記者会見 野々村竜太郎に関するニュース

「仕事早すぎ!」野々村竜太郎氏のMAD作品が早速量産体制へ

秒刊SUNDAY / 2014年07月03日09時33分

政務費不正疑惑で涙の記者会見を行いネットでも「下半期早速凄いやつが来た!」などと小保方晴子さんを凌ぐほど話題となっている兵庫県議員の野々村竜太郎氏ですが、動画系サイトなどでは早速彼の記者会見の動画を利用したおもしろ動画作品(MAD作品)が作成され話題を読んでおります。やはりといいますか、案の定な流れに同サイトでは「仕事早すぎるw」などと作成者を評価しており [全文を読む]

ことしの選挙特番でも“無双”ぶりは健在! 池上彰が'14年のニュースを振り返る!!

Smartザテレビジョン / 2014年12月24日20時16分

記者会見”や、“自然災害”、“衝撃犯罪”というキーワードから、ことしのニュースを過去のものと照らし合わせ、ポイントを分かりやすく解説していく。 「日本の歴史を変えてきた記者会見」というテーマでは、ことし数多くあった日本中がくぎ付けになった記者会見をピックアップ。政務活動費をめぐる兵庫県議・野々村竜太郎議員の号泣会見や、STAP細胞に関する小保方晴子さんら [全文を読む]

納得?意外?2014年「好感を持てた言葉」「嫌悪感を抱いた言葉」ランキング発表!

Woman Insight / 2014年12月08日11時30分

1位の「あぁ~あ」のシーンは、9位の「天地神明に誓って」の記者会見シーンは衝撃的で今でもはっきり思い出されますよね。 1位 号泣県議「あぁ~あ」(598名) ……野々村竜太郎元県議が号泣した記者会見での一コマ 2位 消費増税 (323名) ……消費税が5%から8%に 3位 集団的自衛権 (115名) ……安倍政権/集団的自衛権の行使を認める閣議定決 4位 [全文を読む]

精神科医Dr.林のimpress QuickBooks第二弾! 『虚言癖、嘘つきは病気か』世間を騒がせたあの人も

PR TIMES / 2014年09月01日16時19分

【本文「Case24 野々村竜太郎氏『政務費で1年に195回出張、記者会見で号泣』」より】【目次より】1章 虚言者たち(Case1~24)・美容整形を繰り返し、演技ばかりの私・自分の嘘を本当だと思ってしまう・彼が自分の記憶を書き換えます・森口尚史氏「iPS心筋を移植 初の臨床応用」・佐村河内守氏「全聾の天才作曲家」・野々村竜太郎氏「政務費で1年に195回出 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】矢作や岡村も感心。野々村議員“号泣会見”に見られた笑いを取るテクニック。

TechinsightJapan / 2014年07月05日16時15分

おぎやはぎ・矢作兼やナインティナイン・岡村隆史が感心した、そのテクニックとは? 兵庫県議の野々村竜太郎氏が記者会見で300万円にのぼる政務活動費の不透明な支出を指摘され、取り乱しながら号泣するというシーンがテレビで流れた。それと同時に、スタジオでは番組を進行するキャスターやパネリストらが、笑いを堪えきれず爆笑するという様子も映し出された。 『JUNK おぎ [全文を読む]

号泣議員「野々村竜太郎」のWikipediaが凄いことになっていると話題に

秒刊SUNDAY / 2014年07月02日09時40分

2014年、前年度の政務調査費として約300万円を支出していたことが発覚し、同年7月1日に記者会見を開いた。しかし、会見中に感情的になり、涙ながらに語る異例の記者会見となった。会見では「誰ガデー! ダデニ投票シデモ! オンナジオンナジヤオモデェー!」「ンァッ! ハッハッハッハー! この日本ンフンフンッハアアアアアアアアアアァン! アゥッアゥオゥウアアアアア [全文を読む]

籠池理事長の「面白すぎる」記者会見に熱中するバカになるな

プレジデントオンライン / 2017年03月28日09時15分

---------- (ネットニュース編集者/PRプランナー 中川淳一郎=文) [全文を読む]

