最終回 水戸黄門に関するニュース

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

要は、真矢の恐怖政治は愛情の裏返しで、最終回で全て明かされるという構成。いわゆる「アンチクライマックス」の手法ですね。そして、もう1つの劇薬が、2011年の『家政婦のミタ』。松嶋菜々子演ずる笑わない家政婦・三田灯が主人公。こちらも『女王~』同様、物語の前半は彼女の過激な行動に視聴者は驚かされるが、それも全て意味があり、おかげでバラバラになりかけた家族は絆を [全文を読む]

【時代劇】紅白出場に意欲?『水戸黄門』のうっかり八兵衛役でおなじみの高橋元太郎

しらべぇ / 2014年12月31日18時00分

『大岡越前』は第1~15部と、事実上の最終回スペシャルが制作され、各シリーズに出演したのは、主演の加藤と高橋だけだった(注、榊原伊織役の竹脇は、1回も出演していない部作が存在する)。 ■俳優2作目は『水戸黄門』の「うっかり八兵衛」 画像出典:Amazon http://www.amazon.co.jp/%E3%81%86%E3%81%A3%E3%81%8 [全文を読む]

【時代劇】水戸黄門「風車の弥七」の人生 実は婿養子?モデルは実在した?

しらべぇ / 2014年11月11日20時00分

■第3部の最終回で結婚 初代弥七を振り返ると、水戸光圀の“影のボディーガード”という存在で、強い絆で結ばれていた。第1部の初回で、助さん(佐々木助三郎)格さん(渥美格之進)が光圀に紹介されるまで、弥七の存在すら知らなかったほど。 弥七のトレードマークといえば、あの赤い風車。通信手段、武器、カギ、首つり自殺の阻止など、使い勝手がいい。風車の色を赤にしたのは [全文を読む]

テリー伊藤 対談 雛形あきこ(1) 撮影が過酷でやせました…

アサ芸プラス / 2012年01月04日11時54分

11年からは12月19日放送のスペシャル版で最終回を迎える「水戸黄門」で楓役を熱演した。 テリー 久しぶりにお会いしましたけど、全然太ってないですよね。食生活は何を心がけてるんですか。 雛形 好きなものを食べてます、我慢はあんまりせずに。食べすぎたなと思ったら、すぐ次の日に取り返すぐらいで。 テリー どうやって取り返すんですか。 雛形 野菜中心にしたり、運 [全文を読む]

水戸黄門が今夏、4年ぶりに復活!

Smartザテレビジョン / 2015年02月11日06時00分

'68年8月4日にスタートした「水戸黄門」は、'11年12月19日放送の「水戸黄門最終回スペシャル」で42年間の歴史に幕を下ろし、1227話を放送した。平均視聴率は22.2%、最高視聴率は43.7%('79年2月5日、第9部最終回)を記録した。 物語は次期将軍候補と目される若殿を連れ、老公が助さん格さんと共に甲府へ向かう旅立ちからスタート。道中手ごわい刺 [全文を読む]

10月期ドラマの視聴率まとめ! 「ドクターX」の次に高かったのはあの“胸キュン”ドラマ!?

Smartザテレビジョン / 2014年12月25日22時40分

沢尻エリカ主演のドラマ「ファーストクラス」の最終回が12月24日に放送され、平均視聴率は6.5%だったことが分かった。これで10月期のゴールデン・プライム帯で放送の民放連続ドラマは全て最終回を迎え、視聴率の面ではテレビ朝日系の米倉涼子主演ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」の第3弾が“一人勝ち”となった。(本記事内の数字は全てビデオリサーチ調べ、関東 [全文を読む]

水戸黄門“悪代官の極意”

アサ芸プラス / 2013年02月01日10時00分

以降、市川崑監督が気に入ってくれて、最終回にゲスト主役にしてくれました。 ──市川監督から、悪役の演技指導はありましたか? 「不自然になるから目を剥くな」ということと、「眉間のシワを取れ」と。悪役なので眉間のシワはあったほうがいいかと思いますが、「優しい顔も怖い顔もできる、ギャップがあったほうがいい」と。眉間にテープを貼りシワを取ろうとしましたが、なかなか [全文を読む]

『水戸黄門』武田鉄矢で6年ぶり復活!黄門さまが「バカチンがぁ」?

