夫人 香川照之に関するニュース

ますます梨園で孤立か? 香川照之「力不足」という言葉で、離婚理由をうやむやに……

日刊サイゾー / 2016年12月18日09時00分

歌舞伎俳優・市川中車としても活動している俳優の香川照之が12日、元キャビンアテンダントの夫人と離婚していたことを、13日付のスポーツ報知が報じた。 離婚が報じられた同日、香川は東京・歌舞伎座で『十二月大歌舞伎』(26日まで)に出演中だったが、終演後、報道陣の取材に対応。「私の力不足。このような結果になりましたことを、深くお詫び申し上げます」と頭を下げた。 [全文を読む]

香川照之 妻の“梨園復帰”にあった半沢流“土下座”懇願

WEB女性自身 / 2014年11月13日08時00分

「知子夫人がお出迎えをしていたのは初日の11月1日ですが、彼女が劇場に姿を現したのは約1年ぶりですね」 香川と團子は’12年6月にそろって歌舞伎デビューしている。「新橋演舞場での2人の襲名披露公演では、知子夫人は1日も欠かさず劇場に現れ、“女将さん修行”に励んでいました。それは’13年10月の團子が出演した国立劇場公演でも同様だったのですが、途中で知子夫人 [全文を読む]

梨園の掟で家庭崩壊?香川照之が”離婚”に至った複雑事情

デイリーニュースオンライン / 2016年12月23日12時05分

今回の報道を受け香川は取材に応じたが、夫人が一般人ということもあり、離婚の内容や詳細に関して言及はしなかった。 20年以上続いた夫婦生活の突然の終止符は、さまざまな憶測をよんでいる。中でも、香川が2012年に市川中車として突然の歌舞伎界デビューをしたことが、夫婦生活にも大きな影響を与えたとされているようだ。 「香川が歌舞伎界に入る前、夫人は専業主婦でした。 [全文を読む]

【ウラ芸能】家庭危機、香川照之に「援軍」

NewsCafe / 2014年07月24日15時00分

でも、夫人の気持ちの根っこには、香川の忙しさだけが問題ではないんです」デスク「何っ?」記者「昨年秋、ある大物歌舞伎関係者がブログで市川染五郎(41)の長男の子役、松本金太郎(9)のことをほめる一方で、『血統が有ってもちゃんと鍛えられなければ只の駄馬(だば)』と名前ざしこそなかったものの、香川と長男の市川團子(10)をやゆするような書き込みをしたんですよ」デ [全文を読む]

香川照之 元CA妻と愛息の狭間で家庭崩壊大ピンチ

WEB女性自身 / 2014年07月10日07時00分

自分のことだけで手いっぱいという状態が続き、自然と芸事以外はすべて知子夫人任せになっていったという。「香川さんも先輩の歌舞伎役者から誘われると断るわけにはいかない。もともとつき合いのいい人なので帰宅しない日もある。梨園への大きな野望を抱く香川さんの意思で、知子夫人も重責を担うことになったわけですから、彼女としては香川さんにストレスをぶつけるしかない。今は不 [全文を読む]

香川照之、今頃「反省の弁」が出た事情

NewsCafe / 2017年02月08日12時00分

いうまでもなく、父親は先代・猿之助の市川猿翁(77)、母親は女優、浜木綿子(81)という血筋…何をとっても自信のある香川にとっては、今回の離婚は大きなつまずきでした」 夫人は歌舞伎俳優の仕事もする香川の面倒をみたくなかった、というのが離婚の主因とされる。 「香川の野望は、息子・団子を将来は一門の澤瀉屋(おもだかや)を支える猿之助の名跡を継がせること。しかし [全文を読む]

猿之助を継がせたい…離婚の香川照之、超多忙生活の裏にあった息子への思い

アサジョ / 2016年12月18日10時15分

俳優の香川照之が、21年間連れ添った元キャビンアテンダントの夫人と離婚した。報道によると、約2年前から代理人を立てて話し合いを続けて成立したようだ。 しかし、1男1女にも恵まれ、仕事も順調。2011年には、自身は九代目・市川中車、息子・政明は團子を襲名して悲願だった歌舞伎の世界に飛び込んだ。香川は襲名の会見で「息子の名前に祖父、父と同じ“政”の字を使ったの [全文を読む]

香川照之が悩む家族問題 妻は梨園妻拒否、父は家を飛び出す

WEB女性自身 / 2015年12月11日06時00分

ストレスがたまってしまった猿翁は、同居していたマンションから飛び出し、中車宅付近のマンションで生活することになりました」もう1つの問題が、妻・知子夫人(45)との関係だ。澤瀉屋関係者が続ける。 「中車と團子がデビューした当初は、毎日のように楽屋とロビーを走り回っていた知子さんですが、昨年の夏ごろから、劇場に姿を現さなくなっていました。原因は、彼女自身が先輩 [全文を読む]

香川照之、梨園入り事後報告で元妻「もう信じられない」

NEWSポストセブン / 2016年12月24日16時00分

羽織袴姿の香川照之(51才)の横に、白い着物に白い帯を結んだ知子夫人が並ぶ。今から4年前、香川が「九代目市川中車」を襲名して初めて臨んだ後援会のパーティーの一幕だ。実はその頃から、夫婦の仲は壊れ始めていた──。 香川が12月14日、離婚を発表した。元CAの知子さんと結婚、1男1女に恵まれたが、21年の結婚生活だった。 「きっかけは、香川さんの『梨園入り』で [全文を読む]

北大路欣也、涙もろくなったワケ

NewsCafe / 2015年01月30日17時00分

「会場には北大路の夫人も来ており、聴衆に紹介するなどプライベートを明かさない北大路としてはずいぶんサービスをしていたそうです」(先のデスク) 過去に父親を老人ホームに入れた、と兄姉間でトラブルになったなどと報じられた北大路だが、自身も老いの心境を得て涙もろくなったか…。 [全文を読む]

半沢直樹「原作とドラマはこんなに違う」(2)原作では夫婦愛は描かれていない

アサ芸プラス / 2013年09月24日10時00分

もちろん、銀行マンを支える夫人たちの演出も巧みでした」 その象徴が大阪篇のラストだろう。原作では半沢の家庭の夫婦愛は描き込まれていないが、ドラマでは上戸彩演じる半沢花が、夜景を前にして義父(笑福亭鶴瓶)が自殺していたことを打ち明けられる。 「ドラマ版の半沢の行動原理には、大和田常務(香川照之)に融資を引き上げられて父が自殺に追い込まれたという恨みがあり、こ [全文を読む]

フォーカス