成績 三浦大輔に関するニュース

ハマの番長・三浦大輔が語る「『俺は昔、横浜で25年投げてたんだぞ』って自慢できる。そんなチームになってきた」

週プレNEWS / 2016年10月29日11時00分

成績を見たって、ここまでやってもらえる選手ではないですからね(笑)」 引退試合の数日後、三浦大輔はそう言って24年前の秋の日を思い出していた。 1992年10月7日。 横浜大洋ホエールズ最後の日に、ルーキーの三浦大輔は初登板を果たした。スタンドには大洋、そして引退するエース遠藤一彦の最後を惜しむファンが詰めかけたが、三浦には感傷に浸る暇はなかった。 「高校 [全文を読む]

ハマの番長・三浦大輔引退の独白「ずっとエースを追い続けて…結局、なれなかったな」

週プレNEWS / 2016年10月19日11時00分

成績を見たって、ここまでやってもらえる選手ではないですからね(笑)」 引退試合の数日後、三浦大輔はそう言って24年前の秋の日を思い出していた。 1992年10月7日。横浜大洋ホエールズ最後の日に、ルーキーの三浦大輔は初登板を果たした。スタンドには大洋、そして引退するエース遠藤一彦の最後を惜しむファンが詰めかけたが、三浦には感傷に浸る暇はなかった。 「高校か [全文を読む]

広島・オリ・巨人…他 高年俸選手の活躍とチーム成績の相関

NEWSポストセブン / 2014年05月25日16時00分

この時点までの選手年俸と成績の相関はどうなっているのか。スポーツライターが解説する(年俸は推定、成績は交流戦開始前まで)。「広島は、チーム1位の年俸である前田健太(2億8000万円)と2位のバリントン(1億3562万円)が、ともに4勝ずつ。3位のミコライオ(1億1500万円)が11セーブときっちりと仕事をしている。オリックスも、1位の糸井嘉男(2億500 [全文を読む]

中日・友利コーチが「レジェンド」と評価する投手は?

ベースボールキング / 2017年06月10日11時15分

大ベテランの岩瀬は、長年中日の守護神として、黄金時代を支えてきたが、近年は故障や不振で満足のいく成績が残せていない。15年は左肘の故障で一軍登板なし、昨季は15試合に登板したが防御率6.10と精彩を欠いた。 ◆ 自らの手で勝ち取ったセットアッパー 背水の陣で挑んだ今季は、オープン戦6試合に登板して、防御率3.18の成績を残し開幕一軍を掴む。開幕してから打 [全文を読む]

【プロ野球】ムエンゴ(無援護)投手たちの不条理なシーズン成績

デイリーニュースオンライン / 2016年05月01日15時05分

今回、そんな「ムエンゴ(無援護)」たちのマニアックな成績を紹介しよう。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■憂き目に遭った幕張のサブマリン 渡辺俊介(2009年・ロッテ) 25試合 3勝13敗 防御率4.05 援護率2.59(リーグワースト) 近年の負け運投手を語る上で欠かせないのは、2009年の渡辺俊介。このシーズンの渡辺 [全文を読む]

予想が当たれば成績好調に!? 競馬予想とプロ野球のただならぬ関係

デイリーニュースオンライン / 2015年05月02日10時50分

2013年有馬記念→2014年シーズン この予想と成績のバイオリズムが顕著に表れたのが、2013年の有馬記念だ。有馬記念は中央競馬界の最高峰に位置し、1年を締めくくるビッグレースとして知られている。 2013年はオルフェーヴルとゴールドシップが人気を分け、最終的にオルフェーヴルが8馬身差をつける圧勝。引退レースで錦を飾った。 その2013年の有馬記念の直 [全文を読む]

