心境 般若に関するニュース

小澤真珠が語る大ヒット『牡丹と薔薇』の強烈思い出

WEB女性自身 / 2013年07月06日16時00分

女優としての心境にも変化が?「がらりと変わりました(笑)。じつは私『牡丹と薔薇』に出るまで、女優という仕事を手探りでやっていた感じだったんです。『ボタバラ』ブームといわれたのもうれしかったし、濃いキャラを3カ月やり切って、改めて女優を続けていこう、もう一度、演じることを勉強しようと思いました」 インタビュー中、同席した昼ドラ担当のプロデューサーからは「いつ [全文を読む]

その下着…ないだろ!夫が嘆く「妻の女子力の低さ」1位が悲惨

WooRis / 2017年03月02日21時00分

「帰りが遅くなると“遅いじゃない!”とすごい剣幕で怒られる」、「自分はともかく、まだ幼い子どもに向かってすごい顔で怒鳴っているのを見ると……」などと複雑な心境に陥る夫も多いようです。仕事や家事、育児でストレスが溜まっていたら、怒鳴りたくなることもあるでしょう。しかし、それで女子力を疑われては損なので、冷静になれるよう別のところで憂さを晴らす方法を見つけまし [全文を読む]

荒木経惟の個展「淫秋」が原宿で開催。“般若心經”を書でしたためた最新作を初展観

FASHION HEADLINE / 2016年09月11日18時00分

これまで、永井荷風や種田山頭火らの作品や、「往生要集」や「万葉集」などの古典に感応し、自らの心境を重ね合わせた数々の傑作を生み出してきた荒木経惟。同展では、和紙にプリントされた写真に、書で「般若心經」をしたためた新作を初展観する。 「般若心經」では、この世のものすべてが“無”であり、心理は“空”にあると説かれており、今回の新作は、亡き妻・陽子を想いながら [全文を読む]

乃木坂46の3期生が“うれし恥ずかし”初パフォーマンス&2月にプリンシパル!

Smartザテレビジョン / 2016年12月10日22時19分

また、「最年少だけど頑張る気持ちは誰にも負けません!」とアピールした岩本蓮加、Y字バランスをしながら般若心境を暗唱した阪口珠美、横笛&「ドレミの歌」と音楽ネタで㏚した中村麗乃、阿部真央の「天使はいたんだ」をギターで弾き語った向井葉月、大好きなパセリの魅力を語った吉田綾乃クリスティーなど、メンバーそれぞれが個性を発揮した。トリを務めた与田祐希が「ちっちゃい [全文を読む]

松井玲奈 ドラマで奇抜キャラを好演し女優業への期待高まる

NEWSポストセブン / 2016年03月26日16時00分

この松井の演技を見て、SKE時代からのファンはどんな心境なのだろうか。男性Aさん(31歳・IT系)は、次のように思いを語る。 「今回の『ニーチェ先生』は、女優としての松井玲奈のポテンシャルを引き出してくれた良作だと思います。玲奈ちゃんは、普段ハスキーボイスで、そこまでテンションが高い子ではありません。しかし、今回の作品では、常にハイテンションで腹から声を [全文を読む]

フォーカス