ドラマ 成海璃子に関するニュース

草食の進む今だからこそ観直したい!懐かしのヤンキードラマ10選!

日本タレント名鑑 / 2015年08月21日13時55分

最近のドラマではだいぶ少なくなったヤンキードラマ。深夜枠で時々放送しているとついつい観てしまう・・・なんて事はありませんか?アクションや人情、そして青春と、人より少し熱い青年・少年たちの活躍。なぜかワクワクドキドキしてしまいます。そんな、今だから観直したい、心が躍り出しそうなヤンキードラマ。懐かしいものから厳選して10作品集めてみました。意外なあの人も出演 [全文を読む]

BS普及でオリジナルドラマ挑戦のBS日テレ 渡部篤郎の起用理由

NEWSポストセブン / 2012年03月29日16時00分

BSといえばスポーツやアニメなどの充実が挙げられるが、この度BS日テレが初のオリジナルドラマに挑戦。海外ドラマの放送も多いなか、今、BSでオリジナルドラマを制作する理由は? BS日テレ広報の加藤さんに話を聞いた。 加藤さんは、まず「BSにおいても、視聴者がどういうドラマを望んでいるのかということがかなり分かってきたのと、視聴可能世帯が増えたという追い風が来 [全文を読む]

低空飛行を続ける日テレ系『黒い十人の女』画面いっぱいの「ぶっ殺す!」が怖い

日刊サイゾー / 2016年11月11日23時30分

松吉が手がけるドラマ『淡い3人の男』が、いよいよ放送開始。登場人物のほとんどが関わるこのドラマでしたが、視聴率は芳しくありません。 最近、ドラマが放送されるたびにマスコミに取り沙汰される視聴率。神田久未(成海璃子)が第1話で「大人はどうして不倫をするの?」と説明したときに登場した、バカリズム操るパペットがまたもや登場。人気若手女優で松吉の愛人・相葉志乃( [全文を読む]

神体験3Dクレーンゲーム「神の手」第15弾東海テレビ・フジテレビ系ドラマ『リテイク』出演おのののかさんコラボ企画が本日よりプレイ開始!

@Press / 2016年12月01日15時15分

今回は、12月3日(土)からスタートする東海テレビ・フジテレビ系ドラマ『リテイク』(毎週土曜23:40~24:35、全8話)とのコラボ企画となっており、初回のコラボ景品はドラマに出演される“おのののかさん”の直筆サイン入り台本と番組オリジナルホッカイロ(一部、直筆サイン付き)となっております。■ “おのののかさん”の直筆サイン入りドラマ台本5名様番組オリジ [全文を読む]

バカリズム脚本のゲス不倫ドラマ『黒い十人の女』 女優魂に賞賛の嵐

しらべぇ / 2016年11月17日07時30分

(画像は「黒い十人の女公式サイト」からのスクリーンショット)バカリズム(40)が脚本を担当した日本テレビ系ドラマ『黒い十人の女』(木曜23:59~)がユニークな演出プランと俳優陣の体当たり演技で注目を集めている。■ドラマの見どころは?『黒い十人の女』は1961年に市川崑が監督を務めた映画のリメイク作。テレビプロデューサー風松吉をめぐる、妻と9名の女性との関 [全文を読む]

青柳翔主演で「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」ドラマ化! ヒロインに成海璃子

CinemaCafe.net / 2017年10月07日10時30分

おおひなたごうの同名コミックを原作としたドラマ「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」が、11月よりMBS/TBSドラマイズム枠にて放送されることが決定。“食べ方”にスポットを当てたこの新ドラマの主演を務めるのは、「劇団EXILE」の青柳翔。また、共演に成海璃子、佐藤二朗ほか豪華キャストが出演する。付き合い始めてまだまもない二郎とみふゆ。とある朝、朝食の定番メニュ [全文を読む]

第4話脚本・喜安浩平「下北沢ダイハード」に新風を吹き込む!?

