水戸黄門 必殺仕事人に関するニュース

『パチスロAKB48』登場予定・歴代『必殺仕事』シリーズが甦るスペシャルコンテンツ公開で話題! 注目度高まる「京楽」が復活へ向け一直線!?

Business Journal / 2017年05月18日20時00分

しかし系列メーカー「OK!!」の『ぱちんこGANTZ』や、「京楽」の人気シリーズ『水戸黄門』によって注目度が再び上昇している状況だ。その最大の理由は、出玉増加に期待が持てる "小当りラッシュ"を搭載した点である。 現在のユーザーに好まれそうなスペックで、好評を得ている「小当たりラッシュ」が搭載された人気シリーズの最新作。この要素だけでもヒットする可能性は [全文を読む]

<Wコラム>水戸黄門のいない国、あなたは本当に「韓国」を知っている?

Wow!Korea / 2016年08月28日11時50分

■身分を隠した王子様はいない「越後屋おぬしも悪よの」「この印籠が目に入らぬか!」などのフレーズで有名な「水戸黄門」、桜吹雪の「遠山の金さん」、「必殺仕事人」の主水もんど、「暴れん坊将軍」のように日本には身分を隠し最後にその正体を現して悪を懲らしめる映画やドラマが多いですが、韓国にはこのようなパターンの物語はほとんどありません。韓国には「暗行御史(あんこうぎ [全文を読む]

彗星が激突の話も!? 幅広い支持も女子にはイマイチの時代劇

しらべぇ / 2017年06月03日18時30分

(Nisangha/iStock/Thinkstock)6年ぶりに復活する『水戸黄門』や『暴れん坊将軍』『遠山の金さん』『必殺仕事人』など、長年親しまれているシリーズも多い時代劇。ちなみに『暴れん坊将軍』は、ネットでも大きな話題になった第9シリーズ第19話「江戸壊滅の危機!すい星激突の恐怖」・通称「彗星回」ほか、再放送で盛り上がる神回も。また、近年は時代小 [全文を読む]

大岡越前の年収はおよそ2億円! 当時の“江戸観光”、いくらだったら満喫できるか計算してみた!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年04月17日11時30分

水戸黄門』に『遠山の金さん』、『必殺仕事人』。一昔前の時代劇と言えば、チャンバラシーンが多く登場し正義が悪を成敗する物語を思い浮かべた。しかし最近では、放送中の大河ドラマ『花燃ゆ』をはじめ、『たそがれ清兵衛』『武士の一分』『武士の献立』のような人々の絆を描いた“家族”をテーマとするストーリーが目立つ。現代の暮らしにも通じる内容に、「昔の人も同じように感じ [全文を読む]

【ウラ芸能】松岡昌宏、結婚へのカウントダウン

NewsCafe / 2015年01月02日15時00分

『大忠臣蔵』(1994年、TBS系)を皮切りに、今ではNHKとテレ朝の時代劇の常連です」デスク「TBSは『水戸黄門』が終わったし、テレ東も正月だけとは時代劇もすたれたけど、やっぱテレ朝とかNHKは貴重だな」記者「撮影は、やはり京都で、松岡にとっても『京都撮影所は特別な空間』だそうで、ほかの仕事は絶対に入れないで集中するそうです」デスク「へぇ、いいね。ところ [全文を読む]

「子どものころから100回見た作品も」TOKIO松岡の時代劇愛

WEB女性自身 / 2014年12月21日07時00分

誰しも好きなものを語るときは熱くなるものだが、ただでさえ熱い男が語るのだから、それはもう激アツです! ペリー「松岡さんが初めて見られた時代劇はなんでしょう?」 松岡「東野英治郎さんの『水戸黄門』( 69〜 83年・TBS系)かな。よく覚えているのは『白虎隊』( 86年・日本テレビ)。100回は見ています。当時、小学4年生だったけど、セリフ全部言えましたから [全文を読む]

フォーカス