ヒップホップ 般若に関するニュース

スカルプD Dスタイルオリジナルラップ動画公開!

PR TIMES / 2016年09月16日11時32分

[画像1: http://prtimes.jp/i/13377/65/resize/d13377-65-315716-0.jpg ] <般若プロフィール> 般若(はんにゃ) 歌手・ヒップホップMC 東京都出身 1996年から単独で音楽活動を開始。 2004年ファーストアルバム「おはよう日本」をリリース以降、これまでに9枚のアルバムを発売している。 長渕剛 [全文を読む]

『ダンジョン』の仕掛け人・Zeebra(ジブラ)が語る「お会いした天皇皇后両陛下がラップをご存知で感動しました」

週プレNEWS / 2016年08月15日06時00分

今やヒップホップの“福音者”となった彼の野心を聞く! ■「一度ゴールデンでやってみたいです」 ―『ダンジョン』は、今までヒップホップを聴かなかった層の間でも相当話題になっていますね。ご自身で盛り上がりを実感することってありますか? Zeebra(以下、Z) わかりやすいのは、ツイッターの反応ですね。最初は『フリースタイルダンジョン』っていう番組名がトレンド [全文を読む]

モーニング娘。’17「BRAND NEW MORNING/ジェラシー ジェラシー」に見る、“ヒップホップ的マッチョイズム”

日刊サイゾー / 2017年03月28日23時30分

海外のヒップホップアーティストでも筋骨隆々な人間が多く、特にギャングスタ系のヒップホップはマッチョイズムが強い。般若もまた、そういった文化に影響を受けたのではないかと思っていたのだが、単純にそういうわけではないようだ。般若は先のインタビューで「トレーニングができていない状態でライブをやれって言われたら、NO」とまで答えている。ヒップホップといえば、チャラ [全文を読む]

AK-69、ライヴDVDを語るオフィシャルインタビュー後編を公開

okmusic UP's / 2017年03月07日17時00分

「日本のヒップホップの中で、トップランカーとして君臨してる時間が一番長いのは、俺だと思う。そう出来るのは、コアなファンは勿論ついてきてくれる事と、ライトなファンは入れ替わりながら、新しいリスナーにもちゃんと自分の曲が刺せてるからだと思う。俺がデビューした頃には生まれてなかったような、中高生のぐらいの新しいリスナーが、またついてきてくれる。だから、そういう [全文を読む]

「フリースタイルバトルは格闘技!」 話題の深夜番組『フリースタイルダンジョン』演出家が明かす、“戦場”の裏側

日刊サイゾー / 2016年01月12日15時00分

ヘッズ(ヒップホップファン)以外にも、確実に番組中毒者が広がっている証しだ。特に第9回(11月24日)の放送で行われた般若 VS 焚巻は、大反響を巻き起こした。 1月からは、いよいよRec4が開始。ますます盛り上がりを見せる中、演出を担当する岡田純一氏に、その人気の秘密や舞台裏、そしてヒップホップを知らなくても楽しめる見どころなどを、テレビウォッチャー・て [全文を読む]

宇多丸、Kダブシャイン、般若、R-指定らが大絶賛の嵐!最強ストリート映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』が激アツすぎる【応援コメント一挙公開】

AOLニュース / 2015年12月19日13時04分

映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』は"世界で最も危険なグループ"と呼ばれた伝説のヒップホップグループ「N.W.A.」の結成、成功と挫折、裏切り、社会や権力との闘争、そして友との別れを描いた音楽伝記映画。全米で公開されるやいなや、『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』のオープニング興行収入を抜き去り、全米興収ランキングで3週連続1位を獲得。エ [全文を読む]

18歳選挙権ってどう?『TOHYO都』イベントで聞いた10代の本音

しらべぇ / 2016年06月10日09時00分

同イベントはヒップホップと選挙をかけ合せた内容。般若や、KEN THE 390など人気ラッパーが集結。画像は「般若オフィシャルサイト」のスクリーンショットそんな彼らが「投票の大切さ」を訴える、ということで、ヒップホップ好きの若者が多く集まり、MCバトルや、ライブステージの盛り上がりはものすごい。しかし、このイベントを観覧することによって、実際に若者たちは「 [全文を読む]