ザテレビジョン / 2017年08月11日22時44分

テレビ東京で放送中のドラマ24「下北沢ダイハード~人生最悪の一日~」。小劇場で活躍する人気劇作家が脚本を書き下ろし・・・というサブカル色・ニッチさ・趣味性がドラマの特徴だが、8月11日(金)放送の第4話「夜逃げする女」は、趣きが少し異なって見える。 出演に緒川たまき、酒井若菜、志尊淳、山西惇、脚本担当は喜安浩平、そして関和亮が演出する。 脚本に絞ってみれば [全文を読む]

のん、橋本マナミ、広瀬アリス…改名した女優&女性タレント 改名でさらにステップアップにつなげるためには

日本タレント名鑑 / 2017年06月23日10時55分

10代の頃、ドラマ『ケータイ刑事 銭形雷』や映画『舞妓Haaaan!!!』に出演した「小出早織」さんは、2010年に「早織」に改名。最近では舞台『新世界ロマンスオーケストラ』や河瀬直美監督の映画『光』などに出演しています。 友利恵さんも早織さんも本名で、以前は“姓”のみ芸名の形でしたが、現在は本名である下の名前で活動しています。 その早織さんと同じく、河 [全文を読む]

バカリズムの脚本に高評価 不倫ぶった切る「黒い十人の女」

NEWSポストセブン / 2016年11月06日07時00分

* * * 秋ドラマも中盤戦に入る中、いわゆる“ドラマ識者”と呼ばれる人たちから絶賛を集めているのは、意外にも読売テレビ制作の深夜ドラマ『黒い十人の女』です。『新・週刊フジテレビ批評』(フジテレビ系)の秋ドラマ特集で、テレビ誌編集長、スポーツ紙の芸能担当記者、テレビ解説者の3人全員がイチオシにしたほか、『週刊ザ テレビジョン』の対談企画でも4人中2人がベ [全文を読む]

「黒い十人の女」で脚本家の才能を開花させたバカリズムがクドカンに猛追中!

アサ芸プラス / 2016年10月28日05時59分

お笑い芸人のバカリズムが脚本を務めるドラマ「黒い十人の女」(日本テレビ系)が話題を呼んでいる。 このドラマは故・市川崑監督による61年公開の映画「黒い十人の女」を現代風にリメイクしたもの。映画では船越英二が主役の風松吉を演じ、今回のドラマでは息子の船越英一郎が同じ主役を演じている。「バカリズムは役者を活かす脚本を書くのが実にうまい。主人公と不貞関係を結んで [全文を読む]

劇団EXILE青柳翔&成海璃子が“衝突” 佐藤二朗らキャストも発表<目玉焼きの黄身 いつつぶす?>

モデルプレス / 2017年10月07日07時00分

【青柳翔/モデルプレス=10月7日】MBS/TBSのドラマイズム枠にて、食をテーマにした新感覚ドラマ「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」(MBS:11月5日スタート、毎週日曜深夜0時50分~/TBS:11月7日スタート、毎週火曜深夜1時28分~)が放送されることが発表された。主演を劇団EXILEの青柳翔が務め、ほかキャストも明かされた。原作は、おおひなたごう氏 [全文を読む]

二階堂ふみの綾野剛ドラマヒロイン決定に非難轟々 綾野ファンが怒る理由は?

messy / 2017年02月19日20時00分

4月から放送される連続ドラマ『フランケンシュタインの恋』(日本テレビ系)で、怪物役の綾野剛(35)のヒロイン役として二階堂ふみ(22)が出演することが発表された。綾野剛主演と報じられた時点では大いに期待が高まっていた同ドラマだが、今回のヒロイン発表で一気に期待が薄れている様子。「恋愛ドラマのヒロインなのに、二階堂ふみなんて……」と残念がる声がネット上に相次 [全文を読む]

成海璃子、清純派イメージ崩壊も「喫煙シーン」で人気が復活!?

アサジョ / 2016年11月13日17時59分

深夜ドラマ「黒い十人の女」(日本テレビ系)で好演している成海璃子が12月3日スタートのオトナの土ドラ「リテイク(仮)」(フジテレビ系)で、連ドラ主演7年ぶりとなる筒井道隆とバディを組むことがわかった。 このドラマは「未来からやってくるタイムトラベラーを専用の居住区に隔離し、保護観察下に置く」という、法務大臣政務官からの極秘指令を遂行する法務省民事局の戸籍監 [全文を読む]

