福山雅治 香川照之に関するニュース

福山龍馬が甦る! 大河ドラマ『龍馬伝』10月放送開始

PR TIMES / 2013年09月26日13時33分

「そして父になる」の公開にあわせ、『龍馬伝』を再放送 ドラマ・エンターテインメントチャンネル「チャンネル銀河」は、10月14日(月・祝)より、福山雅治主演の大河ドラマ『龍馬伝』の放送を開始します。近代日本幕開けの立役者となった坂本龍馬33年の生涯を、龍馬と同時代に生きた経済人、岩崎弥太郎の視点を通して描いた大ヒットドラマ。福山雅治が作り上げた新たなヒーロー [全文を読む]

福山雅治が「BL相手」を公募!「小出恵介のおかげ」と歓喜する女性続出

アサジョ / 2017年06月13日18時15分

6月10日放送の「福山雅治 福のラジオ」(TOKYO FM)でパーソナリティを務める福山雅治が、自身をボーイズラブ(通称BL)設定で登場する脚本を募集したことで大反響が起きている。番組公式ツイッターでも「福山雅治がBL設定で登場する脚本、募集します! セリフありでお願いします! 良いものを頂いたらラジオドラマでやってみようかと思います。俺と香川照之さんとか [全文を読む]

福山雅治 腐女子歓喜!ラジオで語った菅田将暉との仰天BL妄想

WEB女性自身 / 2017年06月12日21時00分

福山雅治(48)が10日放送された「福山雅治 福のラジオ」(TOKYO FM)で BL妄想 を繰り広げたと話題を呼んでいる。 きっかけは「本棚がBLだらけ」と語るリスナーからの「福山さんはBLに触れたことはありますか?」という質問。福山は「ほぼ知らない」と答えつつも、興味津々。「俺だったら誰とBLすればいい?菅田(将暉)くんとか、阪本奨悟くんとか?」などと [全文を読む]

福山雅治 地上波で語った“香川照之とのBL”にお茶の間騒然

WEB女性自身 / 2017年09月08日23時00分

9月7日、フジテレビ系「アウトデラックス」に福山雅治(48)がゲスト出演。自身と香川照之(51)のBL(ボーイズ・ラブ)について語り出したことで、衝撃を受ける視聴者が続出した。 自身のラジオ番組にリスナーから「気がつけば本棚がBLだらけ」という川柳が届いたことがきっかけで、BLに興味を持った福山。世間での需要やマーケットを知りたがったところ、スタッフがBL [全文を読む]

福山雅治のBL挑戦に「おっさんでは萌えない」と腐女子が宣告

アサジョ / 2017年06月14日18時15分

俳優の福山雅治が自身のラジオ番組「福山雅治 福のラジオ」(TOKYO FM)で、男同士の恋愛“ボーイズラブ”について語り、ファンを騒然とさせている。 6月10日放送の同番組で、リスナーからBLについて質問が寄せられると福山は、BLについて知らないと答えつつも興味津々。自分なら誰とBLすればいいのか、どんな設定がいいのかと想像を巡らせた。 具体的に菅田将暉や [全文を読む]

2015年下半期「女性自身」アクセスランキングTOP10、1位は?

WEB女性自身 / 2015年12月30日06時00分

●5位 吹石一恵 芸能活動再開も福山雅治の自宅には一切姿見せず5位は、福山雅治(46)と吹石一恵(33)にまつわる記事。9月の入籍発表は今年いちばんと言ってもいいほど芸能界を沸かせたが、その後、2ショットはおろか、吹石の 新婦姿 すら撮られていないのだ。実際、本誌も2カ月間に及ぶ自宅取材を続けたが、ついに彼女は姿を見せなかった。いったい、どうなっているの! [全文を読む]

西島秀俊、結婚後も人気衰えない理由は? エピソードからにじみ出る人の好さ

リアルサウンド / 2015年11月13日12時37分

人気俳優の結婚がショックで会社を早退するというネタは、福山雅治の「ましゃロス」ですっかり根付いたが、こうした現象(が本当にあるのか否かはおいといて)は、もとはと言えば、西島秀俊の結婚時に盛り上がったものだったと思う。参考:残念なイケメン、TEAM NACSの戸次重幸が体現する40代のリアリティとは しかし、今やそんなショックはすっかり癒えて、西島は結婚前と [全文を読む]

「龍馬伝」感動再び・・・ エンディング曲演奏ギターデュオ“いちむじん”ライブ開催!

