アクセス 豊洲市場に関するニュース

舛添騒動で都の深刻問題がないがしろに? 築地市場の豊洲移転に大問題、魚が食べられなくなる!

週プレNEWS / 2016年06月16日06時00分

一体、何が起こっているのか? 前編記事「廃業する仲卸続出で年末に大パニックも…築地市場の豊洲移転でいまだ業者が猛反対」に続き、築地市場の移転問題について迫った! ■都は土壌汚染の調査結果を偽装した? 市場へのアクセスや施設への不満ももちろんだが、さらに心配なのは本誌も2007年4月9日号で取り上げた、豊洲市場の土壌や地下水が「日本最悪レベル」といわれるほど [全文を読む]

小池知事の誤算、都の欺瞞。「豊洲問題」で透ける各々の思惑

まぐまぐニュース! / 2016年10月15日08時00分

それを考えたら、土盛りをせず下から大きな空間をつくっておけば、アクセスして取り替えしやすく、保守メンテ性は格段にあがり、施設は長寿命化する。建物の下に盛土をしたうえで地下ピットをつくるために掘るのと、盛土をせずに下から組み上げる方式とでは、ざっくり計算しても175億円はコストが下がる。 佐藤は建築家として、メンテナンスやコストの観点から地下空間のほうが合理 [全文を読む]

築地市場の豊洲移転、都内が大渋滞慢性化の懸念浮上…通勤ラッシュや物流を直撃も

Business Journal / 2016年09月11日06時00分

もともと豊洲新市場にアクセスする公共交通機関は、「ゆりかもめ」しかない。ゆりかもめの始発は6時台。もちろん、セリには間に合わないので、市場関係者は自動車を使うだろうが、市場の朝のにぎわいを見たいという観光客にとっても、ゆりかもめは利用しづらい。そうなると、観光客はバスやタクシーを使うことになるだろう。自然と、豊洲市場周辺の道路は渋滞する。 観光客の交通の [全文を読む]

小池都知事を悩ます築地市場の豊洲移転、何が問題なのか?

政治山 / 2016年08月18日12時00分

5つの候補から豊洲地区を選定 豊洲地区のほかに、晴海や有明北など5地区を候補地として、現地調査も行って比較検討した結果、約40ヘクタールの敷地確保や良好な交通アクセス、築地の商圏との継続性等の条件などを検討し、豊洲地区が選ばれました。 豊洲新市場の予定地は、1954年から海面の埋立てが始まり、ガスの製造工場が建設され、1956年から1988年まで、都市ガ [全文を読む]

なにかと話題の『豊洲市場』 見学会で見たハイテクぶりがヤバい

しらべぇ / 2017年06月15日07時30分

(2)お台場や大江戸温泉物語などが近くにあり、レジャーにも最適(3)飲食店が綺麗になる【デメリット】(1)築地にくらべ電車でのアクセスが悪く、前はハシゴできた銀座に行くのも大変(2)駅からもやや遠く、場内が広いので飲食店を巡るのも少し時間がかかる(3)築地で人気の飲食店がすべて移転してくれるのかがまだわからないぐらいだろうか。しかし、豊洲市場のハイテクぶり [全文を読む]

廃業する仲卸続出で年末に大パニックも…築地市場の豊洲移転でいまだ業者が猛反対

週プレNEWS / 2016年06月02日06時00分

「豊洲は交通アクセスも悪いし、場内で人がどう動くかという動線すらよくわからない。11月は毎年、年末に向けての準備が忙しい大事な時期なんですが、移転でその準備ができない。そんなこともあってウチに買いに来る小売店や料理店などの顧客からは、移転直後は迷ったり配送が遅れたりといろいろ混乱するだろうから、『今年の12月は仲卸さんは商売にならないだろう』と言われまし [全文を読む]

小池百合子「豊洲移転撤回」&「カジノ設置」のシナリオ

日刊大衆 / 2016年12月06日18時00分

「あれだけ広大な土地で、アクセスも悪くなく、かつ、学校が存在しないため出店規制条例も問題なし……。こんなにカジノに適した立地条件は、都心には他にありません」(前同) 豊洲は、一大アミューズメント施設へ変貌を遂げるのか。全国紙政治部記者が言う。 「小池氏は、“盛り土”問題の責任者として、石原慎太郎元都知事にヒアリングを要請しながらも、最後のトドメは刺さずに [全文を読む]

豊洲新市場では仕事にならない! “血税のムダ”と悲鳴続出のワケ

週プレNEWS / 2016年07月26日06時00分

道路アクセスと同時に施設内のアクセスも悪い。新市場の大きさは東京ドーム8.7個分の広さ。この中に青果棟(5街区)、水産仲卸売場棟(6街区)、水産卸売場棟(7街区)が置かれているが、それぞれ都道484号線と環状2号線で分断されているため、利用者にとって使いづらい。 こうした不便さは仲卸業者も同じ。荷物搬送に使うターレやフォークリフトが場外にはみ出して道路を [全文を読む]

森、与謝野、内田…小池都知事の高齢政治家口撃なぜウケる?

NEWSポストセブン / 2017年01月25日16時00分

「都顧問は役所の政策ごとの詳細な支出の内訳など機密情報にアクセスできる。彼らが特定政党に肩入れしたら、候補者育成や公約作成もその政党に有利になる。税金で雇われている有識者なのに、公正じゃない」(自民党都連関係者) そんな批判をかき消してしまう勢いの小池氏。その舌鋒は政界の重鎮たちを前にしてもとにかく鋭い。 内田氏との代理戦争となる千代田区長選(2月5日投 [全文を読む]

フォーカス