染谷将太 吹石一恵に関するニュース

「凜恋」「ママバター」映画『永遠の0』タイアップ記念 ポイントアップキャンペーン!

PR TIMES / 2014年01月24日10時46分

出演者には、主人公のゼロ戦パイロット・宮部久蔵=岡田准一をはじめ、現代から宮部の謎に迫る青年・佐伯健太郎=三浦春馬、宮部の妻・松乃=井上真央ほか、濱田岳、新井浩文、染谷将太、三浦貴大、上田竜也(KAT-TUN)、吹石一恵、田中泯、山本學、風吹ジュン、平幹二朗、橋爪功、夏八木勲といった実力派かつ個性的な俳優陣が集結。 主題歌は、この夏ついに復活を遂げたサザ [全文を読む]

衝撃婚にファンも悲鳴!?2015年の芸能界結婚年表を振り返る

日本タレント名鑑 / 2016年01月19日11時55分

1月~3月1月1日:東出昌大さん & 杏さん/染谷将太さん & 菊地凛子さん 3月29日:長野久義選手(巨人軍) & 下平さやかアナ 元日からの結婚報道。新年早々の大物カップルは28歳(当時)の杏さんと26歳(当時)の東出さん、22歳(当時)の染谷さんと33歳(当時)の菊地さんという姉さん女房カップルでした。東出さんや染谷さんは、まだ高校生役などを演じる [全文を読む]

若い人は意外と知らない!?実は元夫婦だった芸能人ビッグカップル!【パート1】

日本タレント名鑑 / 2015年11月21日09時55分

2014年から2015年にかけては、向井理さん×国仲涼子さん、染谷将太さん×菊地凛子さん、東出昌大さん×杏さん、山本耕史さん×堀北真希さん、そして福山雅治さん×吹石一恵さんと数えきれないほどのビッグカップルが生まれました。 しかし、以前の芸能人同士のカップルと言えば、「離婚するのが当然」なんてイメージをお持ちだった方も少なくないのではないでしょうか? 自由 [全文を読む]

庄司×ミキティは3位!子どもが芸能界入りしそうな有名人夫婦ランキング、1位はアノ夫婦!

Woman Insight / 2015年11月19日19時30分

みなさんは、次にどの女性芸能人が電撃結婚すると思いますか? そして今年は、向井理さんと国仲涼子さん、菊地凛子さんと染谷将太さんといった有名人同士のビッグカップルの結婚に驚いた人も多いのではないでしょうか。しかし一方で「え…あの2人が元夫婦だったの?」と、忘れられている元有名人カップルも。そこで今回は、意外と忘れられている元夫婦だった有名人について探ってみま [全文を読む]

2015年の芸能界は結婚ラッシュ! 世の独身男性が“結婚”を意識し始めたきっかけとは……

Entame Plex / 2015年11月07日17時37分

2015年の芸能界は、元日婚の東出昌大&杏や染谷将太&菊地凛子をはじめ、堀北真希&山本耕史、福山雅治&吹石一恵、TOKIOの国分太一、千原ジュニアらビッグネームの入籍が相次ぎ結婚ラッシュと言われメディアを賑わせていますが、独身男性が結婚を意識し始めたきっかけが何なのか、世の独身女性にとっては気になるところ。 そこで、Facebookを利用した恋愛婚活マッチ [全文を読む]

絶対あの日!“最後の大物独身俳優”竹野内豊と倉科カナの入籍日がわかった!?

アサ芸プラス / 2015年10月02日09時59分

14年から15年の年末年始も、東出昌大と杏(12月26日発表)、米倉涼子と一般男性(12月26日発表)、向井理と国仲涼子(12月28日入籍、30日発表)、永井大と中越典子(12月30日発表)、染谷将太と菊地凛子(15年1月1日発表)など結婚発表が相次いだ。 最後に、2人を後押しする情報をもう1つ。今年の12月23日は大安吉日! この日、2人は結ばれる‥‥は [全文を読む]

結婚ラッシュ勢い止まず…福山雅治も結婚で次にいくのは竹野内?

messy / 2015年09月28日18時00分

元日には、東出昌大と杏、染谷将太と菊地凛子が。1月末に中村獅童(再婚)、2月に“21世紀の石原裕次郎”徳重聡、5月には豊川悦司も再婚を公表した。さらに室伏広治や内田篤人、澤穂希らアスリートも結婚。6月に吉井和哉と眞鍋かをりがデキ婚を発表し、8月には「今年一番の驚き」と評される堀北真希と山本耕史の電撃婚。9月に入ってからも芸能界の結婚ラッシュは勢い衰えず、市 [全文を読む]

岡田准一主演の大ヒット作「永遠の0」が地上波初登場

Smartザテレビジョン / 2015年07月15日21時43分

キャストには、主人公・宮部久蔵を演じた岡田准一をはじめ、健太郎役の三浦春馬、染谷将太、新井浩文、濱田岳、井上真央、吹石一恵ら豪華メンバーが集結した。 本作のテーマは「愛する人への想いは時を超えて伝わる」。現代の若者、健太郎が特攻で命を落とした祖父・宮部久蔵の人生をたどっていく過程で、若き日の祖父の家族ヘの思い、知られざる真実を見いだしていく。 また、山崎監 [全文を読む]

フォーカス