ラッパー"TERRY"が4月23日に待望のアルバムをリリース!

okmusic UP's / 2014年03月26日10時00分

今作はジャンルの垣根を越えたコラボレーション楽曲が多数収録されており、2月に先行配信され、iTunesヒップホップ/ラップチャートにて1位を獲得した「ありのまま featuring 般若, Bunta from TOTALFAT」や、地元仙台の盟友ERIKAと久々にタッグを組んだ「ありがとう featuring ERIKA」、「HANABI featur [全文を読む]

ILLMARIACHIの名盤が20周年記念で復活!

Smartザテレビジョン / 2017年02月15日10時40分

ILLMARIACHIは、“尾張・名古屋のマーリー・マール”ことDJ兼トラックメーカーの刃頭と、“ビッグ若旦那”ことラッパー・TOKONA-Xによる、名古屋出身のヒップホップ・ユニット。 '96年、東京・日比谷野外音楽堂で開催された伝説的なヒップホップ・イベント「さんピンCAMP」に刃頭&TOKONA-Xとして出演。その名を全国に知らしめると、翌'97年 [全文を読む]

ラッパーが役者として重宝される理由は? YOUNGDAIS、ANARCHYらの活躍に見る魅力

リアルサウンド / 2016年07月01日06時10分

ヒップホップミュージカルと呼れる『TOKYO TRIBE』には、漢、D.O.、KOHHなど、彼のほかにも日本語ラップシーンを牽引するラッパーたちが多数出演しているが、DAISはその中でも群を抜いて演技が上手かったという。園子温も「彼は演技は初めてなのに、めちゃめちゃ上手くて、すごく自然。他のラッパーとは雲泥の差で芝居が良かったんで、彼がいたことはすごくラ [全文を読む]

『フリースタイルダンジョン』モンスターたちの“危機感”と、ぶつかり合う価値観が証明するヒップホップの多様性

日刊サイゾー / 2017年03月14日15時00分

「お前のスタイルが王道になっちまうんだったら 今後バトルの熱は相当冷める それが正義だって言うHIP HOPシーンなら 俺は抜いた刀をそっと収めるよ」 ライム至上主義の“隠れモンスター”FORKが美しい韻を踏む。 それに対し、パンチラインを最優先するチャレンジャー・NAIKA MCが返す。「そっと収めて帰れよじゃあ 別に韻だけじゃなくても勝ち上がる」「確か [全文を読む]

史上最大の日本語ラップブーム到来! 『SWITCH』11月号で大特集

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月24日17時30分

『SWITCH』11月号の特集「みんなのラップ」では、新世代ラッパーからレジェンドまで、ラッパー100人以上が登場して、細分化するヒップホップシーンの最前線をドキュメントする。 ・イベントから振り返る「日本語ラップ史上もっともアツい夏」 ・時代を牽引する新世代ラッパーたちのフォトストーリー&インタビュー ・注目を集めるMCバトルとサイファーの裏側 ・レジ [全文を読む]

Zeebra/AK-69/加藤ミリヤら愛知りんくうビーチに集結 ストリートカルチャーがテーマの野外フェス開催!