横浜DeNA 移籍の投手が不調になること多いが放出選手は活躍

NEWSポストセブン / 2013年11月25日16時00分

唯一の投手である若田部は3年間でわずか1勝の成績しか残せず、戦力外通告を受けた。 そもそも、本拠地の横浜スタジアムは、両翼94.2 m中堅117.7 mと投手にありがたくない「ホームランの出やすい球場」だ。1978年の開場当初は、高いフェンスに広い両翼で「ホームランが出にくい」といわれていたが、1990年代に両翼100m、中堅122mのドーム球場が次々と建 [全文を読む]

【プロ野球】「神ってる」だけじゃない! 「プロ野球流行語大賞2016」発表!! <下半期編>

デイリーニュースオンライン / 2016年12月05日17時05分

これでオリックスの成績も上向けば、「おりほー!」「んほー!!」といったポンタの口癖も人気を呼ぶことになるかもしれない。 ■タフな試合 球団初となるクライマックスシリーズ出場をかけ、シーズン終盤まで熱戦が続いた今季のDeNA。シーズンが進むほど、ラミレス監督の試合後のコメントには「タフな試合だった」というフレーズが登場するのがお約束となった。 後半戦になれば [全文を読む]

三浦大輔 「他球団なら200勝?」の問いに「それはない」

NEWSポストセブン / 2016年10月20日07時00分

「彼はメジャーで素晴らしい成績を残している。確かに比べられることも多いけど、僕よりも上の投手ですよ。そもそも僕は他の投手と比較するのが好きじゃない。自分が決めた道を自分の責任で突き進む。それだけです」 プロで積み重ねた勝ち星は172(184敗)。もし2008年のFA宣言時に阪神に移籍していたら、200勝を達成して名球会入りできたのではないか、という声もあ [全文を読む]

【プロ野球】1週間で3度メモリアルを粉砕した”ヒール中日”のメッセージ

デイリーニュースオンライン / 2016年07月17日16時05分

7月6日から7月11日にかけての6日間、中日の成績は3勝3敗だったが、その3勝全てが「相手チームの特別な想い」が宿った日だった。そんなメモリアルな日にことごとく勝利した「ヒール中日からのメッセージ」を考えてみた。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■7月6日・広島戦/黒田の「リーチ一発200勝」をストップ 6月29日に日米 [全文を読む]

【プロ野球】井口や稼頭央が奮闘中!40代球界戦士たちの現状

デイリーニュースオンライン / 2016年05月15日16時04分

成績は5月8日時点) ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■三浦大輔(DeNA・42歳) 1973年12月25日生まれ 【1軍】登板なし 【2軍】6試合 0勝3敗 防6.21 球界最年長になった三浦。今季は前人未到の24年連続勝利を目指すシーズンとなったが、ここまで1軍登板なし。2軍でも厳しい戦いが続いている。それでも「ハマ [全文を読む]

三浦大輔、久保康友は防御率8点台…DeNA再浮上にはリーグ最多の初回失点を防げ

ソーシャルトレンドニュース / 2015年08月05日16時00分

回数自体が少なく、大量失点が大きく響くとはいえ、あまりにも不甲斐ない成績が残っている。特に、久保は18試合中10試合、初回失点を喫している。5月から先発陣に加わった三浦も10試合中4試合、開幕から7月下旬までローテーションを守り続けていた山口俊も立ち上がりに不安を残している。一方、勝ち星に恵まれないものの、好投を続けている井納は初回も安定。8月2日に先発復 [全文を読む]

名将・野村克也氏が分析する、田中将大がMLBで成果を挙げるためのポイント

Business Journal / 2014年04月26日16時00分

岸孝之(埼玉西武) 178回1/3 31四球 与四球率1.56三浦大輔(横浜DeNA)175回2/3 33四球 与四球率1.69 …セ・リーグ最少菅野智之(読売)176回 37四球 与四球率1.89(いずれも2013年レギュラーシーズンの成績) 岸投手、三浦投手はコントロールの良い元気投手として必ず名前があがる存在だが、昨年の田中投手がいかに異次元であった [全文を読む]

【プロ野球】有馬記念は大魔神・佐々木主浩の馬がくる!? ハマの番長・三浦大輔の持ち馬も来年は?