PR TIMES / 2013年10月12日11時10分

「龍馬伝」アンコール放送に合わせライブ開催! ドラマ・エンターテインメントチャンネル「チャンネル銀河」は、10月14日(月・祝)より、福山雅治主演の大河ドラマ『龍馬伝』のアンコール放送を開始します。この放送を記念して、『龍馬伝』のエンディング曲を演奏したクラシックギターデュオ“いちむじん”のライブを10月17日(木)19時より、ユナイテッド・シネマ豊洲にて [全文を読む]

堅実な『99.9%』と自由な『ラヴソング』ーー“視聴率のジレンマ”に揺れた春ドラマを総括

リアルサウンド / 2016年06月25日06時00分

もちろん福山雅治をメインに据えて高視聴率を目指していたが、それでも脚本・演出・キャストのすべてが自由な発想のもとに組み立てられていたのは間違いない。 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】大泉洋が“お父さん役が似合う俳優”にランクイン 有吉の振りに陣内が動揺

TechinsightJapan / 2016年06月17日21時00分

■20~40代男女に聞いた お父さん役が似合う俳優 TOP10(カギカッコは選んだ理由) 1位 阿部寛 「かっこよくて包容力があるから」 2位 三浦友和 「日本の穏やかなお父さんっぽいから」 3位 西田敏行 「雰囲気が優しいお父さんそのものだから」 4位 福山雅治 「家族の歌を出しているので」 5位 佐藤浩市 「渋くてかっこいいから」 6位 舘ひろし 「 [全文を読む]

優香と結婚の青木崇高 現場好きで短パン姿で演技見学してた

NEWSポストセブン / 2016年06月17日16時00分

大河ドラマ『龍馬伝』では、自由に生きる人気者の龍馬(福山雅治)を憎む土佐藩幹部の後藤象二郎。目を細め、暗い声で龍馬たちを追い詰める後藤は不気味だったが、撮影所で取材した印象は、まったく違って気さくでまじめな人柄だった。とにかく『龍馬伝』の現場が大好きで、自分のシーンがなくても、スタジオにいてみんなの演技を見学する日々。半ズボンに自転車ですいすい現れるとい [全文を読む]

今期ドラマに明暗クッキリ…フジテレビがことごとく苦戦するワケ

デイリーニュースオンライン / 2016年05月15日09時07分

■フジ苦戦の要因は!? 視聴率が“爆散”しているのは、歌手で俳優の福山雅治(47)が久しぶりのドラマ出演ということで、スタート前からプッシュされていた『ラヴソング』。そしてもう一つが、こちらも連ドラ主演が久しぶりとなる芦田愛菜(11)の『OUR HOUSE』だ。 「『ラヴソング』はストーリーがゆっくりすぎる点や、ドラマで見る福山さんの姿にブランクがあった [全文を読む]

4月ドラマ「こじらせ系」「ドロドロ系」のハマれる一本

WEB女性自身 / 2016年04月11日06時00分

「何も考えずに松本さんに乗っかり、カッコよさや葛藤、戦い方を見れば、スカッとして 月曜から頑張ろう ってなるはず」(木村さん) ■4月11日スタート『ラヴソング』(フジテレビ系・月曜21時)出演/福山雅治、藤原さくらほか。「結婚もして円熟味を増した福山さんの久々の恋愛もの。大抜擢された藤原さくらさんという原石を輝かせる役回りに注目です」(木村さん)「どんな [全文を読む]

<ギャラクシー賞受賞「赤めだか」>二宮和也と北野武らによる落語家青春グラフィティ

メディアゴン / 2016年02月27日07時30分

しんみりさせるシーンでは、たけしの「嘲笑」、「スローバラード」、「浅草キッド」(福山雅治カヴァー)。希望が見えてきた場面では、「デイドリーム・ビリーヴァー」、「Ya Ya あの時代を忘れない」などなど-。80年代、90年代の青春にいつも流れていた音楽ばかり。この音楽に乗せた演出が冴えわたっていた。タカハタ自身の選曲だろうか。演出とぴったり合っていた。キャス [全文を読む]

イム・ジュファン、除隊後初のファンミーティング開催!「2014 New Year Special Show、帰ってきたぞ!」

スポーツソウルメディアジャパン / 2014年02月04日14時47分

福山雅治さん、香川照之さん、そして、田中 泯さんのファンです」とドラマのタイトルや、俳優の名を次々と揚げ、日本ドラマに対する造詣の深さに、会場からは驚きの声が上がった。また、『タムナ~Love the Island』の名台詞を覚えているか、スクリーンを見ながらアフレコするコーナーでは、一言も違わず見事台詞を再現。笑顔でピースサインをしてみ本来であれば、台詞 [全文を読む]

フォーカス