震災 熊本城に関するニュース

熊本地震から1年、熊本城修復に取り組む27歳女性の決意

WEB女性自身 / 2017年04月16日06時00分

震災直後は市民の生活再建が最優先。城の復旧は、どうしても後回しになると思っていました。しかし、地震の数日後には、市民の方々から『早く城を修復してください』、『城の復旧支援金の口座を作ってほしい』という声が上がったのです。お城が本当に熊本市民に愛されていることを感じました」 そんな木下さんが復旧作業のため熊本城に入ったのは、震災から1週間後のこと。 「4 [全文を読む]

創刊号を約30万部売り上げた人気シリーズ、大ヒットにつき再刊行!週刊『日本の城 改訂版』2017年1月5日(木)創刊/全121号 完結

PR TIMES / 2016年12月06日17時01分

2016年4月に熊本県内で発生した大地震により、今尚深く残る震災の爪痕。本企画では、2016年4月現在の熊本城の写真を掲載、城内の被災状況を紹介します。また、熊本城の復興支援を目的に、創刊号定価のうち100円、第2号以降の収益金の一部を熊本城の修復に役立てます。 [全文を読む]

VR 熊本地震 震災からの1年

PR TIMES / 2017年04月16日13時38分

~復興に向けそれぞれの活動に取り組む人たちを追った360度VR動画ドキュメンタリー~株式会社360Channelは、360度VR動画専用配信サービス「360Channel(サンロクマルチャンネル)(https://www.360ch.tv/)」にて、震災発生から1年となる熊本をテーマにしたVR動画を2017年4月16日(日)より配信開始いたします。1年前、 [全文を読む]

熊本震災からもうすぐ1年、ブッキング・ドットコムも熊本の復興を応援

ITライフハック / 2017年04月11日10時00分

オンライン宿泊予約サイト Booking.com (ブッキング・ドットコム)の日本法人 ブッキング・ドットコム・ジャパンは、熊本震災から1年に際し、復興応援の一環として、熊本県内に多く点在する各パワースポットを紹介。また、ブッキング・ドットコムが各パワースポットの訪問に便がよく、レビュースコアの高い宿泊施設を厳選して発表した。■熊本のパワースポット①押戸石 [全文を読む]

『スッキリ』阿部祐二レポーターの娘 ミスユニ代表・桃子さんの才色兼備ぶりがすごい

しらべぇ / 2017年07月05日17時30分

【熊本城復興支援】 ファイナリストお披露目会の際に募りました寄付金を、熊本市長にお届けに、熊本県にお伺いしました???? 震災からまもなく1年が経とうとしている現在、実際に熊本に訪れ、ブルーシートがかかっている家や、瓦礫が集められている場所を目の当たりにしました。 復興はまだまだ始まったばかりでした。 また、被害にあわれた方々にお話をお伺いする機会をいた [全文を読む]

故郷、熊本の支援を模索しながら感じたこと[小山薫堂の妄想浪費 Vol.12]

Forbes JAPAN / 2016年07月03日13時00分

東日本大震災が起きてまもなく、僕は渡辺謙さんと写真家のハービー・山口さんとともに、女川まで支援物資を持っていった。ハービーさんは避難所に着くなり、そこにいたおばあちゃんに写真を撮らせてもらえないかと声をかけた。僕は正直こんな悲しい顔をした人を撮るのは申し訳ないんじゃないかと思っていたし、おばあちゃんも最初は「笑えないからやめて」という反応だった。でもハービ [全文を読む]

春の熊本城天守閣をデザイン--サッポロ生ビール黒ラベル「熊本城復興応援缶」、1本あたり10円を寄付

えん食べ / 2017年03月10日17時00分

パッケージは震災以前の春の熊本城天守閣をイメージしたデザインとなっている。 アルコール分5%。350ml缶入り、価格はオープン。数量限定。売り上げ1本あたり10円が、熊本城復旧のために熊本市へ寄付されるそうだ。 [全文を読む]

