豪栄道 相撲協会に関するニュース

元力士が実名告発!バクチ関取の捜査逃れは許さない!(2)1週間で500万円負けた

アサ芸プラス / 2016年05月07日17時56分

「もともと豪栄道はあっちこっちの胴元で張り、裏カジノにも出入りするギャンブラーやったんです。それが、俺の弟(元力士、阿武松部屋。賭博開帳図利容疑で逮捕)のところでも張ると。しかも、額が太い。ところがいろんなレートを体験したくて、梓弓のところでも張るようになった。そこで負けが込んで400万円以上の負け金ができた。当時、豪栄道は母親に家を建ててやっている最中で [全文を読む]

<「一発でKOしました!」とアナが叫ぶ相撲実況>ルール違反でないなら何でもありか?横綱白鵬

メディアゴン / 2016年06月05日07時40分

両角敏明[テレビディレクター/プロデューサー]* * *5月27日、大関豪栄道が横綱白鵬の肘打ちにより左眼窩(がんか)壁を骨折していたことが明らかになりました。K‐1ですら禁止している『肘打ち』を『かち上げ』と相撲関係者が強弁し続けている結果です。白鵬の危険な取り口の典型は2012年9月場所12日目、対関脇妙義龍戦でしょう。立ち合い、白鵬の右『肘打ち』が左 [全文を読む]

元力士が実名告発!バクチ関取の捜査逃れは許さない!(4)臭いモノには蓋をする体質

アサ芸プラス / 2016年05月08日17時56分

しかしね、バドミントンの桃田とか大相撲の力士は‥‥格好ええこと言うて表の稼業で夢を売っているような人間が手を出したらアカンと思うんですよ」 古市氏は豪栄道に対して、博打をやめるよう忠告したことがあるという。「仲間内でするチンチロリンなどの少額の遊びは許されると俺は思う。たまには、ええやろ。しかし、野球賭博やカジノはアカン。野球賭博は俺たちのシノギだったでし [全文を読む]

元力士が実名告発!バクチ関取の捜査逃れは許さない!(1)賭博で逮捕されなかった理由

アサ芸プラス / 2016年05月07日09時56分

その中には、賭博容疑で書類送検されながら、相撲協会からは21人の力士とともにけん責処分を受けるにとどまり、今も大関として現役を続ける豪栄道の名前もあったことは、当時、報道されている。 だが、こと豪栄道ら一部の力士に関しては、こうした処分で終わるのはおかしいのではないか──。 そうした思いを抱き、実名告発をしたのは、押尾川部屋に所属した元力士、古市満朝氏(4 [全文を読む]

秋場所でガチンコ若手躍進、相撲協会内主導権争いにも影響か

NEWSポストセブン / 2017年09月29日07時00分

出羽海一門の境川部屋に所属する大関・豪栄道が孤軍奮闘したくらい。 さらに、相次ぐ上位陣の休場に執行部批判も高まり、「初日から休場していた碧山や佐田の海ら出羽海一門傘下の力士が、場所途中から強行出場したのも、主流派が批判を和らげようとしたからではないか」(同前)とみられているほどだ。 対照的な現状の両陣営。来春の理事長選後、“この秋場所が転換点だった”と思う [全文を読む]

稀勢の里 横綱昇進までの「モンゴル同盟」「部屋崩壊」との激闘!(2)「1強3弱」時代に突入する

アサ芸プラス / 2017年02月04日17時56分

モンゴル人に抜かれ、日本人の琴奨菊(33)や豪栄道(30)にも優勝で先を越された。悔しさはいかばかりかと思いますが、その思いをそぶりにも見せなかった。ここ一番の相撲で考えすぎるあまり、硬くなったり動きがギクシャクしたりして星を落とすことが続き、綱を逸してきましたが、今回の優勝、横綱昇進であらゆるものが吹っ切れたはずです。もともと実力者が自信をつかんだだけに [全文を読む]

遠藤「大物食い連発」で、復活の兆し!?

日刊大衆 / 2016年12月08日11時00分

その後もケガの悪化を恐れて相撲が消極的になり、負けが込んでいったんです」(前同) その後、琴奨菊や稀勢の里、豪栄道ら大関陣が相次いで優勝を果たし、遠藤の注目度も下がっていった。「ですが、それに反比例するように成績は好転。今年に入ってからは十両に陥落した春場所で11勝、幕内復帰後も夏場所で11勝、次の七月場所で12敗しながらも秋場所では自身最多の13勝を挙げ [全文を読む]

春日山親方辞任勧告 八角理事長vs貴乃花一門の確執あり

NEWSポストセブン / 2016年11月08日07時00分

11月13日に初日を迎える大相撲九州場所は、先場所で初優勝を果たした大関・豪栄道の綱取り、横綱・白鵬の通算1000勝など話題が多い。だが、角界関係者が注目するのは、土俵外のきな臭い動きだという。 九州場所を直前にして、相撲協会の公式HPから「春日山部屋」の名前が消えた。番付発表に先立つ10月19日、春日山親方(元幕内・濵錦)が相撲協会からの辞任勧告を受諾し [全文を読む]

白鵬の「張り手」が物議 「横綱らしくない」のか

J-CASTニュース / 2017年07月25日18時45分

4日目の前頭筆頭・貴景勝戦や14日目の大関・豪栄道戦では張り差しに加え、上腕を首~胸あたりにぶつける「かち上げ」も組み合わせた。いずれも基本的には組み合わずに距離を取っている。こうした取り組みに、場所中からツイッター上でも否定的な意見が数多く出ていた。「いい加減白鵬のエルボー(編注:かち上げのことと思われる)禁止にしろよ相撲協会!! 今日も立ち会いに張り手 [全文を読む]

元力士が実名告発!バクチ関取の捜査逃れは許さない!(3)賭博の件で直撃すると…

アサ芸プラス / 2016年05月08日09時56分

自分としては何もかも協会に告白し、やましいところはありません」 なお、豪栄道にも相撲協会を通じてコメントを求めるとともに、「処分のしかたと幕引きはおかしい」という古市氏の主張についての見解も求めたが、締め切りまでに回答はなかった。 相撲界は勝負師の集団だけに、野球賭博のみならず、さまざまな博打に明け暮れる力士が少なくない。「昔は巡業に出かける夜行列車の中で [全文を読む]

白鳳が仕掛ける「貴乃花理事誕生」の裏工作!

アサ芸プラス / 2015年11月16日19時56分

豪栄道ら強豪力士を擁する境川親方と玉ノ井親方が理事に選出されそうな勢いだ。「玉ノ井親方が理事になれば、貴乃花親方に1票投じるはず」(前出・相撲関係者) さらに、友綱親方も勇退すると見られるが、後任は誰になるのか。「実は友綱さんの弟子である浅香山親方が有力視されているんです。彼は貴乃花親方とも親しい。結局、若手が理事の多数を占めれば、自然と貴乃花親方支持に回 [全文を読む]

列島大予測!2015年「ニッポン」はこうなる!ースポーツ界編ー(2)女子ゴルフ界にニューヒロイン誕生?

アサ芸プラス / 2015年01月16日09時56分

「巡業中の稽古場で、豪栄道と申し合いで十数番取りましたが、土俵際に行くとふんばらずに簡単に諦めて土俵を割っていました。これではお互いに稽古にならない。逸ノ城は『課題の立ち合いを思いっ切りやった』と言いますが、手抜きなどするタイプではなかっただけに、『どうもおかしい』との声が出ています」 その原因は、あの「荒くれ者」だった。相撲ライターが解説する。 「モン [全文を読む]

フォーカス