価格 日本郵政に関するニュース

21世紀最大のIPO・日本郵政株 入手の方法と価格の決まり方

NEWSポストセブン / 2015年08月07日07時00分

では、売り出し価格はどのように決まるのか。 「類似会社(ゆうちょ銀行ならメガバンクなど)の株価などを参考に主幹事証券会社が仮条件価格帯を提示し、それに対して『自分は〇〇円で何株買いたい』という申し込みを行なうのがブックビルディング。それを証券会社が集計した結果に基づいて公募価格が決まります」(同前) この時注意しなければならないのは、人気銘柄は仮条件価格[全文を読む]

日本郵政、民営化失敗の可能性…深刻な業績不振、国の株売却計画が頓挫

Business Journal / 2017年08月07日06時00分

上場時の売り出し価格である1400円をも下回った。第2次売却の価格は、市場価格から数%程度低く設定する決まりなので、このままだと初回の売り出し価格を下回る可能性が高い。より高い価格で売りたい財務省は、7月の追加売却を見送った。 ●株価低迷で追加売却を先送り 株価低迷の原因は、日本郵政の業績不振にある。日本郵政傘下の日本郵便が15年にオーストラリアの物流会社 [全文を読む]

日本郵政株の追加売却が決定 個人投資家は何に注意すれば良い?

ZUU online / 2017年09月11日17時40分

売却価格は9月25日から27日のいずれかに正式決定する。受渡日は価格決定日の4営業日後としており、早ければ月内にも完了する。同日、日本郵政は1億株1000億円を上限に自社株の取得を発表しており、株式市場の需給悪化を緩和する狙いだ。市場から吸収する額は今年最大となる。大型IPO、特に政府保有株の売却は市場に大きなインパクトを与えることが多い。投資家として注意 [全文を読む]

【IPO株】ジャンプ、晴れやかにジャンプ。さあ行こう。昇って行こう。

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2016年04月22日09時00分

また、IPO株の公募価格(上場前の株価)はたいがい低くなってくるので、資金の少ない方でも購入しやすいという側面もありますし、さらに、上場後は株価が数倍に高騰するケースもあったりするので、それだけ注目を浴びやすい株だということになります。 企業がIPOするまでの流れとIPO株の買い方 では、企業のIPOの流れと、それに準じるIPO株の買い方について見ていき [全文を読む]

郵政上場、高成長の可能性は「ない」が、日本を大きく活性化させる可能性「大」

Business Journal / 2015年10月30日06時00分

売出価格は3.3ポンド。上場日の初値は3.3ポンドから跳ね上がり、終値は4.89ポンド。その後も株価は比較的安定している。 [全文を読む]

【1分でわかる】この秋注目!郵政の上場で話題の「IPO」って何?

Woman Money(ウーマンマネー) / 2015年09月16日20時45分

“仮条件”として○○円から△△円までと価格が示されていますので、口座を開設したらその証券会社のホームページから仮条件の範囲内で“欲しい株数”と“いくらで買いたい”ということを指定の期限までに入力して申込みを行います。IPOの株価は一番多かった価格に決定します。これが『公募価格』となります。このような方式を『ブックビルディング方式』と呼びます。申込みが多いと [全文を読む]

日本郵政、巨額減損発生でノウハウなき海外進出頓挫か…西室前会長の独断的買収が危機招く

Business Journal / 2017年05月01日06時00分

買収先の純資産と買収価格の差は、「のれん代」と呼ばれる。当初、のれん代は5300億円に達した。日本郵便は20年かけてトールののれん代を年間200億円ずつ償却していく方針だったが、16年末時点でのれん代は3860億円に上っている。期待したほど収益が上がらないため、全額の減損を余儀なくされた。 トールは1888年の創業で、本社はメルボルンにある。アジア・太平 [全文を読む]

公開「IPO長者」ランキング! 前年比で数は増えるも規模は小型化

Forbes JAPAN / 2016年07月19日08時30分

そのうちの約9割で初値が公開価格を上回った。しかし、上の表のとおりトップ20の企業のうち、株式分割を行った3社を除いた17社のうち、5月10日現在で初値を上回っている企業は6社のみ。2位にランクインした川西徹が設立したサンバイオは公開価格2,000円に対し、初値は公開価格割れの1,710円で、現在価格も1,570円と値を下げている。同社のように初値が公開価 [全文を読む]

郵政株追加売却 企業価値高める展望が必要だ

読売新聞 / 2017年09月18日06時03分

最近の株価は、上場時の売り出し価格である1400円を下回る場面が少なくなかった。 グループの事業戦略がはっきりしないことが、要因の一つであるのは間違いない。 日本郵政は傘下の事業会社に、日本郵便、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険を持つ。郵便事業はほとんど 儲 ( もう ) からず、利益の大半を銀行と生保の金融2社が稼ぐ。 民営化法は、日本郵政が金融2社の株を [全文を読む]

郵政上場、失敗か…狂う成長戦略、株価急落で投資家に損失発生

Business Journal / 2016年02月09日06時00分

売り出し価格を割り込んでいる銘柄もあり、政府放出株で損失を膨らませている投資家の嘆き節が聞かれる。 3社が上場したのは2015年11月4日だった。初値は日本郵政が1631円(売り出し価格は1400円)、ゆうちょ銀行1680円(同1450円)、かんぽ生命は2929円(同2200円)だった。上場前に販売される売り出しについては抽選としていたが、投資家の人気が殺 [全文を読む]

