ラッパー 般若に関するニュース

モーニング娘。’17「BRAND NEW MORNING/ジェラシー ジェラシー」に見る、“ヒップホップ的マッチョイズム”

日刊サイゾー / 2017年03月28日23時30分

先日、「ユリイカ」(青土社)の日本語ラップ特集を読み返していたのだが、ラッパーの般若がインタビューでとても興味深いことを言っていた。般若といえば、現在『フリースタイルダンジョン』(テレビ朝日系)でラスボスとして君臨している。チャレンジャーとの対戦のためにステージに上がるとき、彼はいつも上裸で鍛えられた身体を見せつけているが、そもそも彼がトレーニングを始め [全文を読む]

ラッパーが役者として重宝される理由は? YOUNGDAIS、ANARCHYらの活躍に見る魅力

リアルサウンド / 2016年07月01日06時10分

映画やドラマにおいて、ラッパーを目にする機会が多くなった。とりわけ、YOUNGDAIS、ANARCHY、OMSB、般若など、いわゆるJポップではなく、日本語ラップシーンで活躍する面々が、役者としても高い評価を得ている。いったいなぜ、ラッパーが役者として重宝されているのか、それぞれの魅力から紐解いてみよう。参考:菅田将暉、真剣佑、水谷果穂……金髪の俳優が増え [全文を読む]

18歳選挙権ってどう?『TOHYO都』イベントで聞いた10代の本音

しらべぇ / 2016年06月10日09時00分

般若や、KEN THE 390など人気ラッパーが集結。画像は「般若オフィシャルサイト」のスクリーンショットそんな彼らが「投票の大切さ」を訴える、ということで、ヒップホップ好きの若者が多く集まり、MCバトルや、ライブステージの盛り上がりはものすごい。しかし、このイベントを観覧することによって、実際に若者たちは「投票へ行こう」という気になっただろうか。あるいは [全文を読む]

ラッパー"TERRY"が4月23日に待望のアルバムをリリース!

okmusic UP's / 2014年03月26日10時00分

仙台を中心に活動するラッパー"TERRY"が、4月23日に約2年ぶりのニューアルバムを自身のレーベル 「TJB MUSIC」よりリリースする事が決定した。 2014年以降、YouTubeにて"TJB TV"を毎月25日に公開したり、配信シングルのリリースが続いたりと活発な動きを見せていたTERRYだが、いよいよ満を持してのアルバムリリース発表となる。 今作 [全文を読む]

『ダンジョン』の仕掛け人・Zeebra(ジブラ)が語る「お会いした天皇皇后両陛下がラップをご存知で感動しました」

週プレNEWS / 2016年08月15日06時00分

全国から集ったスゴ腕ラッパーたちが、過激な“口ゲンカ”バトルを繰り広げる。ラップってこんなに面白いのか―。 昨年9月に放送開始し、今やカルト的な人気を誇るフリースタイル(即興)MCバトル番組『フリースタイルダンジョン』(以下、『ダンジョン』)。その仕掛け人がZeebra(ジブラ)である。今やヒップホップの“福音者”となった彼の野心を聞く! ■「一度ゴールデ [全文を読む]

品川ヒロシ監督作『Zアイランド』に窪塚洋介、シシド・カフカらも参戦!

Movie Walker / 2014年12月20日10時00分

同じく楽曲でも参加しているラッパーの般若は、「『Zアイランド』は笑いと涙とパニックです。超面白いです!!」と作品についてコメントしている。 品川監督はキャストについて、「風間君は本読みの時から一番面白くするぞ!っていう意気込みがすごかったです。以前より風間君出演のドラマなどを見て、一緒に仕事がしたいなと思っていました。上手いなぁと思っていたので、それを今回 [全文を読む]

『フリスタ』で呂布カルマ無双! 圧倒的強さにファンも絶賛

しらべぇ / 2017年04月05日22時00分

4日の放送では絶大な人気を誇るラッパー・呂布カルマが出演し大きな話題を呼んでいる。■無類の強さを誇る「呂布カルマ」登場3rdシーズンからは複数人での団体戦にルールが改定されていた同番組だが、呂布カルマの「個人戦だったら出てもいいよ」という希望によりシングル戦となった今回のバトル。バトルに挑む呂布カルマは、待ち構えるモンスターたちに「R-指定以外は正直別に」 [全文を読む]