@Press / 2016年08月05日09時30分

■主な出演者について巷で空前のRAPブームを生み出しているテレビ番組「フリースタイルダンジョン」のオーガナイザー兼MCを務めるZeebra、USヒップホップ史上屈指の名門レーベルであるDef Jam Recordingsと電撃契約を果たしたAK-69を始め、加藤ミリヤ、般若、青山テルマ、漢a.k.a.GAMI、AKLO、2WIN(T-PABLOW / YZ [全文を読む]

テレ朝MCバトル『フリースタイルダンジョン』、ラッパー・般若が放送事故レベルにアツすぎるラップを炸裂!ネット上で感動の嵐に 「神回」「泣いた」

AOLニュース / 2015年11月27日18時00分

ヒップホップを知らないユーザーも巻き込み、一部でブーム化し盛り上りをみせる『フリースタイルダンジョン』から今後も目が離せない。■参照リンクhttp://www.tv-asahi.co.jp/freestyledungeon/■11月のAOL特集世界の可愛すぎる動物たち【フォト集】 [全文を読む]

「イケてなさ」もモチベーションに Creepy Nuts(R-指定&DJ松永)が「ヒップホップで人生を変えた」理由とは

AOLニュース / 2015年10月25日12時00分

既に上記のようなお互いのスキルを武器に、ヒップホップ系だけではなく、ロック系やミクスチャーなイヴェントなどにも参戦し、数々のライヴを沸かしている彼ら。大阪出身のR-指定と、新潟出身のDJ松永が出会ったのは、DJ松永が19歳、R-指定が18歳と、互いにティーン・エイジャーだった時分だったという。「ハタチ以下ぐらいで活動してるアーティストが集まるイヴェントが大 [全文を読む]

窪塚洋介×般若×SHINGO★西成による映画『Zアイランド』MVがヤバすぎる【動画】

AOLニュース / 2015年02月27日12時00分

SHINGO★西成の衝撃的な出演シーン含め、ゾンビだけでなくレゲエ~ヒップホップのファンならば必見のMVと言えるだろう。 『Zアイランド』は5月16日(土)全国公開 【参照リンク】 ・『Zアイランド』公式サイト [全文を読む]

窪塚洋介×般若×SHINGO★西成による映画『Zアイランド』MVがイカツすぎる【動画】

AOLニュース / 2015年02月27日00時00分

SHINGO★西成の衝撃的な出演シーン含め、ゾンビだけでなくレゲエ~ヒップホップのファンならば必見のMVと言えるだろう。 『Zアイランド』は5月16日(土)全国公開 【参照リンク】 ・『Zアイランド』公式サイト [全文を読む]

オードリー若林の春日disラップに大反響!ヒップホップ文化踏まえた凄すぎるクオリティ

AOLニュース / 2014年12月02日12時00分

現在では、ラップやヒップホップのファンのみならず、「ディスる」という言葉を広義的に「悪く言う」という意味で使う用法が一般層にも浸透しているが、今回若林が披露した"dis"は、まさに本家本元の使用法というわけだ。■若林がなぜ春日への"disラップ"を披露したのかといえば、きっかけは2014年9月にまで遡る。9月14日、同番組の5周年とニッポン放送開局60周年 [全文を読む]

AK-69、黒木メイサ&新井浩文W主演ドラマの挿入歌「Baby」が番組内で初オンエア決定

okmusic UP's / 2016年10月14日00時00分

【その他の画像】AK-69そんなAK-69だが、この「Baby」も収録し、UVERworld、清木場俊介、般若ら豪華ゲスト陣の参加が発表された、ヒップホップ名門レーベルであるDef Jam Recordingsからの移籍第1弾アルバム『DAWN』を11月23日にリリースする。■MBS,TBS深夜ドラマ『拝啓、民泊様。』■“0号"放送 10月16日(日) M [全文を読む]

ラップは賢くないとできない――『マツコ会議』でマツコが壊す先入観

日刊サイゾー / 2016年07月05日15時00分

彼は、ヒップホップ界隈ではすでに有名な存在だ。『フリースタイルダンジョン』(テレビ朝日系)では「ラスボス」般若の“通訳”役を務めているのをはじめ、多くのバラエティ番組に出演。CSでは『ラッパー“ACE”の世界をねらえ』(MONDO TV)という冠番組まで持っている。ちなみに『家、ついて行ってイイですか?』(テレビ東京系)にも“終電を逃したラッパー”として密 [全文を読む]

フォーカス