子ども 寺島しのぶに関するニュース

「幼な子われらに生まれ」に見る“ステップファミリー”のあり方 NPO法人代表らが熱弁

映画.com / 2017年07月27日14時00分

原作者の重松氏のファンでもあるという武田氏は「親の葛藤や子どもの心情が非常にうまく表現されている」と作品を評価し、「離婚=縁切りではなく、子どもに寄り添うような形で、みんなが幸せに暮らす方法を考えるきっかけになるはず」と熱弁。しばはし氏も「1番のしわ寄せを受けるのは子ども。たとえ、離婚や再婚をしても、子どもの気持ちファーストで、親としてできることを考える [全文を読む]

市川海老蔵を支える“姉”寺島しのぶ「寄り添いの約束」

WEB女性自身 / 2017年08月17日11時00分

名古屋の後は大阪へと、子どもを置いて計11日の公演日をこなさなければならない。さぞかし海老蔵は疲弊しているかと思いきや、意外にも穏やかな気持ちで公演に臨めているという。「共演する寺島しのぶさん(44)のお陰」と語るのは、歌舞伎関係者だ。 「海老蔵さんにとって、しのぶさんは小さいときからよく知る親戚のお姉さんといった感じです。子供のころ、しのぶさんの父・尾上 [全文を読む]

白石加代子×柄本明「小劇場で笑った思い出」

文春オンライン / 2017年08月07日11時00分

少年の頃、川島雄三監督にエキストラで使われた!? 関 お二人は子どものころ、どんな遊びをしていらしたのか。白石さんが「鬼ばばごっこ」をなさってたとか。 白石 よくそんなことをご存知で(笑)。単なる鬼ごっこですよ。さらわれたお姫様を救い出す。本当はお姫様をやりたかったけど、私が鬼の役をやってから、鬼ばばごっこって名前がついたんで。 柄本 怖くて笑える話だな [全文を読む]

強制じゃないのになぜ? 歌舞伎界から役者が消えない理由

citrus / 2017年05月29日19時00分

どうして歌舞伎俳優の子どもたちはあんなに小さくても立派に舞台に立ち、25日間の長丁場を全うできるのでしょう。 ■歌舞伎一家は、「一家総出の自営業」に近い?それには、やはり歌舞伎大好きになる土壌があるようです。家族、いや家族ばかりか一族郎党がすべて歌舞伎を中心に生活が動いている中で、自然に「自分も舞台に立ちたい。立派な役者になりたい」という気持ちが備わってく [全文を読む]

吹石一恵ほか「実は二世だった」意外な芸能人ベスト5

日刊大衆 / 2017年01月02日11時00分

今年8月に第一子の妊娠が報告された吹石だが、ママたちからは「子どもが男の子なら球児に、女の子なら芸能界に!」との声が上がった。 第4位は2015年、一児の母になった井上和香(36)。実家は渋谷区にある料亭で、板前の父と元女優の母を持つ。母の故嵯峨京子は大映ニューフェイスでデビューし、おもに時代劇で活躍した。35歳で結婚し引退、以後は夫とともに割烹料理店を営 [全文を読む]

アンジェリーナ・ジョリー 「仕事と子育てを語る」独占インタビュー 『Grazia』3月号 2月7日発売!

PR TIMES / 2013年02月07日11時19分

パートナーであるブラッド・ピットとの間にもうけた実子3人と養子3人、計6人の子どもを育てる母でありながら女優業をこなし、さらにUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)特使としての活動も続けるアンジー。初監督映画の日本公開が今年8月に決まり、監督業という新たなキャリアも築きました。そんな彼女の口からは、「脚本を書くためパソコンに向かったのは、子どもを寝かしつけ [全文を読む]

浅野忠信×寺島しのぶ、渾身のアドリブシーン公開『幼な子われらに生まれ』

CinemaCafe.net / 2017年08月28日14時30分

映像は、当初夫婦だった2人の間に子どもができるも、キャリア志向の友佳は相談もなく勝手に子どもを堕ろしてしまい、それを信が知って揉めてしまうという内容。 実はこのシーン、脚本では2行ほどしかないという渾身のアドリブシーン! 突如喧嘩になるという、いきなりやろうとしたら普通は気持ちが入りづらく、リアルさに欠けてしまうところを、「ベッドルームに友佳のシステム手帳 [全文を読む]

