対策 一橋大学に関するニュース

猛威をふるうインフルエンザ!「うがい薬は逆効果」「ソープの薬用成分は意味なし」間違いだらけの予防知識とは?

週プレNEWS / 2015年01月19日00時00分

それだけに、うがい、手洗いなど様々な予防を行なっている人も多いだろうが、果たして本当にそれは正しい行為なのか? WHOの感染症対策チームで国際的なインフルエンザ対策に従事した経験をもつ医師、村中璃子氏に聞いてみた。 ●うがいは水で十分! うがいで重要なことは、ウイルスを殺すことではなく、洗い流すこと。18歳から65歳までの387人を対象に実施した京都大学 [全文を読む]

人口予測シミュレーション「人口減少×デザイン」特設サイトオープン─転入、転出、出生率といった対策効果を自治体ごとに可視化

DreamNews / 2015年06月26日11時00分

(英治出版)』とリンクした、自治体別人口予測シミュレーションや人口減少対策の効果検証を目的とした特設サイトを、2015年6月26日(金)にオープンします。「社会の課題に、市民の創造力を。」をテーマに、社会課題をデザインの持つ美と共感の力で解決するissue+designは、2015年6月2日に発売された、新刊書籍『人口減少×デザイン――地域と日本の大問題を [全文を読む]

インフルエンザが生物兵器に? 米国防総省はなぜ日本メーカーの薬にいち早く目を付けたのか

週プレNEWS / 2015年01月25日06時00分

果たして、その最先端はどのようなことになっているのか? WHOの新興・再興感染症対策チームで国際的なインフルエンザ対策を担当した医師、村中璃子氏が解説する。 * * * 昨年はエボラ出血熱がパンデミックになるのではないかと、人類が息をのみました。 しかし歴史上、世界中に広がって、たくさんの死者を出した病原体はインフルエンザウイルスだけ。第1次世界大戦中の [全文を読む]

インフルエンザ感染で危険なのはエレベーターやATM! 便座より汚いスマホにパソコンも?

週プレNEWS / 2015年01月22日06時00分

うがい、手洗いなど様々な予防を行なっている人も多いだろうが、世の中で常識になっている予防法は驚くほど間違いだらけ? そこで正しい知識を週プレが特集したところ大反響! というわけで、WHOの感染症対策チームで国際的なインフルエンザ対策に従事した経験をもつ医師、村中璃子氏が解説する第2弾でさらに身を守ってほしい。(第1弾→http://wpb.shueish [全文を読む]

婚活サービスのIBJ、2015年度「ポーター賞」を受賞。

PR TIMES / 2015年10月28日11時24分

この栄えある賞を受賞できましたことを励みに、今後も日本の未婚化・少子化問題対策の一助となるべく、お客様の成婚を第一に考えたサービスを提供し続けてまいります。■2015年度ポーター賞受賞企業一覧 ※順不同 [全文を読む]

弊社代表取締役社長 守本正宏が一橋大学法学部にて、特別講演「日本企業のディスカバリ対策~世界で対等に戦うために~」を開催

PR TIMES / 2014年01月11日10時26分

企業活動のグローバル化が進むなか、日本を含むアジア企業が欧米市場で法的責任を問われるケースが急増しており、訴訟対策は企業のビジネス戦略に必要不可欠な要素となっているのが現状です。講演では、「日本企業のディスカバリ対策~世界で対等に戦うために~」という題目で、アジア企業が米国での訴訟の際に直面する様々な問題に焦点をあて、守本は、「訴訟の際、必要不可欠なディス [全文を読む]

特集は「大丈夫なの? 日本の警察」

PR TIMES / 2017年01月11日10時08分

巻頭では元警察大学校長の田村正博・京都産業大学教授に朝日新聞の緒方健二・専門記者がインタビューし、警察改革、テロ対策、共謀罪、通信傍受の拡大などを質しています。 今国会にも法案が提出される見通しの共謀罪については、日本弁護士連合会の共謀罪法案対策本部で事務局長を務める山下幸夫弁護士、通信傍受法の改正で取材がどう影響を受けるかは村井敏邦・一橋大学名誉教授が [全文を読む]