しらべぇ / 2017年03月14日16時30分

1978年放送の第9部最終回では43.7%の最高視聴率を記録するなど、まさに国民的時代劇だ。武道の達人の家臣・佐々木助三郎(助さん)、渥美格之進(格さん)、忍者・風車の弥七、使用人・うっかり八兵衛、くのいち・かげろうお銀(疾風のお娟)らと日本全国を行脚。悪人の不正を暴き、水戸光圀であると身分を明らかにする際には、「この紋所が目に入らぬか」と徳川家の家紋であ [全文を読む]

壮大の”キレ芸”に拍手喝采?木村拓哉の「A LIFE」第9話は好調14.7%

デイリーニュースオンライン / 2017年03月13日20時06分

最終回に待っている深冬の手術の行方については「失敗するはずないから成功するんだろうなー」としか思えませんが、壮大が今後どうなるのかはめちゃくちゃ気になります。 第9話はいろいろツッコミどころのある回でしたが、時間を割いた割りに意味不明だったのがベルギーの王族を手術した医師に母親を診てもらいたいとこだわる子どものエピソード。そこまで知っているのに医師の名前を [全文を読む]

“最後のとりで”『ドクターX』は失敗しなかった米倉涼子 続編オファーを蹴れない事情

日刊サイゾー / 2016年12月28日13時00分

米倉涼子主演の人気ドラマシリーズ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)第4弾の最終回(第11話)が22日に放送され、22.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)の高視聴率を獲得し、有終の美を飾った。 同ドラマは、初回20.4%と好発進し、第2話では19.7%と大台を割ったものの、以後、24.3%→21.3%→20.4%→21.5%→22 [全文を読む]

山田孝之のすごいプレゼントは、世界にひとつだけのアレ!

Woman Insight / 2016年09月14日18時30分

ステージに移動し、「カウカウファイナンス」のムードメーカーやべさんは、残り2回の放送となったドラマ版ウシジマくんについて「これまでメインストーリーにカウカウメンバーがあまり絡んでいなかったのですが、最終回に向けて、水戸黄門のように活躍します! ドラマもしっかり見て、映画にも足を運んでください!」とPRしました。 6年前、深夜ドラマからスタートした本シリー [全文を読む]

『下町ロケット』は原作から何を足し、何を引いたか……スピード感を得た“21世紀の『水戸黄門』”像

日刊サイゾー / 2015年11月21日13時00分

初回の視聴率こそ16.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったが、右肩上がりで数字を伸ばし、ロケット編の最終回となる第5話では20.2%という高視聴率を記録。これはプライムタイムのドラマとしては2015年度最高の記録であり、第二の『半沢直樹』になるかどうか、期待が集まる。『下町ロケット』に限らず、小説原作をテレビドラマにする際はある程度の脚色が必 [全文を読む]

『半沢直樹』続編は10月から! 佐藤浩市、西田敏行、野村萬斎、真木よう子ら豪華キャストで……

日刊サイゾー / 2014年02月25日11時00分

昨年、最終回視聴率42.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)をはじき出し、低視聴率にあえぐTBSを救った『半沢直樹』の続編は、視聴者のみならず、業界からも注目されていた。 筆者は、3月いっぱいで打ち切りとなった『朝ズバッ!』の後番組の司会に、夏目三久と明治大学の齋藤孝教授が決定したと発表された時点で、続編制作も確定だと確信した。TBSの看板アナで [全文を読む]

半沢直樹“最終回、幻のラストシーン”(1)「頭取、そりゃないぜ」と思ったら意外な出向理由が

アサ芸プラス / 2013年10月03日10時00分

そんな“モヤモヤ”を本誌が一挙に解消してみせましょう! 最終回で今世紀最高のドラマ視聴率を叩き出した「半沢直樹」。しかし、最大の敵への“100倍返し”を果たしたものの、みずからも返り血を浴びる結末に、視聴者からは「どういうことか、説明してもらおうじゃありませんか、TBS!」と怒声が飛び交った。「お望みどおり、本誌が代わりに弁明させていただきます」! 「半沢 [全文を読む]

【アニメレビュー】『このすば』2期フィナーレは声優も作画も気合の総力戦! シリアスと超作画とギャグが並び立つクライマックスに!!