史上最大の日本語ラップブーム到来! 『SWITCH』11月号で大特集

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月24日17時30分

『SWITCH』11月号の特集「みんなのラップ」では、新世代ラッパーからレジェンドまで、ラッパー100人以上が登場して、細分化するヒップホップシーンの最前線をドキュメントする。 ・イベントから振り返る「日本語ラップ史上もっともアツい夏」 ・時代を牽引する新世代ラッパーたちのフォトストーリー&インタビュー ・注目を集めるMCバトルとサイファーの裏側 ・レジ [全文を読む]

フリースタイルバトルブームの“台風の目” ブラジル人ラッパーACEが語る、「エミネムの壁」と「果てなき野望」

日刊サイゾー / 2016年10月04日19時00分

そんな時代を経て、久々に何かやってくれそうなラッパーが現れた。渋谷サイファー(註:路上や公園などに集まり、輪になってフリースタイルでラップし合うこと)という新たなカルチャーを確立した、ブラジル生まれ新宿育ちのラッパー・ACEである。アニメとASIAN KUNG-FU GENERATIONをこよなく愛し、「もっとテレビに出たい」と声高に叫ぶ、これまでにいな [全文を読む]

ラップは賢くないとできない――『マツコ会議』でマツコが壊す先入観

日刊サイゾー / 2016年07月05日15時00分

「お前、うますぎるわ!」 マツコ・デラックスは、黒人ラッパーの流暢すぎる進行に驚愕しながらツッコんだ。 その男の名はACE。彼は、ヒップホップ界隈ではすでに有名な存在だ。『フリースタイルダンジョン』(テレビ朝日系)では「ラスボス」般若の“通訳”役を務めているのをはじめ、多くのバラエティ番組に出演。CSでは『ラッパー“ACE”の世界をねらえ』(MONDO T [全文を読む]

宇多丸、Kダブシャイン、般若、R-指定らが大絶賛の嵐!最強ストリート映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』が激アツすぎる【応援コメント一挙公開】

AOLニュース / 2015年12月19日13時04分

ドキュメンタリーと何回も間違うほど各ラッパー似てるし、演技も熱い。デトロイト警察との軋轢、LA暴動、そして経営陣の搾取に次ぐ搾取などなど、差別と暴力と青春が描かれる。(Twitterより)・Kダブシャイン/ヒップホップMCリアルタイムで聴いてて、流れは知ってたものの、改めて映像で再現されたストーリーを観ると、当時の興奮が思い返され、懐かしさだけでなく、その [全文を読む]

テレ朝MCバトル『フリースタイルダンジョン』、ラッパー・般若が放送事故レベルにアツすぎるラップを炸裂!ネット上で感動の嵐に 「神回」「泣いた」

AOLニュース / 2015年11月27日18時00分

若きラッパー達が5人の「モンスター」(T-PABLOW、サイプレス上野、漢 a.k.a. GAMI(9sari group)、R-指定(Creepy Nuts)、般若)に挑戦する番組である。9月30日から放送が開始され、今までにDragon One、LEON a.k.a.獅子、SALVADOR、KOPERU、HELL BELL、Kiss Shot、CHIC [全文を読む]

オードリー若林の春日disラップに大反響!ヒップホップ文化踏まえた凄すぎるクオリティ

AOLニュース / 2014年12月02日12時00分

■実はこのゴンゴール氏原は、お笑い芸人になる前は"ENSHU"という名で8年間ラッパーとして活動していたという異色の経歴の持ち主であり、ヒップホップ界隈での人脈も豊富。若林はいま一度氏原に基礎を叩き込んでもらいながらリリック(歌詞)を仕上げたようで、春日への"dis"をテーマに選んだ理由は、氏原の「(自分にとって)リアルなテーマじゃなきゃダメですよ」という [全文を読む]