11月4日上場「日本郵政グループ株」知っておきたいポイント5

WEB女性自身 / 2015年10月26日06時00分

〈1〉投資目的なら上場初日で売りの決断も「それぞれの初値は、公募価格の5〜10%は上回ると予想しています。早めに利益を確定したい方は、上場日、もしくは1週間を目安に、売却してはどうでしょう」(『YAHOO!ファイナンス投資の達人』で2年連続MVPに輝いたマエストロの株式ボナセーラの熊谷亮代表) 〈2〉大納会にむけては15〜25%株価アップの売却チャンス「 [全文を読む]

2015年11月4日今世紀最大のIPO、日本郵政グループの株式上場が決定!『“まやかしの株式上場”で国民を欺く 日本郵政という大罪』

DreamNews / 2015年10月21日10時00分

(著者)髙橋洋一〈価格〉1,300円+税 〈発売日〉2015年10月21日 〈出版元〉ビジネス社《 お問い合わせ先 》 株式会社ビジネス社 広報担当:松矢 〒162-0805 東京都新宿区矢来町114番地 神楽坂高橋ビル5F E-mail : matsuyapress@gmail.com TEL 03-5227-1602/FAX 03-5227-1603 [全文を読む]

日本郵政株 上場日の11月4日には相場全体高くなるとの見方

NEWSポストセブン / 2015年10月27日16時00分

売り出し価格はゆうちょ銀行が1株1450円、かんぽ生命が同2200円と決まった(日本郵政の売り出し価格は10月26日に決定)。今回売り出される株数は日本郵政が4億9500万株、ゆうちょ銀行が4億1244万株、かんぽ生命が6600万株。最低売買単位はいずれも100株となっている。 ブルームバーグによれば、上場前の株式を相対(当事者間)で取引する「グレーマー [全文を読む]

郵政株は安くない?総会で飛び出した迷回答 巨額損失4000億円でも株主総会は平穏だった

東洋経済オンライン / 2017年06月23日08時00分

これは売り出し価格1400円(上場時の2015年11月4日の初値は1631円)を下回る水準だ。■「株価はライバルよりマシ」 [全文を読む]

日本郵政株の公募殺到で倍率100倍 家族で複数口座開設例も

NEWSポストセブン / 2015年10月26日07時00分

「日経CNBCの番組で日本郵政グループのIPOに申し込んだかどうかを個人投資家にアンケートしたところ、50%以上が申し込み、約20%が上場後に購入したいと回答しており、関心の高さがうかがえます」 グループ3社を同時上場させる今世紀最大のIPOはすでに抽選の申し込みが終わり、売り出し価格はゆうちょ銀行が1株1450円、かんぽ生命が同2200円と決まった(日 [全文を読む]

日本郵政の暗部が露呈!パワハラ蔓延、過酷ノルマ&労働環境…裁判多数で上場に影響か

Business Journal / 2015年08月07日06時00分

東証の斉藤惇CEO(最高経営責任者/当時)も2月24日の記者会見で、「(日本郵政は)グループの収益の大半を金融子会社2社が占めていながら、将来的には金融子会社2社がグループを離脱する」「後世に禍根を残してしまうと、せっかくのチャンスがピンチになりかねない」と懸念を表明し、「正しいプライシング(株式公開価格の決定)、そして情報公開を徹底してほしい」と注文を [全文を読む]

2015年注目の大型IPO 日本郵政、LINE、USJ等の投資攻略法

NEWSポストセブン / 2015年04月05日07時00分

これほどの大型案件だと裾野が広く行き渡りそうなので、公募価格で取得できる可能性も高いと思われる。ただし、今後の成長性には疑問符がつくので、公募価格と比べて初値が大きく上回る期待は薄そうだ。長期保有をしてコツコツ配当を狙う銘柄ではないか。 2014年中のIPOを先送りした無料通話アプリのLINEも、秋頃の上場が予想されている。LINEは日本のユーザー数が多 [全文を読む]

“安倍政権にとって重要”日本郵政グループのIPOはうまくいくのか?海外の見方とは

NewSphere / 2015年10月09日17時45分

IPOの成功には、売り出し価格の設定が重要となると考えられている。7日には、その前提となる仮条件が発表された。◆今回のIPOの総額は約1.4兆円となる見込み 今回のIPOでは、持ち株会社の日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険の3社につき、それぞれの発行株式総数の11%が売り出される。仮条件の上限価格で試算すると、全体の販売額は1兆4362億円となる。売り [全文を読む]

かんぽ生命の殴りこみで生損保業界がヤバい!捨て身の勢力争い&大再編勃発!

Business Journal / 2015年09月28日06時00分

初回売り出し時の想定価格は日本郵政が1株1350円、ゆうちょ銀が1400円、かんぽ生命が2150円。初回はいずれも11%分を売り出す。想定価格を基に計算すると、初回の売り出しは3社合計で1.4兆円規模になる。 公募・売り出し額では1998年のNTTドコモ(2.1兆円)以来の超大型上場案件となる。政府が100%保有している日本郵政株は、段階的に3分の1超に引 [全文を読む]

国内最大級のネットプリントサービス「ネットプリントジャパン」 業界最安値の写真年賀状サービスが10月14日に出荷開始!~ 年賀状の注文が出来るアプリ「30円年賀状」もリリース ~

@Press / 2014年10月17日11時00分

■ネットプリントジャパン 年賀状サービスの特徴(1) 業界内で圧倒的最安値!基本料1,000円~、印刷料1枚18円~(※)と店舗やインターネット競合他社でお求めするより遥かにお安い価格でご提供しております。(2) 創業43年累計1億枚の実績!写真印画紙タイプの印刷は、全てデザイナーによる写真補正を無償で実施しております。(3) 1,000種類以上のデザイン [全文を読む]

フォーカス