裕樹(21=楽天)左投左打 千賀滉大(23=ソフトバンク)右投左 [全文を読む]

【プロ野球順位予測】江本孟紀氏「当たる気がしませんわ」

NEWSポストセブン / 2017年01月15日16時00分

2015年にトリプルスリーを記録した柳田悠岐(28)はヤクルトの山田哲人(24)のように2年連続で目を見張るような成績は残せなかったし、内川聖一(34)が4番だと得点力は心許ない。カギは外国人の主砲が獲得できるか。 ボロボロになりながらも2016年シーズン2位の巨人とソフトバンクを優勝という予想にしましたが、とにかく本命はいない。両球団がBクラスに沈む展 [全文を読む]

【プロ野球】新井貴浩(広島)は781点。大谷翔平(日本ハム)は1268点。MVP投票の内訳をチェック!

デイリーニュースオンライン / 2016年12月05日16時05分

■パ・リーグは二刀流で大暴れした大谷翔平が受賞 【パ・リーグ/MVP投票獲得点数】 大谷翔平(日本ハム):1268点 レアード(日本ハム):298点 中田翔(日本ハム):190点 和田毅(ソ):100点 西川遥輝(日本ハム):44点 宮西尚生(日本ハム):41点 石川歩(ロ):31点 増井浩俊(日本ハム):28点 角中勝也(ロ):21点 内川聖一(ソ): [全文を読む]

巨人・大田とのトレードで見せた日ハムのしたたかさ。中田翔FA移籍への布石とは…

週プレNEWS / 2016年11月12日06時00分

実際、野手は主力の内川聖一や松田宣浩も今がピーク。5年先を考えたら欲しい選手だろう。お金はあるんだし(笑)。 C しかし、巨人は原監督が辞めた途端に、秘蔵っ子(東海大相模出身)をバッサリか。この調子だと、菅野智之もいずれはメジャー移籍なんて時が来るかもな。 B ただ、巨人の場合はポスティングを認めていないから、FA取得まで待たなきゃならない。菅野は1年浪人 [全文を読む]

【プロ野球】開幕スタメン再確認でみるパ・リーグ6球団のチーム事情

デイリーニュースオンライン / 2016年06月30日17時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■穴がほとんどない上位2球団 福岡ソフトバンクホークス 1 右 福田秀平 2 二 本多雄一 3 中 柳田悠岐 4 指 内川聖一 5 一 明石健志 6 三 松田宣浩 7 左 中村晃 8 遊 今宮健太 9 捕 斐紹 先発 攝津正 本多、柳田、内川、松田、中村、今宮の「コア6」は健在。ここへ、昨 [全文を読む]

背番号55が復活!「スポーツ王」にゴジラ松井が襲来

Smartザテレビジョン / 2015年06月10日06時00分

ことし正月、オリックス・バファローズ・糸井嘉男選手、北海道日本ハムファイターズ・中田翔選手、福岡ソフトバンクホークス・内川聖一選手ら新生侍JAPANの挑戦を退け、勢いに乗る石橋貴明率いる石橋JAPAN。“リアル野球BAN世界王者”の名をほしいままにしてきたが、そんな石橋についに松井が挑戦者として名乗りを挙げた。松井といえば、石川・星稜高校時代から超高校級ス [全文を読む]

早くも次回WBC優勝はムリ? 小久保ジャパンに立ちはだかる“反サムライ球団”との反目!

週プレNEWS / 2014年08月13日06時00分

小久保監督は、パ・リーグで優勝争いをするソフトバンクから打撃好調の内川聖一、柳田悠岐(ゆうき)あたりを一次選考で招集したいと打診したものの断られたらしい。これ以上の当てつけはないよ(笑)」(パ・リーグ関係者) 今からこんなありさまでは、3年後のWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で優勝するなどムリか……。 WBCの興行にも読売が一枚噛かんでいるため [全文を読む]

捕手は人材難…ノムさんが選出「打倒巨人の現役ベストナイン」

WEB女性自身 / 2013年09月23日07時00分

年々、順調に成長してきていると思う」 【右翼手 内川聖一(ソフトバンク)】「セカンドやショートをやらせてみてもおもしろいと思う。これまで、左の広角打法の打者はけっこういたが、右であれだけ打ち分けられる選手は珍しい。長いプロ野球の歴史を紐解いても、いなかったんじゃない」 【中堅手 糸井嘉男(オリックス)】「手がけてみたかった選手。走・攻・守の三拍子どころか、 [全文を読む]

BIGLOBE「ついっぷるトレンド」速報 2013 WORLD BASEBALL CLASSIC ~ 最もツイートされたのは井端選手 ~

@Press / 2013年03月19日18時45分

【日本戦の日程と対戦結果】 対戦国 結果(日本―対戦国)3月2日 ブラジル 5―33月3日 中国 5―23月6日 キューバ 3―63月8日 台湾 4―33月10日 オランダ 16―43月12日 オランダ 10―63月18日 プエルトリコ 1―31.選手別ツイート数ランキング ツイート数ランキング 件数1 井端弘和(中日ドラゴンズ) 568,9602 鳥谷敬 [全文を読む]

「緊張感ゼロ……」WBC日本代表“侍JAPAN”が広島カープに「0-7」完敗の深刻度

日刊サイゾー / 2013年02月18日11時00分

ここにきて、さまざまな歪みが一気に噴出した感じだ」(現地記者) 一方打者は、その前田から内川聖一(ソフトバンク)、糸井嘉男(オリックス)が連打を放ったものの、終わってみれば3安打の完封負け。試合後のベンチには山本浩二監督の怒号が響いたというが……。 「『許さんぞ!』とカツを入れた、と報道されているが、実際には選手たちの背中に向かって愚痴っていたようなもの。 [全文を読む]

4番稲葉、9番井端、抑えマー君。メジャー組がいなくても侍ジャパンのWBC3連覇が見えた!

週プレNEWS / 2012年11月30日06時00分

1 長野久義(巨人)ライト 2 糸井嘉男(日本ハム)センター 3 内川聖一(ソフトバンク)レフト 4 稲葉篤紀(日本ハム)ファースト 5 阿部慎之助(巨人)DH 6 坂本勇人(巨人)ショート 7 松田宣浩(ソフトバンク)サード 8 嶋 基宏(楽天)キャッチャー 9 井端弘和(中日)セカンド 「1番・長野は山本監督の中で決定的。長打力がある上、初球から積極 [全文を読む]

フォーカス