岡村靖幸 井上陽水に関するニュース

宇多田ヒカル’ソングカバーアルバム’「宇多田ヒカルのうた-13組の音楽家による13の解釈について-」12月9日発売

PR TIMES / 2014年12月03日14時12分

iTunes URL:http://po.st/itutada15th■「宇多田ヒカルのうた -13組の音楽家による13の解釈について-」発売:2014年12月9日(火)品番:TYCT-60055価格:3,000円(税抜)<収録楽曲>1. 井上陽水 「SAKURAドロップス」2. 椎名林檎 「Letters」3. 岡村靖幸 「Automatic」4. 浜崎 [全文を読む]

「宇多田ヒカルのうた」詳細発表、参加アーティストからのコメント公開

dwango.jp news / 2014年12月03日12時00分

椎名林檎3. 岡村靖幸 「Automatic」(1stシングル/1998.12.09リリース)<コメント>名曲にトライ出来て、楽しかったです。気に入ってくれると、いいな。4. 浜崎あゆみ 「Movin’ on without you」(2ndシングル/1999.02.17リリース)<コメント>今回のこのオファーを頂いた際、素直に「ヒカルちゃんの曲を歌ってみ [全文を読む]

宇多田ヒカル15周年記念カバーアルバムに岡村靖幸や吉井和哉ら参加決定

okmusic UP's / 2014年11月11日11時30分

<参加アーティスト 50音順/敬称略>AI 井上陽水 大橋トリオ 岡村靖幸 加藤ミリヤ KIRINJI 椎名林檎 Jimmy Jam & Terry Lewis feat. Peabo Bryson tofubeats with BONNIE PINK ハナレグミ 浜崎あゆみ 吉井和哉 LOVE PSYCHEDELICO ■各アーティストの詳細のプロフィ [全文を読む]

川本真琴の確かな才能を余すところなく詰め込んだデビューアルバム『川本真琴』

okmusic UP's / 2016年11月23日18時00分

そのメロディーセンスは「愛の才能」のコンポーザーでもあり、彼女自身もファンを公言していた岡村靖幸譲りと言ってしまえば簡単だが、決して師匠のエピゴーネンなどではなく、サビが開放的に突き抜けるように聴こえる作りは彼女のオリジナリティーと言っていい。この辺は「愛の才能」と「1/2」とを聴き比べれば分かると思う。同じ恋愛ものでも前者は何かいけないことをしているよう [全文を読む]

浜崎あゆみがカバーした「宇多田ヒカルのうた」がカッコ良すぎると話題

AOLニュース / 2014年12月10日17時30分

井上陽水、椎名林檎、浜崎あゆみ、岡村靖幸らそうそうたる13組の音楽家たちが宇多田の歌をカバーするということで、発表当時から相当話題になっていたが、中でも浜崎あゆみのカバーが凄すぎると評判だ。 浜崎がカバーしたのは、1999年にリリースされたヒット曲「Movin' on without you」。アルバム発売より前に先行視聴していた人たちからも、「浜崎あゆみ [全文を読む]

『宇多田ヒカルのうた-13組の音楽家による13の解釈について-』とTOKYO FMの独占コラボ!気鋭クリエイターによる1点ものトートバックをプレゼント!

PR TIMES / 2014年12月08日10時37分

AI/井上陽水/大橋トリオ/岡村靖幸/加藤ミリヤ/KIRINJI/椎名林檎/Jimmy Jam & Terry Lewis feat. Peabo Bryson/tofubeats with BONNIE PINK/ハナレグミ/浜崎あゆみ/吉井和哉/LOVE PSYCHEDELICOが参加していることで大きな注目を集めています。さらに話題となっているのが、 [全文を読む]

浜崎あゆみ、椎名林檎らが参加する宇多田ヒカルのカバーアルバム“13の解釈“はファンに受け入れられるのか?

メンズサイゾー / 2014年11月12日15時05分

今回、宇多田の楽曲のカバーに挑むのは、椎名林檎(35)、浜崎あゆみ(36)、AI(33)、井上陽水(66)、加藤ミリヤ(26)、岡村靖幸(49)、大橋トリオ(36)、吉井和哉(48)、ハナレグミ(39)、KIRINJI、tofubeats with BONNIE PINK、LOVE PSYCHEDELICO、Jimmy Jam & Terry Lewis [全文を読む]

宇多田ヒカル ソングカバーアルバム、参加アーティスト発表

dwango.jp news / 2014年11月11日03時00分

<参加アーティスト 50音順/敬称略>AI井上陽水大橋トリオ岡村靖幸加藤ミリヤKIRINJI椎名林檎Jimmy Jam & Terry Lewis feat. Peabo Brysontofubeats with BONNIE PINKハナレグミ浜崎あゆみ吉井和哉LOVE PSYCHEDELICO これらの参加アーティストについて、このアルバムの企画者で [全文を読む]

ASKA容疑者、自供で執行猶予が確定的に…業界は早くも「復帰」に注目

メンズサイゾー / 2014年05月28日19時30分

槇原以外にも、長渕剛、岡村靖幸ら薬物事件を起こしながら復帰したケースは音楽界で珍しくない。1970年代には、井上陽水、内田裕也、研ナオコ、錦野旦らが芋づる式に逮捕される事件が起きるも、何事もなかったかのように全員が復帰している。 このクスリに甘い芸能界の体質について、発売中の「週刊ポスト」(小学館)は「芸能界には“麻薬逮捕者の互助会”がある」と報じている。 [全文を読む]

大人世代必見!伝説のJ-POP特集!!ビッグアーティストのミュージックビデオを5夜連続放送!

@Press / 2013年08月16日17時15分

■成熟の大人世代に捧ぐ! 伝説のJ-POPビッグアーティスト名鑑 <放送>8/19(月)~8/23(金)19:00~20:00 他 <8/19(月)のオンエアリスト> ・飾りじゃないのよ 涙は / 井上陽水 ・ワインレッドの心 / 安全地帯 ・地上の星 / 中島みゆき ・明日晴れるかな / 桑田佳祐 ・LuLu!! / 松田聖子 ・All That We [全文を読む]

フォーカス