東京都×若手芸人×学生お笑いで悪いヤツらをぶっとばせ!~悪質商法をテーマにした漫才・コントによる消費者教育事業~~取材のご案内~

PR TIMES / 2016年10月28日14時33分

近年、SNS等をきっかけとした若者の消費者被害が増加しており、対策が急務となっています。 そこで、東京都消費生活総合センターでは、若者の消費者被害を防止するため、若手芸人・学生芸人が悪質商法をテーマに作った漫才・コントを披露する取組を実施しています。その取組の一つとして、都内の大学祭及び池袋サンシャインシティ噴水広場において啓発イベントを行いますので、報道 [全文を読む]

「同性愛だと暴露された」転落死した一橋法科大学院生の両親、同級生を提訴

弁護士ドットコムニュース / 2016年08月05日16時58分

原告側は、大学が男子学生の症状などを知っており、事故を予見できたにもかかわらず、有効な対策を取らなかったと主張している。これに対し、一橋大学は弁護士ドットコムニュース編集部の取材に対し、「本学の立場は裁判で明らかにしたいと考えております」と回答した。 会見には遺族も出席。妹が「一瞬にして兄の人生を、家族の人生を変えられてしまいました。生前、兄が被告学生を [全文を読む]

もしかして、におってる?セルフ診断&対策で気になる体臭とオサラバ

Daily Beauty Navi / 2016年06月03日09時00分

生活習慣を見直して、体臭対策! 体臭は、生活習慣を見直すことで改善されます。下記のポイントを意識しながら生活してみて! 1. バランスの良い食生活 野菜や果物、海藻類を多く摂りバランスの良い食事を心がけましょう! ニオイ物質を排出してくれる食物繊維を多く摂るとさらにベストです! 体臭の原因にもなる、過度のダイエットによる炭水化物やタンパク質不足はNGです [全文を読む]

参考書だけで大学合格!?武田塾が大学別 独学方法の動画まとめサイト開設

@Press / 2016年05月24日10時30分

この動画はチャンネル登録者数1万人を超えるYouTubeチャンネル『武田塾チャンネル』の中でも人気の動画シリーズで、これから有名大学・難関大学を目指す受験生の大学対策に最適な動画シリーズです。 【動画ラインナップ】 ◆センター試験全科目 ◆国立大学 東京大学/京都大学/大阪大学/名古屋大学/北海道大学/東北大学/九州大学/茨城大学/筑波大学/埼玉大学/千 [全文を読む]

年末年始に読みたい 2015年発売の人事・経営者向け書籍(ほぼ)まとめ/HRレビュー 編集部

INSIGHT NOW! / 2015年12月16日14時19分

その実務と活用、メンタルヘルス対策を社労士・臨床心理士である著者が紹介。ストレスチェック制度への対応、メンタルヘルス対策への生かし方が図解で分かりやすく解説された、人事・医療関係者向けの一冊。会社で起こりがちなメンタルヘルストラブルへの対処法なども掲載されています。ストレスチェックを実施するなら、「診断書」を読み解く力をつけろ著:夏目 誠出版社:社会保険出 [全文を読む]

政治山、「情報ネットワーク法学会 第15回研究大会」に登壇 ~インターネット投票研究会の分科会でネット選挙に向けた展望をセッション~

DreamNews / 2015年11月27日13時30分

[プログラム名称] 第9分科会:インターネット選挙に向けた展望[日時] 2015年11月29日(日) 15:40~17:10[会場] 北九州国際会議場 2階22会議室 福岡県北九州市小倉北区浅野3丁目9-30 <アクセス>JR小倉駅徒歩約5分[研究会] インターネット投票研究会[主査] 湯淺墾道氏(情報セキュリティ大学院大学教授)[登壇者] 河村和徳氏(東 [全文を読む]

ネクストエデュケーションシンク社、変化の激しい不確実な時代にイノベーションを起こす企業の人財開発戦略・人財戦略を本質的に問う無料セミナー“「人間力」再考”12月3日開催