おたぽる / 2017年03月17日22時00分

ついに最終回の第10話「この素晴らしい仲間たちに祝福を!」を迎えたTVアニメ『この素晴らしい世界に祝福を! 2』(TOKYO MXほか、以下、『このすば』)。温泉のある水の都・アルカレンティアに湯治に来たはずだったカズマ(声:福島潤)が、なぜか冒険のクライマックスを迎え「あいつはいままでで一番ヤバイ!」(カズマ談)という“ラスボス”と、文字通り死闘を繰り広 [全文を読む]

前回は日本シリーズ効果で自己最高視聴率! 今週、真価を問われる米倉涼子『ドクターX』は……

日刊サイゾー / 2016年11月03日12時00分

『ドクターX』としては、前回の第3シリーズ(2014年10月期)の第10話(24.8%)、最終回(27.4%)以来の高水準となった。 この日、前番組の『SMBC日本シリーズ 広島対日本ハム 第5戦』が熱戦の末、延長になり、『ドクターX』は50分遅れの放送開始となった。日本シリーズは17.4%の高い視聴率を取り、本来なら『報道ステーション』の放送時間であった [全文を読む]

女装・TOKIO松岡の半端ない仕事人ぶり!『家政夫のミタゾノ』は痛快か胸糞か

messy / 2016年11月01日00時00分

そして2011年には、大胆にもタイトルをパロッた松嶋菜々子(42)主演『家政婦のミタ』(日本テレビ系)が大ヒット! 最終回の平均視聴率が今のテレビ界では奇跡に近い40・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録したことは驚嘆の一言でした。そんな『ミタ』をさらにパロディ化したような『ミタゾノ』は、家政婦モノの主権を我が手に取り戻すべくテレ朝が放った一 [全文を読む]

『ドクターX』泉ピン子投入に賛否! 『相棒』が高畑裕太にあてつけ!? フジ月9が大コケ……秋ドラ初回ランキング

日刊サイゾー / 2016年10月20日00時00分

ちなみに、第3期の最終回は、驚異の平均視聴率27.4%を記録。ピン子の投入は、視聴率を揺るがすか否か、注目です。 2位もテレ朝の『相棒 season15』。ちなみに、今期の15%超えはテレ朝の2作品だけ。こちらはピン子ではなく、2シーズンぶりに仲間由紀恵を復活させています。 初回では、「人を呪い殺した」という女性が警察に自首。女性は、スポーツジムのインスト [全文を読む]

『ドクターX』泉ピン子投入に賛否!『相棒』が高畑裕太にあてつけ!? フジ月9が大コケ……夏ドラ初回ランキング

日刊サイゾー / 2016年10月19日00時00分

ちなみに、第3期の最終回は、驚異の平均視聴率27.4%を記録。ピン子の投入は、視聴率を揺るがすか否か、注目です。 2位もテレ朝の『相棒 season15』。ちなみに、今期の15%超えはテレ朝の2作品だけ。こちらはピン子ではなく、2シーズンぶりに仲間由紀恵を復活させています。 初回では、「人を呪い殺した」という女性が警察に自首。女性は、スポーツジムのインスト [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】華原朋美の恋愛は「オフサイド気味」 親友の澤穂希が懸念する

TechinsightJapan / 2016年05月01日20時20分

片岡愛之助とは時代劇『水戸黄門』第33部最終回2時間スペシャルで共演したことから面識があるようだ。 出典:https://www.instagram.com/tomomikahara (TechinsightJapan編集部 真紀和泉) [全文を読む]

フォーカス