熊本から元気を! 熊本の今を映したWEB動画が公開

Smartザテレビジョン / 2016年10月16日19時40分

震災以降、国内外からの励ましの声や支援を糧に、少しずつ復興へと歩んできた熊本県。本動画では、元気を取り戻しつつある県民の姿を映すと共に、今も震災の傷跡が残る被災地でロケが行われた。 櫓(やぐら)や門などが国の重要文化財にも指定されている熊本城をはじめ、阿蘇神社、水前寺公園など、県内全20カ所で撮影された映像には、「風評被害を払拭(ふっしょく)しつつも、震 [全文を読む]

熊本地震報道で大多数の中国人が受け取った“価値のあるメッセージ”とは?

週プレNEWS / 2016年04月28日22時00分

李氏が見た被災地の実情、そして今回の震災で見えてきた地震大国・日本の新たな課題とは? *** ─2011年の東日本大震災に続いて、李さんは今回の熊本地震でも被災の現場を取材されました。避難所の状況、救援活動の実状はどうでしたか? 李 4月16日午前1時25分にいわゆる「本震」が起きた直後、香港の本社に連絡を取って現地取材に行くことを決めました。取材チーム [全文を読む]

熊本地震から1年復興願う被災地の桜

NEWSポストセブン / 2017年04月16日07時00分

2016年4月14日の震災から1年経った今も、手つかずのまま撤去されない瓦礫や大幅な交通規制、仮設住宅住まいなど震災による影響をいたるところで目撃する。一方で、主要道路だった阿蘇大橋が崩落した南阿蘇村では、俵山トンネルルートが開通するなど復興への兆しも見え、熊本城や阿蘇神社では観光客の姿も増えているという。 もう1年か、まだ1年か――本当の意味での春の訪 [全文を読む]

行定勲監督&高良健吾『うつくしいひと』続編の意義を語る「熊本を忘れないで」

Movie Walker / 2016年10月27日18時54分

震災前の熊本を捉えた映画『うつくしいひと』のQ&Aセッションが10月27日に第29回東京国際映画祭を開催中のTOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、行定勲監督、姜尚中、米村亮太朗、橋本愛、高良健吾、くまモンが登壇。続編の製作も決定した本作について、高良が「震災が起きた後の熊本を残さなければいけない」と力強くその意義を語った。 本作は、熊本にロケハンに訪れた映 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】ピコ太郎に熊本市長も癒される「震災以来なかなか笑うことがなかった…」

TechinsightJapan / 2016年10月19日11時50分

ピコ太郎の『PPAP』(ペンパイナッポーアッポーペン)が海を越えて大人気となるなか、震災復興に尽力する熊本市長もその動画に癒されていた。ツイッターで「あの動画には中毒性がありますね」とつぶやいており、繰り返し見ては楽しんでいるようだ。 熊本地震から半年が過ぎた10月17日、『熊本市長 大西一史(K_Onishi)ツイッター』にて「熊本はこれから復興に向かっ [全文を読む]

ゴルフパートナーがゴルフで熊本城を復興!?B級グルメ屋台、ボディーケアでリフレッシュ&チャリティー!

PR TIMES / 2016年08月04日16時12分

1.震災をきっかけにゴルフを止めてしまう地域ゴルファーに歯止めをかける(中長期的経済)2.県外でのプレーではなく地域活性化の為にも熊本でのプレーをして頂く(地産地消)3.クラブの無償貸出を実施し、プレーが出来る環境を提供する(機会損失防止)4.チャリティーに参加することで復興活動に参加できるだけでなく、B級グルメやボディーケアで心身ともにリフレッシュできる [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】石川さゆり“熊本市復興元年特命大使”に就任 修復中の熊本城を訪れる

TechinsightJapan / 2017年08月21日12時13分

『石川さゆりオフィシャルウェブサイト』によると、その際に大西市長から「震災以降、熊本市だけでなく、県内至る所で風評被害も多々出ていた」との趣旨を聞き「風光明媚、美味しい食もあり、歴史的にも重要なこの熊本を、全国の皆さんにお伝えし、お越し頂きたい」との思いを強くしたという。 “熊本市復興元年特命大使”に就任した石川さゆりは早速、熊本市のポスター撮影のため熊本 [全文を読む]

