アパート 中目黒に関するニュース

コスパ最悪の中目黒…東京都内、住むのにコスパ良い「意外な」エリアはここだ!

Business Journal / 2016年10月08日06時00分

もちろん過去に値上がりして儲かる可能性が高いエリアはあるにはありますが、それは都心3区(千代田区、中央区、港区)で、とても一般の人が手を出せる物件ではありません」 不動産投資と収益物件の情報サイト「健美家」が公開している、2016年4月から6月を対象とした同サイト登録物件の市場動向レポートによると、利回りは前年同期比で、区分マンションが0.38%減、一棟ア [全文を読む]

“タモリ、千秋......“ 副業で成功している芸能人5名

tocana / 2015年05月24日09時00分

■コウメ太夫/アパート経営 白塗りの芸者姿で「チクショー!」と叫ぶネタで、05年に一躍ブームとなった芸人のコウメ太夫。本人が『有吉ゼミ』(日本テレビ系)出演時に語ったところによると、人気絶頂時の月収は400万円あったという。しかし典型的な一発屋だったコウメ太夫、ブームが過ぎ去った後は、テレビ出演のオファーがほとんどなくなる。しかし、稼いだ収入を元手に約5, [全文を読む]

リノベーション × IoT IoTを活用したライフスタイルを実現する 体験型モデルルーム第2弾が中目黒にオープン!

PR TIMES / 2017年05月18日15時30分

アプリではじめるアパート経営「TATERU(タテル)」の開発・運営を行う株式会社インベスターズクラウド(本社:東京都港区/代表取締役:古木大咲/証券コード:1435、以下当社)は、ネットで賢くリノベーション「スマリノ」事業において、IoTを活用したライフスタイルを体験できるIoT体験型モデルルームの第2弾をオープンいたしましたのでお知らせします。[画像1: [全文を読む]

日本の古き良き物を世界へ。視点を変えて蘇らせた2人の女社長

まぐまぐニュース! / 2017年04月04日01時35分

気仙沼に来た当時は、アパートなどほとんどない状態。でも大家族が暖かく迎えてくれた。この家族に気仙沼の風土、そしてそこに暮らす人々の気質を教わり、御手洗は見知らぬ土地に馴染んできたのだ。 最初は編み手探しから始まった。まず手袋の編み物教室を開催し、やる気のある編み物好きのお母さんたちを探し出した。編み手のひとり、小野寺加代子さんは… 「震災で何もなくなってし [全文を読む]

TOKIO城島「ジャニーズらしからぬ」極貧時代

日刊大衆 / 2017年02月04日19時00分

契約の際は、アパートの家賃を値切ったという。幼い頃から身についた金銭感覚のたまものだ。 もちろん、徹底して自炊をしていた。安売りスーパーや100円ショップで日用品や食材を調達。スーパーのタイムセールもよく利用していたらしい。一人暮らしを始めた当時、国分太一が部屋に遊びに行ったことがあるそうだが、そのとき城島が出してくれたのは、水道水とキムチ。国分は「5分で [全文を読む]

書体眼鏡「TYPE」が1LDKに限定ショップ。別注メガネケースやフォトブース登場

FASHION HEADLINE / 2014年04月23日19時00分

書体にインスピレーションを受けた眼鏡ブランド「タイプ(TYPE)」のポップアップショップが、4月26日から5月6日まで東京・中目黒の「ワンエルディーケー アパートメンツ(1LDK apartments.)」にオープンする。 会場では、シューズブランド「エンダースキーマ(Hender Scheme)」の組み立て式メガネケース「2D グラスケース(glass [全文を読む]

フォーカス