自身初のLIVE DVDをリリースしたDJ RYOWが日本を代表するHIPHOP媒体とコラボした『RAP CONTEST』開催

okmusic UP's / 2013年06月05日13時00分

同レーベルより"E"qual、そしてNYからこのツアーファイナルのためにSpecial Shoutを届けたAK-69をはじめ、MASTA SIMON(MIGHTY CROWN), ANARCHY, DABO, RYUZO, AKLO, 般若, SHINGO★西成など各地を代表するラッパーやTina, MIHIRO~マイロ~など実力派シンガーが参加するスペ [全文を読む]

ウェイヨー! 「フリースタイルダンジョン」全バトルが見放題に

Smartザテレビジョン / 2017年05月18日19時06分

「フリースタイルダンジョン」は、チャレンジャーが即興ラップで“モンスター”と呼ばれる実力派ラッパーに挑み、賞金獲得を狙う音楽バラエティー。 これまでの82回の間には数々の名勝負が生まれており、特にチャレンジャーが滅多にたどり着けない“ラスボス”般若のバトルなどは、見逃してしまった人も多いはず。この機会に懐かしのバトルを見返したり、自分好みのラッパーを改め [全文を読む]

シンガー・般若演じる生ビール界の求道者が生ビールの秘密をアツく語るサイト「鬼の泡達」が開設!

@Press / 2017年05月17日10時00分

2.出演者 主人公の「鬼の泡達」を演じるのは役者ではなく孤高のラッパー、般若。 般若公式サイト: http://www.hannya.jp/ 2016年7月6日に9枚目のアルバム「グランドスラム」を発表し、2017年6月3日には二度目の野音ワンマンを予定している人気アーティストです。 3.声で美味しい生ビールの紹介 通常であれば美味しそうな写真とコピーで [全文を読む]

「リーボック フィットネス バトルレース」×ラッパー“般若”とのコラボレーション 大会オフィシャルソング「人間をきわめろ」&スペシャルムービーを本日より公開

PR TIMES / 2016年09月09日18時03分

[画像1: http://prtimes.jp/i/12619/17/resize/d12619-17-882265-4.jpg ]「リーボック フィットネス バトルレース」のオフィシャルソング「人間をきわめろ」は、自らもハードな「CrossFit(クロスフィット)」トレーニングを実践することで知られる希代のラッパー・般若とのコラボレーションにより実現しま [全文を読む]

SKY-HIがブチ壊すHIPHOPの壁「特定のジャンルやブームには興味ない」

Entame Plex / 2016年08月10日13時30分

そして、彼はまたSKY-HI名義でソロ・ラッパーとしても活躍中だ。その甘いルックスで多くの女性ファンを虜にしながら、一方ではとにかく高い評価を受ける類まれなラップセンス。その実力は、現在話題沸騰中のMCラップバトル『フリースタイルダンジョン』でラスボスをつとめるラッパー界の大御所:般若をも唸らるほど。一見スマートなSKY-HIだが中身は超無骨。音楽シーンへ [全文を読む]

「元カレ元カノフリーマーケット」で思い出の品を売りさばいてきた

デイリーニュースオンライン / 2015年08月28日10時00分

「あんなヤツとの思い出、とっとと売り払ってカネにするぜー!!」的な、ギラギラした感じの人はいませんでした(見た感じ) 自作のラップを売っているラッパーの抹さんに話を聞いてみました。 「2年前、年上の彼女に贈ったラップのラブソングを売っています。録音用のマイクが壊れて、ネットを見ながら新しいマイクが欲しいと話していたら、4日後に彼女から届きました。年上でキャ [全文を読む]

長渕が倒れるか俺らが屍となるか!? 10万人の富士山ライブ、激熱レポート【前編】

週プレNEWS / 2015年08月26日00時40分

続く序盤では沖縄から来た若手シンガー、多田麻衣子ちゃん、ラッパーの般若&輸入道がゲスト登場。麻衣子ちゃんの歌『てぃんさぐぬ花』は、元ちとせのような裏声を駆使した美しい声で、腰痛に悶える身には心地よかったが…。 そして、長渕と彼らで歌詞もアレンジされた『家族』を熱唱。これには賛否両論、解せない顔をするひとりは30代の男性ファン。 「般若と輸入道とかいう若者が [全文を読む]

フォーカス