現在 岡村靖幸に関するニュース

高知東生の更生は不可能?芸能人”薬物事犯”の異常な再犯率

デイリーニュースオンライン / 2016年07月03日08時07分

現在は歌手として活動を再開している。 ■田代まさし(59) タレントの田代まさしは、覚せい剤取締法違反で4度逮捕されている。1991年に初めて覚せい剤を使用したことを著書で告白している。なお、田代は薬物のほかに、銃刀法違反や男性宅の風呂を覗いた容疑でも逮捕歴がある。 ■美川憲一(70) 歌手の美川憲一は、1977年と1984年の2度、大麻取締法違反で逮捕さ [全文を読む]

J☆Dee'Z 世代を超えたリスペクトカバーシングルの秀作

dwango.jp news / 2015年05月21日01時57分

尚、現在J☆Dee'Zはリリース週ということで、毎日、リリース記念イベントを行っているので、このチャンスに是非ともJ☆Dee'Zのパフォーマンスをチェックしてほしい。 [全文を読む]

エピックレコード創立35周年を記念した連続配信リリース第一弾は80年代コンピ!

okmusic UP's / 2014年01月29日20時00分

【その他の画像】佐野元春1978年創立時より現在まで、時代を彩った数々の名曲やヒット曲をリリースしてきたエピックレコードジャパン。1980年代には、佐野元春、ラッツ&スター、大沢誉志幸、TM NETWORK、渡辺美里、岡村靖幸、バービーボーイズなどの時代を先取る音楽を発信。1990年代には、DREAMS COME TRUE、JUDY AND MARY、C [全文を読む]

忽然と消えたJ‐POPの歌姫50人を追跡リサーチ(8)愛内里菜は垣内りか名義で歌手復帰

アサ芸プラス / 2017年05月03日17時58分

現在は2児の母親で、ライブ活動を継続しつつプロデューサー業にも進出。・青山テルマ 代表曲「そばにいるよ」(08年) 祖父がトリニダード・トバゴという珍しい国とのクォーターで注目された。残念ながらCDとしてのシングルは5年ほど出ていないが、10周年記念の配信シングルは2月に発売。・愛内里菜 代表曲「FULL JUMP」(03年) トップテン入りシングルを16 [全文を読む]

松尾スズキが『夫のちんぽが入らない』著者に自身の夫婦生活を吐露「妻は僕が仕事した女優のSNSを監視している」

リテラ / 2017年02月03日12時08分

先月18日の発売日から1週間足らずで部数は6万部を超え、現在でも書店では先日発表されたばかりの芥川賞・直木賞受賞作品(山下澄人『しんせかい』、恩田陸『蜜蜂と遠雷』)に負けずとも劣らないスペースで大きく展開されている。『夫のちんぽが入らない』は、主婦ブロガー・こだま氏による実体験をベースとした自伝的私小説。物語は彼女が大学に入学した年の春、後に夫となる彼と出 [全文を読む]

“入ってはいけない”刑務所の獄中生活とは!?『ヤバい! 刑務所体験 有名人の獄中生活』

日刊サイゾー / 2016年09月16日21時00分

本書で記事を執筆している、元囚人で現在は作家の影野臣直が実際に刑務所内部で見た、「受刑者遵守事項」にオナニーについての記述は認められなかったそう。むしろ「ワシは古希だから、コキまくるんじゃ!」と豪語する老囚や、同じ部屋の全員に向かって「ちょっと失礼します!」と律儀にあいさつしてトイレに駆け込む者もいたとか。 さらに、アメリカ・コロラド州にある最高峰の刑務所 [全文を読む]

北海道・ライジングサンロックフェス第2弾出演者発表

Walkerplus / 2016年04月25日15時45分

さらに、サンボマスター、UNISON SQUARE GARDEN、9mm Parabellum Bulletといった現在のロックシーンの中核を担うバンド勢、パスピエ、Ykiki Beatなど勢いある数々の若手バンドが登場。 また、bird、ペトロールズ、そして北海道出身のモノブライトなど、意外にも実は初出演となる面々も。ここまでで、合計38アクトの出演が [全文を読む]

同世代(50歳前後)男性ミュージシャン大特集!

PR TIMES / 2015年12月22日10時43分

[画像2: http://prtimes.jp/i/930/233/resize/d930-233-783157-3.jpg ] 10月28日にニューアルバム『風の果てまで』をリリースし、現在全国ツアー中の斉藤和義は、同じ栃木県出身で1歳年上の浜崎貴司と対談。浜崎貴司が数年前から行っているゲストと対決形式のアコースティックライブ「GACHI(ガチ)」での [全文を読む]

岡村靖幸と水道橋博士の対談も復活「水道橋博士のメルマ旬報」、50回記念で現在無料ダウンロード実施中!

NeoL / 2014年11月28日20時28分

『水道橋博士のメルマ旬報』 第50回記念号 無料ダウンロード実施中 https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/detail.php?mid=11&cid=332 関連記事のまとめはこちら http://www.neol.jp/culture/ [全文を読む]

中森明夫、水道橋博士との絶交の真相語る「水道橋博士のメルマ旬報」が期間限定無料公開

AOLニュース / 2013年11月11日12時10分

20万字にも及ぶ圧倒的なボリュームと、30人を超える豪華連載陣(現在も博士直々のスカウトのもと、どんどん増殖中)の濃密な熱量で、有料メルマガ界を爆走している。そんな当メルマガの10月25日発行のvol.24が11月7日(木)~11月14日(木)まで、期間限定で無料公開中との情報が届いた。 "大人のコロコロコミック""子どもの文藝春秋"を目指したというこのメ [全文を読む]

