ネット 集英社に関するニュース

時代を創るクリエイティヴ「2014年 話題になったネットCMは?」エディター座談会編

NeoL / 2015年01月13日04時25分

ネット社会の多角化とともに、年々注目の高まりをみせるネットCM。今回は、ネット社会に精通する業界人の中でもエディターとして活躍する四人が集まり、“今なぜネットCMか?”をテーマに「2014年のネットCM座談会」を開催! 参加メンバーは、ファッション誌、音楽誌、フリー、そしてWEB編集であるNeoL編集長の四名。彼らが語る、2014年のネットCM、そして20 [全文を読む]

EC事業10周年、集英社による「顧客体験」向上の取り組み:同社 取締役 小林 桂氏

DIGIDAY[日本版] / 2016年09月05日11時50分

FLAG SHOPでは、クレジットカードや代引き、ネットバンキングや銀行振り込みなど支払い方法がいくつかあります。新たに、今年2月からauキャリア決済に対応し、5月には、Amazonペイメントと、LINE PAYに対応しました。 決済方法を拡大したのは、お客様に気軽に買い物をしてもらう利便性の向上のためです。しかし、売上構成比ではクレジットカードが約70 [全文を読む]

「週刊少年ジャンプ」のテーマパーク「J-WORLD TOKYO」オープン記念!入場チケットプレゼントキャンペーン開始!

PR TIMES / 2013年07月22日11時31分

(C)バードスタジオ/集英社・東映アニメーション (C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション (C)岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ (C)加藤和恵/集英社・「青の祓魔師」製作委員会・MBS (C)空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・サンライズ・アニプレックス (C)秋本治・アトリエびーだま/集英社・ADK (C)許斐 剛/集 [全文を読む]

『逃げ恥』大ヒットでホリエモン×ひろゆきが考えるテレビの未来 「TBSは“恋ダンス”を広めようとしなかったのかな?」

週プレNEWS / 2017年01月12日06時00分

TBSのドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』がヒットし、「恋ダンス」の動画がネットで話題となり、爆発的に広がった。 『週刊プレイボーイ』の対談コラム「帰ってきた! なんかヘンだよね」で、“ホリエモン”こと堀江貴文氏と元「2ちゃんねる」管理人のひろゆき氏が、『逃げ恥』のヒットからネットとテレビの未来について語る。 * * * ホリ TBSのドラマ『逃げるは恥だが [全文を読む]

ネット右翼に贈る「非国民のススメ」

週プレNEWS / 2012年12月31日12時00分

そして、それとともに勢いを増したのが「ネット右翼(ネトウヨ)」に代表される差別主義的、排外主義的なナショナリズムである。なぜ、われわれはそんなものに誘惑されてしまうのか? 1990年代に日本人自警団と在日外国人との抗争を題材にした作品『BAD FILM』を撮っていた園子温氏、ネット右翼の活動などをテーマに『ネットと愛国』を書いた安田浩一氏、「民族浄化」で知 [全文を読む]

友情・努力・勝利じゃない!? ジャンプが新たに発信するWEBコミックサイト「ふんわりジャンプ」は何がどう“ふんわり”?

週プレNEWS / 2016年06月23日06時00分

なので、紙の雑誌とは全く別に、ネット上で人気になりそうな日常系マンガに絞ったWEBコミックサイトとして立ち上げました。ネットにはまだ読者が気付けていない面白い投稿マンガがたくさんあるはずなので、それを編集部の目で選び、「ふんわりジャンプ」というプラットフォーム上で手軽に無料で読める環境を作っていこうと思っています。 ―では、ネットで人気のWEB投稿漫画家 [全文を読む]

ネットでよく見るエロ・グロ漫画広告が末期症状に!? 「男塾」「キャプ翼」までもグロ漫画風に仕上げてしまう

おたぽる / 2017年01月30日16時00分

ネットサーフィンをしていると、よく見かけるバナー広告。現在、ネット上の一部ではその「マンガのバナー広告」について話題になっているようだ。 おそらくネットユーザーなら誰もが見たことがあると思われるマンガのバナー広告。限られたスペース内で強烈なインパクトを残すためか、作中の過激なコマを使用したバナーが多い。 特にエロ、グロ、ホラー系にバナーを仕立てあげるのが特 [全文を読む]

高級ブランドに学ぶ 安売りせずに売る秘密。集英社『売らずに売る技術』(著:小山田裕哉)、1月25日発売!発売を記念して、代官山蔦屋書店でトークイベント開催決定!

