子供 南野陽子に関するニュース

創刊50周年記念。時代を築いた「週プレヴィーナス7」にインタビュー!

週プレNEWS / 2016年10月18日19時00分

各映画賞の新人賞を総ナメにした ●ヴィーナス3 優香「私の名付け親の方が、子供に『優香』って名付けてくれていることを願っています(笑)」 私が週プレさんで芸名を募集したのは、17歳だった1997年です。ハガキ以外に、当時としては珍しくインターネット応募ができたんですよ。なんて画期的なんだろうって、ワクワクした覚えがあります。 最終的に私の“名付け親”になっ [全文を読む]

浅香唯から本田美奈子まで…あの黄金時代、85年組アイドルのインタビュー名言に今なにを感じるか?

週プレNEWS / 2015年01月14日06時00分

―でも子供のまんまでいようとすると、どこか無理が出てくるよな。 陽子 そう。無理はあるんだけど、でもまだその無理をしていけないときなの。 ―なんででしょー? 陽子 あのね、アイドルっていうのは、自分の本当の年齢のカッコをしたときに落ち目が始まるんです。 ―なるほどォ! かっこいい。タレント評論家!(笑)。いや、いないよ、そこまで言うのはいないな、フツーな [全文を読む]

語っていいとも! 第18回ゲスト・芳本美代子「なんか、コケちゃあ起き上がってルンルンしてた感じです(笑)」

週プレNEWS / 2016年02月28日12時00分

…で、みっちょんはその優勝で自信をつけてその後のオーディションも? 芳本 でもまだまだ子供でしたから。中学の時に受けたのは、松田聖子さんとかシブがき隊に会いたいみたいな感じの(笑)。 ―いわゆるミーハー的な(笑)。 芳本 そう、ミーハー的な感じで。東京には出たかったんですけど、でもまぁその時はスタイリストさんだとかヘアメイクさん、美容師なんかの仕事に就けた [全文を読む]

福山雅治結婚で“ましゃロス”な女たち「ふたりはお似合い」と傷を癒している?

週プレNEWS / 2015年10月03日15時00分

ユキ 私はちょうど子供を幼稚園に迎えに行く前のひと時に珈琲飲んでて、ニュース見て「ブーッ」と吹きましたよ、冗談抜きで。 アヤコ 確かにショックだったけど、私たちの間に生まれた子供には罪はありませんから。“ひまわり”みたいに真っすぐ育っていってほしい…。 ―結婚報道のファンの反応に嘆きや怒りが多いのはなぜなんですかね? ユキ ここまで結婚しないで引っぱりす [全文を読む]

白石美帆から奪ったカレと…鈴木京香、略奪愛からの半同棲がバレた!!

メンズサイゾー / 2012年07月30日18時00分

同誌では、芸能関係者が現在の彼女を「40歳を過ぎると女性は必然的に子供を諦める選択を迫られるし、結婚や家庭よりも一生続けていく仕事のこと、そして“今をいかに楽しむか”ということに考え方がシフトしてくる」と分析。もはや長谷川に結婚や子供を迫るでもなく、余裕を持ったオトナの交際をしているのではないか、としている。だが実際は京香の方がより強く長谷川に執着している [全文を読む]

斉藤由貴は「時代だって由貴に染まる。」!美神たちの愛すべきキャッチフレーズ

アサ芸プラス / 2017年09月08日09時58分

「誰のおかげで飯が食えてると思ってんの!」と怒鳴られた当時のマネージャーも「まだ子供で純粋なんだ」と怒りを収めていたのだろうか。●大沢逸美「ジャームス・ディーンみたいな女の子」(83年デビュー)170センチの長身に短髪。80年代はユニセックスなイメージを売りにするタレントが多かった。彼女の場合、このキャッチフレーズよりも、ラジオで連呼された「大沢、イッツミ [全文を読む]

ロックにアイドル、芸人からプロレスまで! この夏、異色仕掛け人たちの音楽フェスが熱い

週プレNEWS / 2015年06月12日20時30分

栃木みたいな田舎のイベントは子供や年寄りもひょっこりのぞきにくるから(笑)。それにアイドルは応援しながら自分自身も充実させられるんですよね。僕は、お客さん側からの発信っていう意味でオタ芸はすごく良い文化だと思ってるの。オタ芸まで行かなくても、サイリウム振るのもお客さんのパフォーマンスだしね。アイドルのライヴはお客さんが発散できる場所なんですよ。 ―2月に渋 [全文を読む]

2015年、離婚秒読みの女たち

NewsCafe / 2015年01月18日17時00分

夫が子育てに協力するどころか休日に勝手に1人で遊園地に出かけたり、西山に『子供の面倒をみるからたまには外出すれば?』と言ったわりに、実際は子守を祖母に任せて遊びに出たりする私生活を暴露。ネットでは『やっぱりねー的展開すぎて同情の余地なし』となぜか叩かれる始末です。加えて心配なのがタレントの南野陽子(47)。やり手実業家とのセレブ婚だったはずが、夫の悪行がバ [全文を読む]

世界的大ヒットに学ぶ! CMがアイドルの登竜門となった、グリコポッキー誕生秘話【後編】

週プレNEWS / 2014年10月22日11時00分

全国展開されると、子供たちが楽しそうにポッキーを食べるCMの効果もあり、目標の3倍以上の売上げを誇る商品に成長。その後もファン層拡大に成功していく。 ポッキーブランドマネージャーの伊藤征樹さんがその秘密を明かす。 「発売当初のユーザーが年齢を重ねたことで、購買層が20代中心になったことを受け、10年目に『いちごポッキー』を発売し、新たに子供たちにポッキー [全文を読む]

流行再来「昭和歌謡」の火付け役は江木俊夫

アサ芸プラス / 2012年10月23日10時54分

それで、お母さんたちが会場で一緒に歌っているのを見て、子供がびっくりするんですね。ステージと客席が一体となって、本当に同窓会という感じですから」(前出・小川氏) 同窓会コンサートからは「S4(エスフォー)」なる新ユニットも誕生した。メンバーは江木、あいざき進也、晃(フィンガー5)、高道(狩人)で、昨年6月にはシングル「夢のつづき」(作詞・児島隆、作曲・井上 [全文を読む]

フォーカス