デイリーニュースオンライン / 2016年12月23日16時05分

シュヴァルグランは、ここまで16戦6勝の成績を残している4歳牡馬。最高格付けであるGⅠレースの勝利経験はまだないが、春の天皇賞3着、ジャパンカップ3着などの大レースで好走歴があり、今回も上位に食い込む可能性は十分。 有馬記念の出走頭数は最大16頭。演歌歌手・北島三郎氏の持ち馬で、11月に行われたジャパンカップを勝ったキタサンブラック、菊花賞を圧勝したサト [全文を読む]

【プロ野球】DeNA・三浦大輔が”安打記録更新”でシーズン開幕

デイリーニュースオンライン / 2016年07月16日16時06分

ちなみに、過去3回も、以下のような成績で、勝利投手にはなれていない。 2013年9月3日 三浦 先発・負 レイ 先発・勝敗つかず(チームは勝) 2013年9月10日 三浦 先発・負 レイ 先発・負 2015年6月28日 三浦 先発・負 レイ リリーフ・勝敗つかず(チームは負) 2016年7月11日 三浦 先発・負 レイ 先発・負 両者が同じ日に投げて、チー [全文を読む]

プロ野球12球団「スタッフ年齢」からみるチームの実情

デイリーニュースオンライン / 2016年03月10日16時05分

昨季3位という成績にそれなりの手応えを掴んでいる、ということか? 結果次第でいつ更迭されるかわからないのがプロコーチの厳しさ。昨季、5位に沈んだオリックスは佐竹学外野守備走塁コーチ以外全てのコーチ人事を刷新。さらに最下位だった楽天は全員が入れ替わるという徹底ぶり。捲土重来のキッカケをコーチたちの「経験」に求めたのか、両球団とも平均年齢が昨季よりも大幅にあが [全文を読む]

プロ野球”ストーブリーグ”を騒がす球界スキャンダル爆弾「中畑監督の後任探しで揺れるDeNA」

アサ芸プラス / 2015年10月17日09時56分

だがその後、成績は急降下し、まさかの最下位でシーズンは終了。それでもファンやメディアからの中畑解任論は出ず、主催43試合で大入り満員を記録するなど観客動員は増えていたため、続投を前提に、高田繁GM(70)と来季の組閣人事に入っていた。 ところが9月30日に行われた中畑監督、池田純球団社長(39)、高田GM、吉田孝司編成部長(69)の首脳会議が決裂。中畑監督 [全文を読む]

権藤博氏 横浜の抑え・山崎康晃は1998年の佐々木主浩に匹敵

NEWSポストセブン / 2015年06月09日16時00分

143試合換算(6月3日現在の成績をもとに換算。以下データは同様)では久保と山口が8勝、井納と三嶋が10勝、三浦が8勝になります」(広尾氏) 先発の力はようやく他球団に追いついたといったところだが、ブルペン陣は他を圧倒している。信頼感抜群のセットアッパー・田中健二朗と絶対的なストッパー・山崎康晃のコンビが登場したことは今季の大きなプラス要素だ。 「143試 [全文を読む]

松坂VS大谷で注目!伝統の「18」と伝説の「11」、エースナンバーはどっち?

アサ芸プラス / 2014年12月14日09時59分

日本ハムの斎藤佑樹は来季の成績しだいでは18番はく奪の危機です」(スポーツ紙記者) 伝統の「18」VS伝説の「11」。どっちがエースなのか、松坂VS大谷の新旧怪物の直接対決とともに、2つの背番号にも注目していきたい。 [全文を読む]

「関西スポーツ大忘年会」で武井壮が元首位打者から奪三振!

Smartザテレビジョン / 2014年12月08日14時59分

やるからにはしっかり成績を残してから来たいと思いますので、また来シーズン頑張りたいと思います。頑張れば、まあ来年もあると思います」と'15年に向けての意気込みを口にした。 [全文を読む]

フォーカス