集英社 週刊ジャンプに関するニュース

週刊ジャンプの人気漫画から生まれた埼玉「いるまんじゅう」が大反響でふるさと納税にも登場?

週プレNEWS / 2015年02月19日06時00分

発行する集英社へ制作を持ちかけたが、当初なかなか受け入れられなかったという。田中龍夫市長の娘さんが作者の松井氏と同級生であったことから、そのルートからもプッシュしたものの話は難航。諦めかけたというが「でも、せっかくなら作ってしまおう」と「いるまのまんじゅう」と名前を変えて作り始めた。 「市民の方々や市内の業者の方に協力を仰いで10ヵ月ほどかかりました。どう [全文を読む]

スマホ小説投稿サイト「E★エブリスタ」発の人気作品最叫&最恐!絶望サバイバルホラー!!!「カラダ探し」がジャンプコミックスより2015年2月4日発売!-「週刊少年ジャンプ」への出張掲載も決定-

PR TIMES / 2015年02月04日11時37分

株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役兼CEO:守安 功)の子会社でスマホ小説投稿サイト「E★エブリスタ」(http://estar.jp)を運営する株式会社エブリスタ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:池上 真之、以下エブリスタ)は、エブリスタ発の人気作品「カラダ探し」のコミック第1巻がジャンプコミックス(集英社)より2015年2月 [全文を読む]

ナルトが無料だってばよ!!

WomanApps / 2014年11月17日10時00分

それを記念してジャンプを刊行している集英社が連載全700話、アニメ220話が無料で閲覧できるスペシャルアプリをリリースしました!集英社太っ腹!!NARUTOといえば日本はもちろん海外でも大人気の漫画ですよね。単行本は全世界30カ国以上で翻訳出版されていて、累計発行部数は2億冊を突破しております。アニメの方は80カ国以上で放映され、主人公のナルトはニューズウ [全文を読む]

「ネタなのかマジなのか……」“自称”ひろゆき登場で、2ch転載禁止騒動が新たな局面へ

日刊サイゾー / 2014年04月08日16時00分

Dr.T ほかにも、女性用TENGAの「iroha」が昨年に引き続き今年も和菓子屋の「倉田屋」とコラボしたり、「週刊少年ジャンプ」(集英社)が「セブンティーン」(同)をパロって「週刊ジャンプティーン」になったり、全部見ていたら一日終わってしまうくらいのネタが各企業からわんさか、4月1日限定でリリースされたんだ。アキちゃんが好きなBL出版社のリブレ出版も、最 [全文を読む]

サブカル系WEBマンガサイト「ぽこぽこ」で異彩を放った『デビルズ・ダンディ・ドッグス』が目指したもの

おたぽる / 2013年12月27日13時00分

「少年週刊ジャンプ」で連載されていた『ホイッスル!』(共に集英社)で樋口大輔さんのアシスタントをしていた時も、「ひげ面乙女」というあだ名を付けられていたくらい、思考は乙女心全開なんです。実際、その前には「COMIC LIVE!」で『Bye Bye Blackbird』(COMIC LIVE! プロジェクト)っていう遠距離恋愛モノを描いていたんですよ。ただ、 [全文を読む]

フォーカス