巻頭インタビュー:女優「寺島しのぶ」さんが登場!特集:つながりが花を咲かせる 新しいコミュニティーが生まれる団地へ

PR TIMES / 2017年07月31日11時40分

さらに、福岡市早良区の星の原団地には、高齢者と子ども、若い世代が交流できる場として、2015年に「星の原カフェ」がオープン。大学生など外部からも人がやってきて交流の輪が広がり始め、ここに来れば誰かがいる、団地の安心交流の拠点となっています。パソコンやスマートフォンからご覧いただける「オンライン版」では、巻頭インタビューやその他記事のオリジナル動画など、「W [全文を読む]

大胆過ぎて見ていられない!? 名優同士が“禁断の関係”を演じた作品を覗き見!

dmenu映画 / 2017年06月01日07時00分

寺島しのぶが禁断の愛に目覚める女性を熱演『愛の流刑地』(2007年) 久しくヒット作に恵まれていない作家と、子どもをもつ人妻の愛を描いた作品です。公開時は作家の村尾菊治(豊川悦司)と、相手役の入江冬香(寺島しのぶ)の大胆なラブシーンでも話題になりました。 注目すべきは、敬愛する作家に愛されたことにより己の欲に従順になっていく冬香の姿を見事に表現した寺島の [全文を読む]

「嵐」二宮くんはモテるけど結婚に踏み切れない?恋愛傾向を星占いでチェック【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2016年06月17日10時15分

利口で精力的で自信家、同時に子どもっぽく皮肉屋で気分がコロコロ変わりやすい面もありそうです。彼はその多面的なキャラクターを上手に使い、役柄ごとに巧みに演じ分けているのかもしれません。そんなニノはインタビューで「演じることは好きじゃないけど得意かも」「俺にとって“好きなモノ”はいつでも手に取れたり、思い通りになるもの」と語っています。彼が言う“好きなモノ”と [全文を読む]

寺島しのぶ「自分がどうしてもやりたいということが明確になってきました」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年02月15日17時30分

「私自身、子どもを産んでから余分なことはできなくなった。余分なことなんてないと思ってきたけど、自分がどうしてもやりたいということがより明確になってきた感じですかね。『シェル・コレクター』も万人に受ける作品ではないと思うんですが、インディペンデントな映画って予算がカツカツの中でも大手の映画に負けない何かをつくってやろうって職人気質の人が多い。たぶん私はそう [全文を読む]

木嶋佳苗事件ドラマ化されたら木嶋役は寺島しのぶと佐野眞一

NEWSポストセブン / 2012年06月24日16時00分

所属事務所が絶対に許さないだろうけどね(笑)」 【関連ニュース】木嶋佳苗の被害者 20kg体重減少し「まるで木嶋ダイエットです」木嶋佳苗 高校同級生を「子どもっぽい」と相手にしなかった木嶋佳苗の自作自演に「ゲロ吐きそうになった」と佐野眞一氏木嶋佳苗被告 3つの事件以外にもあった経営者の「不審死」木嶋佳苗支持の声に「病的なナルシシズム崇拝は怖い」と作家 [全文を読む]

浅野忠信、歓喜!『幼な子われらに生まれ』モントリオール審査員特別賞

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年09月05日21時24分

そこに一貫してイノセントな役柄を通しているのが、一番下の子どもであり、大人の世界で何が起ころうとも動じない。故に対比が一層増幅されるかのようである。英語とフランス語を交えたタイトル『DEAR ETRANGER』はモントリオールの日常にフィットしている。」と評価している。(編集部・入倉功一) 映画『幼な子われらに生まれ』はテアトル新宿・シネスイッチ銀座ほか全 [全文を読む]

「幼な子われらに生まれ」、モントリオール映画祭で審査員特別賞!