<中国人観光客が見た日本>日本は傷だらけの子ども、それでもたくましく生きている

Record China / 2017年07月26日19時30分

<熊本に残る震災の傷跡> 熊本市は小さな街だ。かわいらしい黒いクマが県のPRマスコットキャラクターになっている。漢装に着替えて、水前寺の成趣園を歩いた。清水をすくって飲んでみると、とても甘い。昔から伝わる井戸だ。昔の人々が飲んだ井戸の水を、自分も今飲んでいる。同じ味だったのだろうか。 熊本城は地震で被害が出た。木は倒れ、城の石垣も崩れた。移動中、景色を見 [全文を読む]

名城の蘇ることを願って 熊本復興祈念展「熊本城と加藤清正・細川家ゆかりの品々」

Digital PR Platform / 2017年04月06日11時25分

震災によって、かつて難攻不落といわれた熊本のシンボル「熊本城」は大きく傷つき、多くの文化財にも甚大な被害を受けました。 本展は熊本県・熊本市をはじめ復興を応援する関係団体からの協力を得て開催、名城熊本城の歴史や文化、そしてその勇壮な姿をご覧いただきます。 特に、熊本城を築いた加藤家や後の城主細川家に焦点をあて、甲冑や絵図・書状など貴重な資料を展示。また、西 [全文を読む]

震災からの再生、魅力あるまちづくりに協働して取り組みます~熊本市とイオン株式会社の「地域包括連携協定」締結について~

PR TIMES / 2017年03月28日10時19分

このたび発行する「熊本復興WAON」を全国約28万6,000箇所のWAON加盟店でご利用いただくと、そのお支払い金額の一部をイオンが熊本に寄付し、震災からの復興のためにお役立ていただきます。本協定を機に、熊本市とイオンはこれまで以上に連携し、地域の活性化や市民の皆さまへの新しいサービスの創出に取り組んでまいります。【「地域包括連携協定」の概要】(1)地域防 [全文を読む]

サッポロ生ビール黒ラベル「熊本城復興応援缶」発売!

PR TIMES / 2017年03月08日12時35分

当社は、震災後1年にあたり「熊本城を1日でも早く復旧させることが熊本県民の皆様の心の復興につながるはず」と考え、熊本市とタイアップしこの商品の発売を決定しました。 また、商品の発売にあわせて、当社ホームページ内に復旧復興への願いを込めた同商品のスペシャルコンテンツを立ち上げます。(http://www.sapporobeer.jp/area/kyusyu [全文を読む]

ジブリ鈴木敏夫プロデューサーがラベル文字を書いた日本酒「熊本城」--酒が導いた“縁”の軌跡

えん食べ / 2016年12月11日19時30分

瑞鷹とジブリの出会いは、震災から約2か月後に訪れます。6月初旬、都内某所。日本酒ファンを集めた瑞鷹を応援する会が開催されました。この会に偶然、ジブリのスタッフが参加。運命の「酒縁」がつながります。「復興のために一緒にできることはないだろうか」。熊本への思いを胸に、まっさらな状態から動き出しました。話し合いを重ね、当時準備中だった展覧会のテーマが「建造物」だ [全文を読む]

乃木坂46衛藤美彩ら九州出身有名人が地元を応援!

Smartザテレビジョン / 2016年11月28日11時41分

また、ことし4月の震災で崩壊した熊本城がバーチャルリアリティー(VR)で復活。映像には細かいところまで特別な“こだわり”があり、よりリアルな映像に恵と東国原英夫(宮崎出身)は大興奮。スザンヌは「私たちにとって熊本城はシンボル」と特別な思いを語る。 そして、ブログを使って九州の魅力を発信するプロジェクトでは、タイから訪れたパンケーキが180万人のフォロワー [全文を読む]

フォーカス