脚本 三浦大輔に関するニュース

菅田将暉が人気急上昇中3バンドとの最強タッグで魅せる大熱唱ライブシーンを公開!!

NeoL / 2016年08月24日17時32分

演劇界の若き鬼才・三浦大輔が監督・脚本を担い、“痛いほど圧倒的な現代のリアル”が詰まったこの問題作を、深みのある演出で描く。 「何者」 出演:佐藤健 有村架純 二階堂ふみ 菅田将暉 岡田将生 / 山田孝之 原作:朝井リョウ『何者』(新潮文庫刊) 監督・脚本:三浦大輔 音楽:中田ヤスタカ 主題歌:「NANIMONO(feat.米津玄師)」中田ヤスタカ 企画・ [全文を読む]

松坂桃李が「娼夫」役に挑戦 「観る方はかなり衝撃受けるかも」

anan NEWS / 2016年08月17日12時00分

脚本も、そういう原作の世界観そのままという印象で。性的なシーンは何度もありますが、演出の三浦大輔さんがおっしゃっていたのは、性描写に対して感覚が麻痺した先に何を見せられるかということ。この作品の登場人物は皆、愛情に溢れた人ばかりなんですよ。 それぞれが自分のなかに弱さやコンプレックスを抱えているんだけれど、体と体で向き合った時に、すごく純粋なところに身を置 [全文を読む]

池松壮亮&三浦大輔監督が「裏切りの街」について語る!

Smartザテレビジョン / 2016年11月14日17時40分

11月12日、東京・新宿武蔵野館にて2週間限定で公開中の「裏切りの街」の初日舞台あいさつが開催され、主演の池松壮亮と公開中の映画「何者」の脚本・監督も務める三浦大輔監督が登場。 同作は、三浦監督が'10年にオリジナル脚本、演出で上演した同名タイトルの舞台を自らの手でdTV初のR15指定オリジナルドラマ「裏切りの街」として映像化し、映画業界関係者やdTVユー [全文を読む]

「なぜ黒川芽以は文化系男子の女神でい続けられるのか」本人に聞いてみた

ソーシャルトレンドニュース / 2015年11月27日19時33分

■関連リンク・ソーシャルトレンドニュース特設ページ 11月 愛を感じる2作品『恋人たち』✕『愛を語れば変態ですか』・映画『愛を語れば変態ですか』公式サイト http://aikata.jp/2015年11月28日(土)よりロードショー【キャスト】黒川芽以、野間口 徹、今野浩喜(キングオブコメディ)、栩原楽人、川合正悟(Wエンジン チャンカワイ)/永島敏行【 [全文を読む]

つかこうへいの名作を気鋭の演出家・三浦大輔がミクスチャー。「新しい舞台にならきゃ、やる意味がない」と主演のリリー・フランキーが語った「ストリッパー物語」放送!

PR TIMES / 2013年11月19日16時57分

三浦くんは実に細かく、つかさんの脚本を再構成して、針に糸を通すようにして舞台を作っていった。つかさん自身の『ストリッパー物語』を見たことある人は『今回の舞台は100%ちがうものだ』って言うんだけど、人間のどろどろした部分を、新しい世代の人が演出することに意味があるわけだから。三浦くんのやったことは、ヒップホップにおけるミクスチャーじゃないかな」 三浦の才能 [全文を読む]

ボールルーム(社交)ダンスの舞台作品第2弾「HOTEL DANCE WITH ME」が2月18日に品川で開催!

@Press / 2016年12月02日10時30分

そんな中、HOTEL DANCE WITH MEに危険な影が…■公演概要イベント名: HOTEL DANCE WITH ME開催日時 : 2017年2月18日(土)<昼の部>開演14:30/<夜の部>開演18:00開催場所 : きゅりあん 8F 大ホール(JR大井町駅前)チケット : 全席指定¥7,500(税込) 3歳以上有料、3歳未満膝上無料 ※但し、お [全文を読む]

dTVのオリジナルドラマ「裏切りの街」が劇場公開!