PR TIMES / 2016年01月15日17時14分

モノが売れない、広告も効かない、ネット口コミの悪評はすぐに広がる。値引き競争ではただ消耗していくばかり。ビジネスの環境はどんどん厳しくなっています。しかし、そんな時代に、ソーシャルメディアを駆使して「モノを売らずにモノを売る」ことを実現しているのが世界的にもよく知られたラグジュアリーブランド。本書では、そんなラグジュアリーブランドの販売戦略を最新の事例を多 [全文を読む]

ボイジャー+NPO法人日本独立作家同盟 マンガ家の鈴木みそ、作家エージェントの佐渡島庸平のセルフブランディング実践手法を一冊に!10月9日発売『凡庸な作家のサバイバル戦略──結局どうすりゃ売れるのさ』

DreamNews / 2015年10月02日12時30分

本書は、NPO法人日本独立作家同盟が主催した、鈴木みそ氏(マンガ家)、佐渡島庸平氏(株式会社コルク代表取締役、エージェント)、まつもとあつし氏(ジャーナリスト)というネット&出版の経験が豊富な三氏による講演をまとめたものです。株式会社ボイジャー(本社:東京都渋谷区神宮前、代表取締役:鎌田純子、以下ボイジャー)は、作家のためのセルフブランディング実践手法を解 [全文を読む]

ハイブリッド書店サービス「honto」、2015年映像作品をテーマに、エントリー限定でポイントキャンペーンをスタート!!

PR TIMES / 2015年03月27日12時29分

~話題作、注目作が勢ぞろい!~[画像: http://prtimes.jp/i/11577/51/resize/d11577-51-895071-0.jpg ]株式会社トゥ・ディファクトは、同社が運営するハイブリッド書店サービス「honto(http://honto.jp/)」のhonto電子書籍ストア(http://honto.jp/ebook)とhon [全文を読む]

またコネ入社!? AKB48・横山由依、実の姉が集英社に就職内定

サイゾーウーマン / 2012年09月05日09時00分

AKB48メンバーの兄弟が大手広告代理店にコネ入社するという話題がネットを中心に広がっているが、同グループのあるメンバーの姉が、大手出版社の内定を受けていたことがわかった。 そのメンバーとは、チームK所属の横山由依。2009年の研究生オーディションに合格した横山は、出身である京都と東京を往復してレッスンに参加し続けていた苦労人。しかし翌年のチームK昇格後は [全文を読む]

<激変するメディア地図>そのメディアにお金を払いますか?

メディアゴン / 2017年03月14日07時30分

それはさておき、2年ほど前にトランプは意外と頭がいいと現状を予想するような言説もあり慧眼ぶりを披露しているが、「今後のテレビ局って?」というテーマでの対談(2014年)では、ネット放送へコンテンツを提供している海外のテレビ局を例に、 堀江「昔ってテレビ局が地主でテレビ制作会社という小作人が育てたものを放送することで大儲けできていたんですけど、今はテレビ局が [全文を読む]

ファッション界に新風を巻き起こす大反響ブロガーの「MB流」失敗しない“オシャレ公式”とは?

週プレNEWS / 2017年02月08日15時00分

そんなファッション初心者たちに救いの手を差しのべ、ネットを中心に圧倒的な人気を誇っているのがファッションブロガーのMBさんだ。 男のオシャレを明解な言葉と数字でロジカルに解説し、一点2千円前後の購入しやすいユニクロなどのファストファッションを中心に、丁寧なアイテム紹介や実用的なコーディネートを提案。これまで「センス」「気分」など、感覚的に語られることの多 [全文を読む]

「思ったよりカズレーザーに似てた」『ブラッククローバー』にカズレーザー激似のキャラクターが登場、ネットで話題に!

