解説 般若に関するニュース

2015年ダライ・ラマ法王14世来日法話「般若心経・菩提心の解説・観音菩薩の許可灌頂」ライブ・ビューイング開催決定!!

PR TIMES / 2015年03月13日13時11分

チベット仏教の最高指導者・ダライ・ラマ法王14世 来日法話を全国各地の映画館に生中継株式会社ライブ・ビューイング・ジャパンでは、2015年4月12日(日)、4月13日(月)昭和女子大学人見記念講堂で行われる2015年ダライ・ラマ法王14世来日法話 「般若心経・菩提心の解説・観音菩薩の許可灌頂」を全国各地の映画館でライブ・ビューイングの実施が決定しました。[ [全文を読む]

50年来の禅者にして九州一の進学校物理教師がお経を解説!『劇的に運が良くなるお経 般若心経・延命十句観音経篇』3月17日(金)発売!!

PR TIMES / 2017年03月15日20時19分

般若心経については、弘法大師・空海の解釈を踏まえて解説しています。 [全文を読む]

般若理趣経「性の快楽も清浄、是れが菩薩の立場」の解釈

NEWSポストセブン / 2016年10月13日07時00分

般若理趣経の解釈には、最澄への貸出を空海が拒否した『理趣釈(理趣経の訳者・不空による解説)』を用いることになっています。そこには「無縁の大悲を以って、安楽利益を得せしめんと願って、自他平等にして無二なり。故に蘇ラ(ラは口へんに羅)多と名づく」と書かれています。 「無縁の大悲」というのは「知恵の完成」における「悲」です。「悲」は慈悲の悲で「他人の苦を抜く」 [全文を読む]

台湾の「日本好き」が過去最高に。なぜここまで相思相愛なのか?

まぐまぐニュース! / 2016年07月28日05時00分

なぜ台湾は日本を好きでい続けてくれるのか、メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』の著者で台湾出身の評論家・黄文雄さんが、日台の歴史を紐解きながら、その理由を解説しています。 【台湾】なぜ日本と台湾は過去最高の相思相愛なのか ● 台湾 最も好きな国は日本56% 過去最高 日本の台湾との窓口機関である交流協会が台湾で行った世論調査 [全文を読む]

ラップは賢くないとできない――『マツコ会議』でマツコが壊す先入観

日刊サイゾー / 2016年07月05日15時00分

マツコは、そんなバラエティ慣れしたACEの、ユーモアを挟みながらわかりやすくラップを解説する姿に舌を巻いていたのだ。 これは、気になるスポットに中継をつなぎ、それを見ながら企画会議を行う『マツコ会議』(日本テレビ系)での一幕。中継先とやりとりをしていく中で、“総合演出”のマツコがテーマを決め、VTRを作り、ホームページで公開するというコンセプトの番組だ。 [全文を読む]

職場男子にもバレバレ!? 「野心丸出し」マウンティング女子の特徴

BizLady / 2016年06月17日11時30分

以上、周囲も気づいているマウンティング女子の特徴について解説しましたが、いかがでしょうか? 毎日社会にもまれて懸命に生きていると、人間誰でもある程度の競争心は生じるもの。 でも、それが強すぎると人生に支障をきたす恐れがあります。 自分でも抑えられないほど強いライバル心が生じる場合は、一度独りになって自分と向き合う時間をつくるとよい変化があるかも。 本当に [全文を読む]

世間の物差しに左右されず、孤独をむしろ楽しむ生き方

ダ・ヴィンチニュース / 2016年08月12日06時30分

また、仏教以外の宗教も、逆説やユーモアを駆使してわかりやすく解説し、年齢・性別を問わず人気を博している。著書は『「狂い」のすすめ』『「夜逃げ」のすすめ』『「善人」のやめ方』『「貧乏」のすすめ』など600冊近くにのぼる。 ※掲載内容は変更になる場合があります。 [全文を読む]

無料観光スポットで感動!沖縄のオキちゃん劇場が1位

Walkerplus / 2015年11月09日10時39分

■ 5位 ニッカウヰスキー 余市蒸留所(北海道) ウイスキーの製造工程を、約70分かけて詳しく解説してくれる施設。ドラマ「マッサン」効果もあって、手堅く上位をキープ。見学後の試飲ではウイスキー以外にもソフトドリンクも用意。子供や妊娠中の人も安心だ。 世界の旅の達人たちから人気を集めた無料スポットは、日本人にとって新鮮に感じる場所も多く、新しい旅体験のよき [全文を読む]

「兜町の風雲児」と呼ばれた人物 東京地検捜査ターゲットに

NEWSポストセブン / 2015年11月02日16時00分

ジャーナリストの伊藤博敏氏が解説する。 「加藤氏は1970年代後半から1990年代前半にかけての仕手相場を代表する人物です。特にバブル期後半に仕掛けた東急電鉄株をめぐる仕手戦は、彼のキャリアのハイライトの一つ。 加藤氏が戦略を練り、竹井博友氏や小谷光浩氏といった大物仕手筋と連携、広域暴力団・稲川会2代目の石井進氏も参加した。投下された資金総額は数千億円とい [全文を読む]

福島瑞穂 慰安婦問題を流布し続けた30年間の“反日履歴”とは?(1)朝日の誤報記事に逆ギレ?

アサ芸プラス / 2014年09月02日09時56分

「語る立場にありませんから」 本当に「立場ではない」のだろうか? 福島氏は、最初に日本軍の慰安婦だったと名乗った金学順さんの担当弁護士の一人で「慰安婦問題の仕掛け人」だったと国際政治学者の藤井厳喜氏は解説する。 「影響力が強大な朝日新聞が問題を広げたのは事実ですが、その陰で動いていたシナリオライターが福島さんでした」 これを象徴するのが、金さんが日本のテ [全文を読む]

フォーカス