方法 日本郵政に関するニュース

21世紀最大のIPO・日本郵政株 入手の方法と価格の決まり方

NEWSポストセブン / 2015年08月07日07時00分

※週刊ポスト2015年8月14日号 [全文を読む]

クラウド名刺管理のSansan、法人向けサービスAPIを本日公開~ビジネスインフラ目指しオープン化、第一弾は日本郵政グループとサービス連携~

DreamNews / 2015年10月29日12時30分

■Sansan Open API 利用方法提供形態:RESTful API(Web API)利用料金:無料紹介サイト:http://jp.sansan.com/biz/api_partners・Sansan Open API ver1.0で提供される情報 -期間指定での名刺情報の取得 -条件指定での名刺情報の取得 -名刺に紐付いた人物の詳細情報の取得 -S [全文を読む]

【鼎談1万字!】日本のマネーマスター3人が語る「資産大国ニッポン」への道

Forbes JAPAN / 2016年12月28日11時00分

さまざまなリスク許容度を持つ人々に納得してもらうためには、自らの透明性を高めるしか方法がないとすら思っています。そこでGPIFは、昨年度から投資先の全銘柄の公開に踏み切ったのです。高野:佐護さんや水野さんの立場で一番気を遣うのは、本来なら中長期の投資であっても、短期的なパフォーマンスでも評価されるというギャップだと思います。長期投資だから短期的なパフォーマ [全文を読む]

再び流行の兆し 悪質なランサムウェア(身代金ウイルス)にご注意!

JIJICO / 2016年07月12日09時00分

そして親切にもそれらの暗号化されたファイルが入っているフォルダに、「暗号化を解くためにはこちらをクリック」などと称したファイルが自動的に作られ、その中身を覗くと、暗号化を解くために支払うべき身代金の支払い方法と支払い後に犯人より提供されるとしている「暗号を解くためのソフトウェア」の入手方法が記載されたページへのリンクなどが記載されています。最近のランサムウ [全文を読む]

株式会社ハンズ、「Crayon」で日本郵政グループの日本郵便ファイナンス株式会社が提供する総合決済サービスを提供開始

@Press / 2015年12月24日15時00分

決済方法、入金管理、精算までを一括してサポートいたします。専門的な知識がなくとも、決済システムの導入・便利な機能のご利用が可能です。アプリ内のほか、EメールやQRコードから決済画面へリンクすることも出来ます。初期費用・月額固定費無料のプランをご用意しており、簡単にお支払手段を追加することが可能です。「日本郵便ファイナンス」オフィシャルサイト: http:/ [全文を読む]

日本で非正規社員を正社員化する企業が増加―中国メディア

Record China / 2017年09月06日18時20分

例えば、ツリーベルはここ2年で非正社員90人を正社員化し、さらに今後1年間で20人を正社員化する計画で、同社のヒューマンリソースの担当者・上杉尚彦さんは、「非正社員を正社員に登用する方法は、正しい方向に向かって一歩進んだ」としている。現在、同社の従業員600人のうち、約400人が正社員となっている。(提供/人民網日本語版・編集KN) [全文を読む]

ひたすらに口座数を増やす。公募割れ予想以外全てベット 下半期IPO投資の極意

HARBOR BUSINESS Online / 2017年08月18日08時45分

’06年、500万円を元手に株やFXに手を出し、’12年までに30万円まで減らしたが、IPO投資1本にしたところ、31年で資産を600万円まで増やす ― 下半期のIPOを確実に獲りにいく方法[全文を読む]

怪しい詐欺メール たどたどしい日本語かどうかなどをチェックを

NEWSポストセブン / 2017年01月20日16時00分

“●●アカウントで何ができるか的を絞ってください”など、ところどころ普通なら使わない表現方法が書かれている。 「おそらく、英語などで作成した文章を、翻訳サイトで日本語にして送ったものでしょう。明らかに文法や内容、言葉遣いがおかしい場合は詐欺を疑って」(All Aboutウィルス対策・セキュリティソフトガイドの齋藤実さん) 過去には、りそな銀行を騙ったメール [全文を読む]

【雪印メグミルク】恵 最大10万円分プレゼントキャンペーン平成28年10月1日(土)~平成28年12月26日(月)

@Press / 2016年09月21日15時00分

5.応募方法 店頭の専用応募ハガキ、またはキャンペーンサイトからダウンロードした専用応募ハガキに応募したいコースの必要枚数の応募マークをしっかりと貼り、必要事項をお書きの上、切手を貼ってご応募ください。なお、当選者の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。 【あて先】 〒119-0182 日本郵政株式会社 神田郵便局 私書箱第29号 恵 最大1 [全文を読む]