映画.com / 2017年09月05日15時00分

そこに一貫して無垢(むく)な役柄を通しているのが、1番下の子どもであり、大人の世界で何が起ころうとも動じない。ゆえに対比が一層増幅されるかのようである。英語とフランス語を交えたタイトル『DEAR ETRANGER』はモントリオールの日常にフィットしている」と評している。 三島監督は「モントリオール世界映画祭の審査員特別賞をいただけて、海外の皆さまにも伝わっ [全文を読む]

浅野忠信ら出演『幼な子われらに生まれ』モントリオールで審査員特別賞に!

CinemaCafe.net / 2017年09月05日13時10分

そこに一貫してイノセントな役柄を通しているのが、一番下の子どもであり、大人の世界で何が起ころうとも動じない。ゆえに対比が一層増幅されるかのようである。英語とフランス語を交えたタイトル『DEAR ETRANGER』はモントリオールの日常にフィットしている」と、本作の緻密な構成やキャストたちの熱演などを高く評価。 特に『DEAR ETRANGER』という英語タ [全文を読む]

キレる浅野忠信に“妻”田中麗奈は涙目…「幼な子われらに生まれ」夫婦バトル映像公開

映画.com / 2017年08月16日08時00分

だから、子ども堕ろして別れよう」と自分に言い聞かせるように早口でまくしたて、ため息をついて対話を拒絶する。本作では即興を織り交ぜた演出方法が採用されており、浅野と田中の生々しい演技が見る者をひりつかせる内容となる。 浅野は撮影中、役柄同様に不安定な気持ちを抱えていたというが、三島監督は「全部、結果に結びついていけばいいかなと思っている。完成したときに表情や [全文を読む]

寺島しのぶ、ハーフ息子の歌舞伎デビューで叶えた積年の悲願

アサジョ / 2017年05月14日10時14分

今でこそ女優として大成していますが、学生時代までは、急に『海外にいる』と電話するなど、両親を困らせてきたそうです」(女性誌記者) 女優の太地喜和子の勧めで女優の道に進んだという寺島だが、歌舞伎の舞台に立ちたいという子どもの頃からの夢を息子で叶えたということだろう。「菊五郎は昨年、音羽屋の大名跡『梅幸』を、ゆくゆくは眞秀君に継がせると口を滑らせて、男系が継承 [全文を読む]

息子が歌舞伎デビュー!“梨園の母”を選んだ女優・寺島しのぶの覚悟

アサ芸プラス / 2017年05月11日17時59分

子どもを役者にしたいというしのぶに、母親の富司純子が覚悟を問い質したそうですが、それでもしのぶの決意は変わらなかったそうです」(前出・芸能ライター) 歌舞伎役者になれないという自身の悔しい思いをぶつけるように劇団に入り自身の努力でつかみ取った女優としての地位。それを犠牲にすることもいとわないという決意からは、寺島の息子にかける思いが伝わってくる。(大門はな [全文を読む]

藤原紀香は大丈夫? 不倫や離婚…梨園の妻になって浮いた人、沈んだ人6名!

tocana / 2016年10月20日09時00分

さらに、初お目見得、襲名披露興行など夫や子どもの大舞台においては準備で大わらわとなる。 三田寛子の場合は先日、夫・八代目中村芝翫(橋之助)が不倫騒動を起こしたが、「ここからが彼の男としての見せ所」と腹の据わったコメントを残し、見事に立ち回っていた。元々アイドルで、どちらかというとバラドルとして活躍していた三田は、1991年に結婚して梨園に入った。テレビでは [全文を読む]

映画公開まで2週間弱、“トップスターの顔”沢尻エリカは公の場に現れるか!?

サイゾーウーマン / 2012年07月02日09時20分

表情がとても豊かで、挑発的な目、澄んだ目、子どものような幼い目……。どんなヘアメイクでも自分のスタイルにしてしまうだけでなく、役に入りきる目になるところが一流女優の証だ。「スターの顔」ではない。やはり沢尻エリカは「トップスターの顔」だと、2分弱の予告編で十分感じ取ることができた。 また、この映画での顔は、以前と比べて「眉」もよくなっている。低迷のきっかけと [全文を読む]

フォーカス