DreamNews / 2015年11月10日11時00分

【主要商品】客観型スキル診断「NETスキルチェック(R)」シリーズ/「ITSSレベルチェッカー(TM)」/「営業力診断(コンサルティングセールスチェッカー)」/「NET-SCMS」(スキルチェックマネジメント・組織力分析ツール)/わずか7分で人材の本質を見極めるインターネット型適性適職診断「NET*ASK」/「Office Do(TM)」/情報処理技術者 [全文を読む]

内田樹×内藤正典「日本政府は読み間違えた。なぜトルコではなく、ヨルダンに現地対策本部を置いたのか?」

週プレNEWS / 2015年02月09日06時00分

推測にすぎませんが、日本政府が現地対策本部をヨルダンのアンマンに置いたことに対応して、イスラム国側が「ヨルダン絡み」の要求にすり替えた可能性もあると思います。 ただし、彼女のようなテロリストを釈放し、英雄にしてしまうことはヨルダン政府にとっても危険です。もともと、ヨルダンというのは中東でも欧米寄りの国。人質交換に応じることに反対する欧米諸国からのプレッシャ [全文を読む]

知らねばヤバい! 今もっとも正しい“エボラウイルス”Q&A(3)日本上陸の可能性は?

週プレNEWS / 2014年10月31日06時00分

あらゆる「素朴で大切な疑問」に、WHO(世界保健機関)の感染症対策チームに従事した経験を持つ医師の村中璃子氏に答えてもらった、第3回。 【Q17】日本上陸の可能性は? 今後、先進国で「患者をケアした医療者、家族、恋人、親しい友人」など以外の一般人から相次いで患者が出たら、それはアウトブレイクの予兆とみてよいでしょう。欧米だけでなく、アジア各国など日本と航 [全文を読む]

知らねばヤバい! 今もっとも正しい“エボラウイルス”Q&A(2)エボラは強くなっている?

週プレNEWS / 2014年10月30日06時00分

あらゆる「素朴で大切な疑問」に、WHO(世界保健機関)の感染症対策チームに従事した経験を持つ医師の村中璃子氏に答えてもらった、第2回。 【Q11】今回のエボラは強くなっているとも聞きますが? 遺伝子検査の結果、エボラが遺伝子変異を起こし、「ヒトからヒトへのうつりやすさを増しているようだ」という専門家グループの指摘が今年8月末頃から専門誌に上がっています。 [全文を読む]

金子善次郎元衆議院議員の叙勲を祝う会に200人

クオリティ埼玉 / 2014年02月24日12時54分

その間、自由民主党国会対策副委員長、党経済産業部会長代理、国土交通大臣政務官、厚生労働大臣政務官を歴任。 [全文を読む]

第13回不動産投資セミナー開催のお知らせ 100名様 参加費無料 基調講演/岸 博幸氏(慶應義塾大学大学院教授) 税務講演/小林 登氏(税理士法人JPコンサルタンツ代表税理士) -2013年11月24日開催-

@Press / 2013年10月07日09時30分

講演終了後、1時間程度の個別相談会(事前申込制)【第13回 不動産投資セミナー概要】第1部基調講演 PM1:30~PM2:30講師:岸 博幸氏(慶應義塾大学大学院教授)テーマ「どうなる?これからの日本経済どうする自己防衛」第2部税務講演 PM2:50~PM3:50講師:小林 登氏(JPコンサルタンツ代表税理士)テーマ「これからの相続税改正とその対策」 「不 [全文を読む]

センター過去問、国語の平均演習年数は11年分! 難関大学合格者のとった対策とは?

PR TIMES / 2013年05月16日14時34分

「大学入試シリーズ」(通称“赤本”)でおなじみの図書出版・教学社(京都市左京区)は、難関大学入学者を対象に、センター試験の過去問演習に関する調査を実施しました。大学入試センター試験は、志願者数が57万人を超える大学入試最大の試験です。独特の問題形式をもつため、過去問が特に重要とされますが、難関大合格者は実際には何年分解いていたのでしょうか。【調査概要】調査 [全文を読む]

フォーカス