東京『WORLD HAPPINESS 2012』第4弾で岡村靖幸、KREVA、Curly Giraffeら計5組

リッスンジャパン / 2012年05月08日12時00分

現在までに計12組のアーティストが発表され、YMO以外は全組が初参加という、いつになくフレッシュな展開となった同イベントだが、出演者は今後も追加される予定。チケットは5月27日に一般発売がスタートする。詳細は公式HP(www.world-happiness.com)に掲載中。【イベント情報】<WORLD HAPPINESS 2012公演概要>日時:2012 [全文を読む]

一青 窈と岡村靖幸が異色コラボ!新曲「Lesson」配信スタート

リッスンジャパン / 2012年01月25日14時00分

デビュー10周年を記念し、現在10ヶ月連続デジタルリリースを行っている一青 窈が、その第2弾として岡村靖幸書き下ろしによる新曲「Lesson」の配信を1月25日よりスタートさせた。一青窈 - アーティスト情報配信第1弾では、中島みゆきの「時代」をカヴァーし話題となった一青 窈。続く新曲「Lesson」は、一青が作詞、岡村靖幸が作曲・アレンジ・プロデュースを [全文を読む]

岡村靖幸、待望の新作『幸福』発売記念!川本真琴、小出祐介(Base Ball Bear)オカモトレイジ(OKAMOTO'S)、福岡晃子(チャットモンチー)ら著名人たちによる11夜連続レビュー企画開催中

PR TIMES / 2016年02月09日14時40分

「靖幸祭」は2月1日にスタートし、現在は第八夜まで公開中。今後も愛情たっぷりのレビューが順次公開予定です。【靖幸祭 参加者】・榊ピアノ(耳マン研究所)・成田大致(夏の魔物)・天照大桃子(バンドじゃないもん!)・澤部渡(スカート)・本間悠子(HMV 立川)・南Q太(漫画家)・古森57YO優(リットーミュージック代表)・オカモトレイジ(OKAMOTO'S)・川 [全文を読む]

脱原発フェス「NO NUKES」に坂本龍一、アジカン、岡村靖幸、斉藤和義ら

リッスンジャパン / 2013年02月06日18時00分

現在イベントオフィシャルサイトでは、2月11日(月・祝) 23:59までチケットの先行予約を受付中。一般発売日については追って発表される。<出演者>※50音順3月9日(土):ASIAN KUNG-FU GENERATION、ACIDMAN、ART-SCHOOL、AFRA、坂本龍一+大友良英+Sachiko-M+ASA-CHANG、THE BEATNIKS( [全文を読む]

Base Ball Bear、7/11全国ツアー最終公演SHIBUYA-AXライブをニコ生完全中継!!

PR TIMES / 2012年07月06日14時15分

Base Ball Bearは現在、全国ツアー「Base Ball Bear TOUR 新呼吸」を敢行中。昨年リリースした4thアルバム『新呼吸』を引っさげての全国ツアーで、7月11日のSHIBUYA-AXライブは、その最終公演となります。ニコニコ生放送にBase Ball Bearが登場するのは、昨年11月にオンエアされた結成10周年記念の25時間耐久特 [全文を読む]

結成38年・チャゲアス解散へ……ASKAのブログに「頑張れCHAGE。負けるな自分」のメッセージ

日刊サイゾー / 2016年11月29日17時00分

今後、ASKAの指示で、それらの曲が第3者の手を経て世に出ることはあるかもしれない」(同) 現在は「今後については時間をかけて考えていくしかありません」と、脱力感をにじませているChage。CHAGE and ASKAがステージでハーモニーを奏でる姿は、もう見られなさそうだ。 [全文を読む]

尾崎豊の息子・尾崎裕哉が語る二世タレントの苦悩、そして人前で父親の歌を歌えるようになった理由

リテラ / 2016年09月02日11時30分

強姦致傷容疑で高畑裕太容疑者が逮捕され、現在、悪い意味で「二世タレント」に注目が集まっている。高畑容疑者の件では、母・高畑淳子の出演しているCMの放送を自粛する企業も現れるなど、本来は何の関係もないはずの親にも影響がおよんでいる。 二世タレントとして世に出るということは「何かをやらかせば家族にも迷惑がおよぶ」ということに関しての自覚と責任を伴うものであるわ [全文を読む]

SMAP解散バブルでジャニーズが打ち出す”次の一手”とは

デイリーニュースオンライン / 2016年08月31日09時05分

某在京スポーツ紙の契約記者を経て、現在は週刊誌等で活躍中。主な著書に『真相!アイドル流出事件簿』(ミリオン出版)、『事務所をクビになった芸能人』(竹書房)、『芸能人のタブー』(宙出版)など。 [全文を読む]

きゃりーぱみゅぱみゅに忍び寄るゲス川谷&覚せい剤の魔の手にファン戦慄!?

おたぽる / 2016年06月15日12時00分

また、岡本は、Hey!Say!JUMPのメンバーである岡本圭人の実の父親ということで、『本人の写真貼れないから、オヤジの貼った?』『まさか、息子と付き合ってる?』と、熱愛を疑うファンも現れ、それを聞きつけたHey!Say!JUMPファンが『お父さんから攻略するつもり?』『圭人くんにちょっかいだしたら許さない!』などと、お怒りモードに」(同) また、岡本が、 [全文を読む]

北海道ライジングサン第3弾出演17組を発表!

Walkerplus / 2016年05月17日14時51分

【北海道ウォーカー】 【出演アーティスト ※5月17日現在】アルカラ、THEイナズマ戦隊 、U A、エマーソン北村 、エレファントカシマシ、岡村靖幸、OKI DUB AINU BAND、Charisma.com 、Caravan 、キュウソネコカミ、9mm Parabellum Bullet、GRAPEVINE 、黒木渚 、THE COLLECTORS、S [全文を読む]

フォーカス