Smartザテレビジョン / 2016年10月14日16時25分

劇作家・演出家としてだけではなく映画監督としても高い評価を受け、10月15日(土)公開の映画「何者」の脚本、監督も務めた三浦大輔を監督に迎え、'10年に自身のオリジナル脚本、演出で上演した同名タイトルの舞台を自らの手で映像化した作品。キャストには池松壮亮、寺島しのぶらといった実力派を起用し、平凡な専業主婦と15歳年下のフリーターによる禁断の愛とその果てを [全文を読む]

須藤理彩 全裸も披露する松坂桃李と挑んだ“体当たり”舞台

WEB女性自身 / 2016年09月12日06時00分

舞台の脚本・演出を手がけるのは、『激情』( 04年)、『愛の渦』( 05年)で演劇界に一大旋風を巻き起こした三浦大輔だ。 「原作を知っている方でも、『舞台でここまでやっちゃうんだ!』と衝撃を受けるそうです。性の話って、ふだんなかなかオープンにできないものだからこそ、演じる私たちが目の前で恥ずかしいことではないとさらけ出すことで、見る人の気持ちが解放されるみ [全文を読む]

美しい胸を持つ女優たちの禁断未公開ショット!(1)高岡早紀が舞台で見せつけた国宝級ボディ

アサ芸プラス / 2016年09月10日09時57分

原作・石田衣良、演出・脚本は乱交パーティを描いた異色映画「愛の渦」(14年公開)の監督を務めた三浦大輔ということもあり、マスコミ関係者向けに公開されたリハーサルは、カメラの持ち込みが禁止されるほど厳重なチェック態勢で行われた。「高岡は会見で『カラダとカラダがぶつかり合い、舞台では言葉ではない何かが生まれてくる気がする』と語っていましたが、文字どおりセックス [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】松坂桃李×高岡早紀の舞台に峯岸みなみが衝撃「人間は汚い。けど、可愛い」

TechinsightJapan / 2016年09月02日13時35分

上演前から人気俳優の松坂桃李が官能的なベッドシーンを演じることで評判となったが、脚本・演出を手掛けた三浦大輔氏は究極の状況からこそ伝わるものがあると考えたのだろう。 出典:https://www.instagram.com/saki_takaoka 出典:http://lineblog.me/shonenn 出典:https://www.instagra [全文を読む]

3大芸能ベテラン美人女優の大異変!(3)新作舞台での艶技に期待の高岡早紀

アサ芸プラス / 2016年07月10日09時57分

舞台では異例のR-15指定となりました」(演劇関係者) 過激作の演出と脚本を手がけるのは劇作家の三浦大輔氏。映画界では“脱がせ屋”としても知られている。「監督を務めた『愛の渦』(14年公開)では、乱交パーティの人間模様を赤裸々に描き、門脇麦(23)は全裸の濡れ場に臨んで大きな飛躍を遂げました。過激な性描写にも躊躇しない三浦氏の演出スタイルは、舞台でも発揮さ [全文を読む]

佐藤健、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生ら豪華キャスト集結! 朝井リョウ『何者』実写映画化に期待の声

ダ・ヴィンチニュース / 2016年03月24日17時30分

■映画「何者」 公開日:2016年10月15日(土) 原作:朝井リョウ 監督・脚本:三浦大輔 キャスト:佐藤健、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生、山田孝之ほか 配給:東宝 (C)2016映画「何者」製作委員会 (C)2012 朝井リョウ/新潮社 ■『何者』 著:朝井リョウ 発売日:2015年6月26日 出版社:新潮社 [全文を読む]

池松壮亮「小手先では演じられなかった」

Smartザテレビジョン / 2016年02月26日22時01分

2月1日より会員数No.1の映像配信サービス“dTV”で独占配信中のオリジナルドラマ「裏切りの街」は、三浦大輔監督が'10年に自身のオリジナル脚本、演出で上演した同名作品を新たに映像化した意欲作だ。出会い系で知り合った寺島しのぶ演じる平凡な専業主婦と、池松壮亮演じる15歳年下のフリーターとの不倫を軸に描いている。配信開始から2週間で視聴ランキング1位を獲得 [全文を読む]

ナイナイ岡村も絶賛するギトギト青春映画『恋の渦』 8月末より全国で拡大公開

AOLニュース / 2013年08月22日12時39分

劇団ポツドール主宰の三浦大輔が脚本した同名の舞台が原作だ。 最初は、2013年3月末から4月にかけて渋谷のミニシアター「オーディトリウム渋谷」で限定公開された同作。その際、連日同劇場が超満員になるほどの人気となり、7月に改めてレイトショーで拡大公開。そして今回、全国へとさらに劇場が拡大しての公開が決定したのである。 キャラクター豊かな"いまどき"という言葉 [全文を読む]

フォーカス