ITIL、DevOpsはどこに効く?DevOpsの基本から最新事例までガートナー長嶋裕里香氏が解説

EnterpriseZine / 2016年06月07日07時00分

「ガートナー ITインフラストラクチャ データセンター サミット 2016」 ガートナーリサーチ長嶋裕里香氏 講演資料より[クリックすると図が拡大します] EnterpriseZine編集部[編]、伊藤真美[著] 【関連記事】 ・「もっとシステムの運用フェーズに目を向けるべき」日本郵政 小松副社長が語るIT部門の役割とは? ・HPE、DevOpsおよびア [全文を読む]

【IPO株】ジャンプ、晴れやかにジャンプ。さあ行こう。昇って行こう。

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2016年04月22日09時00分

「抽選のやり方」と「IPO取り扱いの数」 IPO抽選は、100%完全平等抽選、70% 完全平等抽選、50%完全平等抽選など、証券会社によって、その方法はマチマチです。 特に、大手の総合証券は慣例的に、IPO株の紹介で優先順位を付ける比率が高いことで知られています。 要するに、コネクションです。 IPOみたいな美味しい案件は、昔からのお得意様、資金を多く保 [全文を読む]

銀行の「危ないブラック融資」リスト! 某メガバンク、クラスター爆弾製造企業へ融資!

Business Journal / 2016年01月17日06時00分

ブラック企業を社会から追放するための一番の方法は、消費者がそうした企業の商品やサービスを購入しないことである。厚生労働省は3月からブラック企業の求人をハローワークで受け付けないようにするが、これも有効な手段といえよう。 また、金融機関の役割も大きい。ブラック企業に投融資をしなくなれば、企業によっては即座に資金繰りに困るところも出てくる。よって、消費者はブラ [全文を読む]

戦後70年安倍談話、「他人事のように感じる」33.7%

政治山 / 2015年08月28日17時30分

「戦後70年談話の内容について最も強く感じたことは何ですか?」のアンケート結果主語が曖昧で他人事のように感じる・・・33.7% きれいな言葉ばかりで真実味がない・・・23.2% 首相の気持ちが伝わる・・・11.6% 国際貢献と平和主義への意思を感じる・・・7.7% 様々な方面へ配慮しすぎている・・・6.6% 何も感じない・・・6.6% バランスが取れてい [全文を読む]

世界の投機マネー流入で株価4万円「日本株バブル」到来の可能性

NEWSポストセブン / 2015年02月22日07時00分

その方法として一番現実的なのは、政府保有資産の売却でしょう。政府の保有する東電株の全売却は、すぐそこに見えている道の一つだと思います。 また今秋には日本郵政の上場というイベントも予定されています。 これらが引き金となって、今年中に日経平均株価が2万円以上になるのも、夢物語ではない。それはさらなるマネーの流入を呼び、日本株バブルが到来するでしょう。その上限 [全文を読む]

郵便局も拡販するがん保険 目先の保険料と保障に騙されるな

NEWSポストセブン / 2014年08月29日07時00分

「これまでがん保険といえば、治療方法や入院日数によって細かく条件が定められていて、がんになっても保険金の下りる対象に該当されないケースも多かった。でも、いまは長期間入院する患者は少ないし、保険のきかない先進医療が必要になるかも分かりません。 そのため、がんと診断されたときにまとまった保険金が支払われ、余計な条件や特約を省いたシンプルながん保険が人気になり [全文を読む]

日米安保がある限り、日本のTPP脱退は不可能だ

週プレNEWS / 2013年09月25日14時00分

例えば日本車にかけられている高関税(乗用車2.5%、トラック25%)を最大10年間にわたり維持させる一方で、日本に輸出する米国車に対しては、より簡単で短時間で済む認証方法で、輸入台数を2倍以上にする決定をさせられた。 ほかにも民間保険会社とかんぽ生命(日本郵政)の競争条件が平等ではないという批判に応える形で、かんぽ生命が新規保険およびがん保険を扱うことを [全文を読む]

若き日の想い出…「ラブレターを書いてみたことがある」6割

NewsCafe / 2013年09月24日12時00分

恋心を伝えるのはハズカシイ…そのうえ形として残る方法をとるのは勇気が要ること。思い出すだけで枕に顔を埋めてジタバタしたくなってしまう…という人も多そうだ。また、なかには「つき合ってから、普段いえないことを書いた」という人もいた。小説家・夏目漱石が英語教師をしていたとき、生徒が"I love you"を「我君を愛す」と訳したのを聞いて「日本人はそんなことを言 [全文を読む]

フォーカス