「話題のアプリのせいで野々村議員が陽気なお兄さんにしか見えなくなった」ツイートが話題に

ガジェット通信 / 2017年02月02日10時05分

そんな中、とある『Twitter』ユーザーは 話題のアプリのせいで野々村議員が陽気なお兄さんにしか見えなくなった とツイートし、 「この日本ンフンフンッハアアアアアアアアアアァン! ……ウッ……ガエダイ!」 で、2014年の『ガジェット通信ネット流行語大賞』銀賞を受賞した、野々村竜太郎・元兵庫県議会議員の記者会見での写真を笑顔にしたものをアップした。 日 [全文を読む]

公金流用は永田町の常識?―舛添知事疑惑

政治山 / 2016年05月17日11時50分

会見で釈明に追われる舛添知事(THE PAGEがYouTubeに公開している記者会見の動画より) 野々村被告の“号泣”で進んだ領収書添付の義務 地方議員の政務活動費は、国会議員の文通費や立法事務費に相当します。地方自治法では、政務活動費の収支を議長に報告するよう規定しています。この規定により2014年、元兵庫県議の野々村竜太郎被告が政務活動費を詐取したと [全文を読む]

舛添要一都知事、絶体絶命のピンチを「ののたん流」で切り抜けるつもり!?

アサ芸プラス / 2016年05月13日12時00分

「野々村氏といえば、記者会見の大号泣と耳に手を当てるポーズで知られますが、なんと舛添都知事も記者会見でこのポーズを繰り出しているのです。野々村氏は右手で舛添知事は左手という違いはあるのですが、ふたりのポーズは瓜二つ。デジャブを感じて、そのうち舛添知事が号泣し出すんじゃないかと不安になりました(笑)」(週刊誌記者) このポーズはさっそくネットでも話題になり、 [全文を読む]

名誉棄損で告訴連発…小保方、野々村がマスコミ相手に大逆襲!

デイリーニュースオンライン / 2015年08月24日08時00分

しかし、野々村氏の提訴に対しては、 「は?」 「記者会見してそれを報道したら訴えるってなんやねんw」 「不起訴は当然」 などと、呆れムードだ。お騒がせな二人による逆襲劇は、どんな結果になるのか。 (取材・文/春山修司) [全文を読む]

東国原英夫の「失言」が示す、2014年以降のテレビのあり方『ワイドナショー』(12月21日放送)を徹底検証!

日刊サイゾー / 2014年12月25日20時00分

少なくとも2014年のテレビを席巻し、視聴者の欲望を満足させたのは、ドラマやバラエティではなく、彼らのリアルな記者会見の姿であったことは間違いない。 テレビは時代を象徴するものだから、テレビを考えるということはその時代を考えることでもある。では、2014年はどういう時代なのか? 一言で言ってしまうと、「むき出しの時代」ということになるかもしれない。キャラク [全文を読む]

7月は「号泣、流出、中国肉…」 NewsCafeが選ぶ 2014年重大ニュース

NewsCafe / 2014年12月24日13時40分

NewsCafeが選ぶ 2014年重大ニュース、野々村竜太郎県議の"号泣"記者会見はAP通信など通信社の記事は欧米のみならず、中東やアジア諸国にも拡散し、各国メディアも野々村県議の号泣写真を掲載するなど一躍"時の人"となった。◆「婚姻中は夫の子」で初判断最高裁は7月17日、DNA型鑑定で血縁がないことが証明された場合でも法律上の父子関係を父子関係を認める判 [全文を読む]

野々村氏、小保方氏他 2014年記者会見の名言・迷言11を回顧

NEWSポストセブン / 2014年12月21日16時00分

かつてこれほどまでに変な記者会見が連発された年があっただろうか。この中から流行語大賞が選ばれても少しもおかしくないほどの「迷言」が多数飛び出した。手話あり、丸刈りあり、乱闘寸前あり……ある者はひたすら頭を下げ、ある者は開き直る。2014年に印象に残った記者会見と、そこで飛び出した名言・迷言の数々を紹介しよう。■「オゥアゥッウアアアーーーーアン!」「ガエダイ [全文を読む]

野々村竜太郎元議員 あのカルト宗教と似ている「呪術師」な闇素顔(3)悪徳セミナーが心のよりどころだった?

