織田裕二 香川照之に関するニュース

え?あの刑事ってそんなに偉かったの!?日本ドラマの刑事たちを階級で比べてみた!

日本タレント名鑑 / 2017年06月14日07時30分

警部補クラス 古畑任三郎【田村正和】(古畑任三郎) 青島俊作【織田裕二】(踊る大捜査線) 神戸尊【及川光博】(相棒) 陣川公平【原田龍二】(相棒) 山村精一【露口茂】(太陽に吠えろ!) 佐藤美和子(名探偵コナン) 平井真琴【斉藤由貴】(警視庁捜査一課長) 山田春彦【岡田将生】(小さな巨人) 小宮山志保【羽田美智子】(警視庁捜査一課9係) 村瀬健吾【津田寛 [全文を読む]

第21回「刑事ドラマの歴史」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年06月09日18時00分

かつて『踊る大捜査線』で織田裕二扮する青島刑事は、「事件は会議室で起きてるんじゃない。現場で起きてるんだ!」の名セリフを吐いたけど、それは誤りだ。正しくはこう。 「事件は警視庁捜査一課で起きてるんだ!」 それにしても――なぜ警視庁捜査一課ばかりに刑事ドラマが集中するのだろう。ひと昔前の刑事ドラマは、もっと多様性があった気がする。「所轄」が舞台の人情劇もあれ [全文を読む]

香川照之のボクシング中継への賛否両論がツイッターを席巻!!

tocana / 2014年05月09日15時00分

かつ、世界陸上の解説を務める織田裕二やサッカー解説に登場するタレントたちとも違う冷静さ、そして、言葉のセレクトや語彙も豊富。 チャンピオンの老獪なガードに対し、「(井岡は)この方程式を解かないといけないですね」と表現し、アナウンサーに「それは?」と聞かれれば、「簡単な数式だと思うんです。それを見つけられるかです」と返す。 そこで、元チャンピオンである内藤大 [全文を読む]

星野源など「恐竜系」イケメンが今、注目!!

日刊大衆 / 2016年12月23日23時00分

その他にも、織田裕二(49)や藤原竜也(34)、椎名桔平(52)など、実力派イケメン俳優に多く見られる恐竜顔。ワイルドな色気がたまりませんね! [全文を読む]

池井戸ドラマで、犯人探し。ミステリー作家としての才能に触れよ

ダ・ヴィンチニュース / 2014年10月17日05時50分

関連情報を含む記事はこちら 10月クールにて織田裕二主演で、池井戸作品『株価暴落』が連続ドラマ化される。今回対決するのは、企業への融資を決める「審査部」と「企画部」の両エース。制作は『空飛ぶタイヤ』(2009年)『下町ロケット』(2011年)と、池井戸作品にいちはやく目を付けたWOWOW組だから安心できる。10年前に単行本が刊行された本作は、「ストレスと [全文を読む]

香川照之、ボクシング中継の新境地切り開く?豊富な知識と語彙のインテリ解説でアナを凌駕

Business Journal / 2013年08月26日16時00分

ただし、興奮して奇声を発する松岡修造や、一夜漬けの知識を披露する織田裕二とは異なり、言葉のセレクトや語彙の豊かさがインテリである。たぶん、アドレナリンで声が大きくなるタイプではなく、しゃべりのスピードが上がるタイプ。といっても、知識をひけらかす嫌味な感じではなく、「ああ、この人本当にボクシング好きなんだなぁ」とほのぼのする印象。 [全文を読む]

フォーカス