おたぽる / 2016年11月30日16時00分

ネットでも今回の“カズレーザー”の登場に「ブラッククローバーの敵側にカズレーザーみたいな人がいる」「ブラッククローバーに痩せたカズレーザーいません?」「思ったより45倍ほどカズレーザーに似てた」「敵がカズレーザーに見えて集中できないw」と続々と指摘の声が上がっている。 実は、このキャラ自体は以前から微妙に出ていたのだが、名前も明かされておらず、わかること [全文を読む]

浅田舞、ショートカットで美人度ますます上昇! 温泉シーンにも期待の声続出

メンズサイゾー / 2016年11月23日17時00分

それまで黒髪ロングだった彼女の新スタイルはニュースサイトで伝えられるなどネットでも大きな話題になり、多くのファンから驚きの声が寄せられた。 その浅田が今月16日のTwitterで「また髪切った」と画像付きでコメントすると、改めてファンから「やっぱショートが似合う!」「最高に可愛い」「ますます美人になった」といった絶賛の声が続出。最近ではショートカットという [全文を読む]

モデルでグラドル「“モグラ”の写真集」がブレイク中!

日刊大衆 / 2016年11月21日15時30分

馬場は、2011年に放送された『仮面ライダードライブ』(テレビ朝日系)で、主人公の敵役として出演していたが、雑誌で披露したグラビアが番組ファンに注目され、ネットで大きな話題を集める存在に。12月2日には自身初の写真集『色っぽょ』(集英社)が発売予定で、こちらも期待を集めている。 体の美しさや雰囲気を感じさせる“モデル的”な要素と、セクシーな表情や大人の色香 [全文を読む]

馬場ふみか、胸チラ連発のウェブCM! ぷるぷる震えるバストに絶賛の声

メンズサイゾー / 2016年10月08日17時00分

9月にスタートした同イベントは11月中旬まで行われるが、そのイメージキャラに抜擢された馬場が主演するスペシャル映像が公式サイトやYouTubeで公開されており、これがネット上のファンの心をつかんだようだ。 動画では、"秋マン"こと秋野満(あきの・みちる)に扮した馬場がショートストーリーを展開。基本的にカメラは秋野に恋する男性の目線で、ふたりの淡い青春物語に [全文を読む]

「こち亀」もしかして続き、あるかも?―作者コメント、ネットに全文公開

インターネットコム / 2016年09月05日16時05分

人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)」連載終了の話題にインターネット上でも大きな反響があるなか、集英社のWebサイトは作者の秋本治氏による長文のコメントを公開した。 こち亀は、東京の下町にある派出所を舞台に、破天荒な警察官、両津勘吉とその周辺の個性的な人物が巻き起こす喜劇。時事や世情から、科学技術や工作の話題、いわゆる「オタク」趣味までも網羅し [全文を読む]

今回も何かが起こる!? 7月29日(金)は15回目の「キン肉マンの日」!

週プレNEWS / 2016年07月29日06時00分

こちらは会場での観覧チケットはすでにソールドアウトですが、イベントの模様はネットで生配信予定ですので、気になる方はぜひご観覧を。詳細はこちら http://games.dena.com/jp/news/2266 また、この「キン肉マンの日」を挟んだ7月から2ヵ月連続で最新ジャンプコミックス55巻・56巻を連続刊行。最新56巻は8月4日(木)発売予定です! [全文を読む]

「ズキィン!」とヒソカのあそこが光る…!? フィギュアもすごいけど、バンダイに振り回される原型師のコメントが秀逸すぎる!

おたぽる / 2015年12月20日20時00分

これまでに同社は「HGゴン」「HGビスケ」といった衝撃作を輩出しネットを騒がせてきたが、今回の「HGヒソカ」もまさかの“股間発光仕様”。ファンを歓喜させている。だが、その中でフィギュアのギミック並に注目を集めているのが、公式サイトで公開されている“原型師コメント”だ。 「HGシリーズ」で、初めて原型師のコメントが掲載されたのは、今年6月に発表された『ポケッ [全文を読む]

フォーカス