アサ芸プラス / 2014年07月24日09時56分

記者会見の様子と、何も変わっていないなと思いました」 感情をコントロールできない性格から、中学時代には「発作マン」いうニックネームも付けられていた野々村氏だが、多感な思春期を経て、さらにモンスター化に拍車がかかっていく。兵庫県川西市の職員を辞めた直後、“心のよりどころ”に出会ったのだった。 「野々村氏は関西大学法学部卒業後の92年に兵庫県川西市役所の職員に [全文を読む]

「号泣」野々村元県議、ブログでお詫び「政務活動費の総額を一括返納します」

弁護士ドットコムニュース / 2014年07月12日15時25分

政務活動費をめぐって記者会見を開き、「号泣」した野々村竜太郎・元兵庫県議会議員が7月12日、自らのブログに「辞職に伴うお詫び等」と題した記事を掲載した。野々村元県議は「全ての混乱の全責任を取り、議長の辞職勧告を厳粛に受け止め、議員辞職しました」と報告した。野々村元県議は11日に議員辞職したが、ウソの報告で政務活動費を受け取っていた疑いがあるとして、兵庫県議 [全文を読む]

なぜ、野々村議員は号泣したのか? 笑えない驚愕の議員報酬

tocana / 2014年07月08日09時00分

その疑惑を晴らすため、野々村議員は記者会見に臨んだのだが、この会見が芸能界で話題となっている。 野々村議員は会見冒頭で、「暴言や恫喝という形で私が怖いなと感じた時点でこの記者会見は打ち切らせてもらいますので、何卒、平常心をもって質問をしていただけますように」と記者たちをけん制。しっかりと質問に答えるのかと思いきや、「無頓着なので覚えていない」に終始し、耳 [全文を読む]

政務活動費 使用分は1日単位でネット公開すべきと元知事

NEWSポストセブン / 2016年11月05日07時00分

2014年には、兵庫県の野々村竜太郎県議(当時)が政務活動費の不可解な支出を追及され、記者会見で号泣する様子が何度もテレビで報じられたことは記憶に新しい。その後、野々村県議は議員を辞職して政務活動費1834万円を県に返還した。現職議員のあまりに無様な姿に「もはや政務活動費はいらない」との批判が巻き起こった。 あれから2年あまり経った今年7月、野々村元議員 [全文を読む]

舛添都知事、“号泣議員“と同じ「勝手耳」現象? ヒトは不都合なことは聞こえなくなる生き物?

ヘルスプレス / 2016年05月26日17時00分

今回、「第三者の目」なるご都合用語に終始した舛添要一都知事の弁明会見で連想されたのは、伝説的な号泣記者会見で一躍時の人になった野々村竜太郎・元兵庫県議会議員だ。 女性記者の追及が目立った件の会見では、"号泣議員"を連想させるほど舛添氏は耳に手をそえて質問を聞き直す場面が印象的だった。早速、ネット上でも号泣議員と舛添氏のコラージュ画像がアップされてイジラれ [全文を読む]

「お前らなんか1回戦負けしろ」で見えてくる問題だらけの地方議員|プチ鹿島の余計な下世話!

東京ブレイキングニュース / 2016年04月05日18時07分

吉田県議は後日記者会見を開き、次のように主張した。 《バスの運転者か引率者が「許可を取った」と言ったが、吉田県議は「駐車禁止の場所だ」と主張したという。会見では「『そんなことでは1回戦で負けるぞ』と確かに言ったが、球児に向かって言っていない。負けろ、という気持ちはなかった。勝ち負けより、ルールを守ってほしい(との思いだった)」と釈明した。》(朝日新聞・3 [全文を読む]

フォーカス