日本郵便株式会社 日本郵政に関するニュース

広域な営業網の営業力強化としてクラウド名刺管理サービス「Sansan」を導入した日本郵便株式会社の動画事例を発表

DreamNews / 2015年11月20日10時30分

法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」を提供するSansan(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:寺田親弘、以下「Sansan」)は、日本郵便株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 亨、以下「日本郵便」)での活用事例を2015年11月20日付で公開いたしました。法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」を提供するSansan( [全文を読む]

日本郵便がSansanの名刺管理を導入~名刺をもとに人脈を共有、本社と各局が連携し組織営業力を強化~

DreamNews / 2015年10月13日11時00分

Sansan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:寺田親弘)は、日本郵便株式会社(以下「日本郵便」)が組織の営業力強化を目的にクラウド名刺管理サービス『Sansan』を導入したことを10月13日付で発表します。Sansan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:寺田親弘)は、日本郵便株式会社(以下「日本郵便」)が組織の営業力強化を目的にクラウ [全文を読む]

名刺管理Sansan、日本郵便の『はがき印刷ダイレクト』で年賀状発送サービス開始~名刺から住所録を自動作成、オンラインで年賀状発送まで完了~

DreamNews / 2014年10月30日12時30分

Sansan株式会社は日本郵便株式会社が提供する『はがき印刷ダイレクト』を利用して年賀状発送サービスを開始します。 今回の連携により、クラウド名刺管理サービス『Sansan』よりCSVファイルでダウンロードした住所録を、日本郵便が提供するオンラインはがき発注サービス『はがき印刷ダイレクト』にアップロードすると、Sansan上に登録された名刺の宛先にワンスト [全文を読む]

日本郵便、会員サービスめぐる訴訟にノーコメント、総務省「調査会立ち上げ検討中」

Business Journal / 2013年07月03日20時00分

明確な条文や規定はありませんから、否定も肯定もできません」 日本郵便株式会社(東京・千代田区)の報道担当者が、「これは社としての意見です」と堂々と述べたのには、さすがの筆者も驚いて椅子からころげ落ちそうになった。同社は日本郵政株式会社(同)の子会社だが、「日本郵政も同じ意見なのか」と尋ねると、「そうです」とにべもなく答えた。 この報道担当者の言葉の“おかし [全文を読む]

イオングループと日本郵政グループとの協業の推進概要について

PR TIMES / 2016年07月11日17時37分

イオン株式会社(本社:千葉県千葉市、取締役兼代表執行役社長:岡田元也/以下「イオン」)と、日本郵政株式会社(本社:東京都千代田区、取締役兼代表執行役社長:長門正貢)は、イオングループと日本郵政グループと の協業関係について、日本郵便株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼執行役員社長:横山邦男/以下「日本郵便」)が行う業務にかかる分野で新たな一歩を [全文を読む]

Sansanと日本郵便、名刺データと連携した年賀状印刷サービス『B2B LoveLetter』を開始

DreamNews / 2015年10月15日10時30分

Sansan株式会社は日本郵便株式会社と連携し法人向け名刺管理サービス『Sansan』で管理されている名刺のデジタルデータをそのまま年賀状やビジネスレター等の宛名に印刷できるサービス『B2B LoveLetter(商標出願中)』を、10月29日(木)より開始します。ユーザは名刺をスキャンするだけで住所録の作成から発送まで手間なくワンストップで行えるようにな [全文を読む]

日本郵政と三越伊勢丹が新会社設立。通販カタログで衣料品や生活アイテムを販売

FASHION HEADLINE / 2014年04月15日15時00分

日本郵便株式会社の子会社である郵便物販サービスと、三越伊勢丹ホールディングス及び同社子会社である三越伊勢丹通信販売は、商品供給を担う合弁会社、JP三越マーチャンダイジング(以下、JPMM)を4月1日に設立し、総合カタログ通販事業を展開する。 これまで日本郵便の物販事業では食品を中心としたカタログを主に展開していたが、JPMMが展開するカタログ「JPセレクト [全文を読む]

【クロワッサンの贈りもの×RING BELL】郵便局限定での通信販売サービスを開始

@Press / 2015年04月01日16時30分

昨年8月、リンベルと日本郵便株式会社の子会社である株式会社郵便局物販サービスとの資本・業務提携後、郵便局としては初の「出版社と共同で開発した通信販売カタログ」の取扱いとなります。マガジンハウスは、「an・an」「POPEYE」など存在感のある個性的な雑誌を数多く発刊。書籍やムック、WEBなどを通して価値ある情報を読者に届けています。「クロワッサン」は197 [全文を読む]

日本郵便、会員サービスめぐり訴訟 グッズ発注で利権、辞職者も陳述書、組織的関与か

Business Journal / 2013年04月25日07時05分

運営しているのは、日本郵便株式会社の子会社である郵便局物販サービス(東京・江東区)のお客様サービス部だ。 訴訟の対象になっているのは、会員になるともらえるキャラクターグッズである。2013年のプレゼントは、郵便ポストにキティちゃんが寄り添う格好のハローキティ貯金箱。さらには、4年連続で入会していると、キティちゃんのクーラーバッグとエコバッグももらうことが [全文を読む]

フォーカス