視聴率下落! “不倫”が題材の日テレ『黒い十人の女』に賛否両論か

日刊サイゾー / 2016年10月21日23時30分

深夜帯としては好調に飛ばしてきた同ドラマですが、下落。“不倫”という今年を席巻したテーマに、賛否両論の評価ということでしょうか。 さて、今回は、現在まで登場している愛人6人が一堂に会する回でした。風松吉(船越英一郎)に9人の愛人がいることを知っている、女優の如野佳代(水野美紀)と受付嬢の神田久未(成海璃子)と、知っている上で他の愛人を蹴落とそうとする“略奪 [全文を読む]

<Hey! Say! JUMP山田涼介インタビュー>“どすっぴん”の初挑戦…同世代にライバル意識は?メンバーの活躍をどう思う?“絶対的エース”が明かす今と未来

モデルプレス / 2017年09月20日07時00分

◆“絶対的エース”山田涼介、Hey! Say! JUMPへの思い ― Hey! Say! JUMPが今年デビュー10周年を迎えて、メンバーがいろいろなドラマや映画に出てご活躍されていますが、山田さんはその中でも最初の頃から“絶対的エース”というポジションで、グループを引っ張っている存在だと思います。今、メンバーそれぞれが活動の場を広げている状況については [全文を読む]

これがニッポンの「隠れた大きな胸を持つ美女」(1)<女優・タレント編>女王は大ブレイク中の吉岡里帆

アサ芸プラス / 2017年06月05日09時57分

「1月ドラマ『カルテット』(TBS系)では、脇役ながら主演の松たか子、満島ひかりを食わんばかりの怪演を見せ、その勢いで7月ドラマでは初のヒロイン役を獲得。実は昨年の朝ドラ『あさが来た』で脚光を浴びる以前には、グラビアで鮮烈なビキニを披露し、一部ファンの間で胸にスポットライトを浴びていた」 すでにグラビアの仕事を封印した隠れ巨乳の女王だが、日清「どん兵衛」の [全文を読む]

沢尻エリカ演じるベタベタ清純派の良妻賢母が宿した小さなリアリティ/『母になる』第一話レビュー

messy / 2017年04月13日23時00分

2017年春クールの連続ドラマ、日本テレビの二桁鉄板枠といえる水曜10時(水10)枠は沢尻エリカ主演の『母になる』です。今を生きる3人の女性が『母になる』までの物語とのことで、登場するのは以下の3人。・ドラマの主人公で、3歳の時に誘拐された息子と9年ぶりに再会した女性・結衣(母になることが自然だと思っていた)。演:沢尻エリカ・結衣のママ友で、仕事と育児と家 [全文を読む]

若村麻由美インタビュー「風松吉はそよ風のよう」

Smartザテレビジョン / 2016年11月28日13時00分

毎週木曜、日本テレビ系にて放送中のドラマ「黒い十人の女」。10股男・風松吉(船越英一郎)の殺害をついに実行に移すことになった10人の女たちがどうなっていくのか、目が離せない展開が続いている。今回、同ドラマに風の妻・睦役で出演している若村麻由美にインタビューを敢行。圧倒的な存在感を醸し出す自身の役柄や、12月1日(木)の最終回に向けた見どころなどを語ってもら [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】バカリズムをMEGUMIが濃厚ハグ 「バカリ様天才!」

TechinsightJapan / 2016年11月09日16時30分

お笑い芸人・バカリズムが脚本を務めるドラマ『黒い十人の女』には題名の通り、成海璃子、トリンドル玲奈、佐藤仁美、水野美紀ら多くの女優が出演している。だが大半の出演者とバカリズムは、直接顔を合わせる機会は無かった。そんななか先日行われた同ドラマの打ち上げにバカリズムが出席したところ、彼に会いたかった女優陣から大歓迎されたようだ。 『バカリズム bakarhyt [全文を読む]

脚本家バカリズム、女性から高評価「女心わかってる」

日刊大衆 / 2016年11月02日10時30分

ドラマ『黒い十人の女』(日本テレビ系)の第5話が10月27日に放送され、その脚本を務めるお笑い芸人のバカリズム(40)に「女心がわかってる」と女性視聴者から感嘆の声が上がっている。 同作は1961年公開の同名映画をリメイクしたドラマで、船越英一郎(56)が妻の他に9人の愛人がいるテレビ局プロデューサーの風松吉を演じている。第5話ではついに愛人9人全員の正体 [全文を読む]

フォーカス