離婚 桜田淳子に関するニュース

数字をもってることでは別格の「花の中3トリオ」

NEWSポストセブン / 2017年02月11日07時00分

そんな「花の中3トリオ」も「新御三家」も、結婚、離婚、再婚、闘病などを始め、ずっと芸能マスコミに“話題”を提供してくれているが、ここにきて、また「花の中3トリオ」がワイドショーや女性週刊誌に話題を振りまいている。 まずは山口百恵。夫の三浦友和がドラマ『就活家族』(テレビ朝日系)のPRで露出が増え始めてからというもの、「百恵さん」を主語にした芸能ニュースが [全文を読む]

ベッキー初醜聞は”サンミュージックの呪い”!? 自殺、宗教、覚せい剤と続く看板タレントの系譜

デイリーニュースオンライン / 2016年01月08日07時40分

同誌によると、ベッキーはLINE上で、離婚を「卒論」にたとえて、妻との別離を促していたというから穏やかではない。これまで大きなスキャンダルがなかったベッキーだが、今後の展開次第では芸能界からの一発退場もありうる。 「所属タレントが数年に一度大きなスキャンダル」 これまでスキャンダルとは無縁な存在だったベッキー。あだ名付けを得意とするお笑い芸人の有吉弘行(4 [全文を読む]

「数字をもっている」と評判の森昌子 ブーム再燃か?

NEWSポストセブン / 2017年05月28日07時00分

だが、森進一と離婚し、20年ぶりに芸能界に戻って来て『バラ色の未来』をリリースしたのが06年6月。以来、息子たち3人を厳しく育て、彼らに「鬼のような母親」と言われながらもダメなものは絶対にダメという姿勢で必死に子育てした結果は、「お見事」というしかない。『スター誕生』(日本テレビ系)の初代グランドチャンピオンに輝き、『せんせい』でデビューした森昌子は、そ [全文を読む]

「2014 寿ゴールイン新春杯」誰が一番早く嫁に行く?(1)

アサ芸プラス / 2014年01月21日09時58分

「週刊誌、ワイドショーが動かない年末時期に離婚問題はコッソリ片づけ、何はさておき年始はおめでたい話から“事始め”するというのが芸能界の常識なんです」 大みそかカウントダウンの12月28日には、原田知世(46)、沢尻エリカ(27)が相次いで離婚を発表。PUFFY・吉村由美(38)も大みそか当日こっそりバツ2をカミングアウトした。 年が明けた元旦のスポーツ報 [全文を読む]

大捜査ワイドTVから消えたオンナたちの真実 伝説の逃避行 関根恵子・木之内みどり

アサ芸プラス / 2012年04月04日11時00分

「紆余曲折の末、(5年後に)離婚した彼女が帰国し、実家の千葉・成田でクラブを経営していたんですが、偶然にもその店で再会し、『あの人は今』という内容のテレビ出演を勧めたことがありましたね」 もう1人は、21歳の若さで芸能界を引退した木之内みどり(54)だ。稀代のヒットメーカー・後藤次利(60)との交際が発覚すると、米国・ロサンゼルスでレコーディング中の彼の [全文を読む]

週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」芸能スキャンダルの真相!(4)ルビー・モレノ、天地真理…「失踪美女」の気になる「今」!

アサ芸プラス / 2016年10月13日05時57分

彼女には2度の離婚歴があり、隠し子までいたのだ。「フィリピンに残してきた子供が障害を抱えていて、リハビリや治療に大金がかかる。妹3人を大学に通わせていたこともあって、毎月30万円くらいはフィリピンに送金していたよ」 やがて、経歴詐称や借金騒動が明るみに出ると、94年秋にヘアヌードを発表して過去を“清算”。その翌年に冒頭の失踪劇が起きた。 所属事務所の稲川素 [全文を読む]

大物スター8人!「伝説の会見」パフォーマンス(3)松田聖子のあの名言は…

アサ芸プラス / 2016年06月27日05時57分

全てが計算づくの彼女らしい会見でしたね」 別れといえば、84年の平幹二朗(82)と佐久間良子(77)の「離婚会見」。佐久間には男の噂が、そして平にもまた“男の噂”が立ち、その時すでに夫妻は別居状態だったという。「円満に別れたことをアピールするため、お互いの非をかばい合っていました。夫婦が最後に力を合わせて臨んだという、前代未聞の会見でしたね」(前田忠明氏) [全文を読む]

追っかけ総直撃!選ばれし“永遠のマドンナ”に会いたい!(5)「神保美喜・スター誕生!」

アサ芸プラス / 2016年05月07日09時57分

同じ年に離婚も重なり、このことが原因とも言われました。神保 それはまったくの偶然なんです。出した時には夫も「きれいだよ」と言ってくれましたから。そうそう、最近、姪の男友達が「神保美喜」で検索すると、この時の画像が出てくるんですって。それを言われても私の姪は「そうよ、きれいでしょ?」って。さらに「あなたたち、おっぱい、おっぱいって赤ちゃんみたいよ」って言い負 [全文を読む]

ベッキー謝罪会見、“異様な光景”にマスコミ驚愕! 事務所スタッフが“余裕で談笑”の舞台裏

サイゾーウーマン / 2016年01月09日12時45分

離婚届を“卒論”と呼び、川谷に離婚を迫る内容は『友人関係』では説明がつかないため、会見後、記者は事務所スタッフに対して、執拗に画像の真偽について質問を浴びせていました。ただスタッフは、『その部分は関知していない』と繰り返すばかりでしたが」(同) さすがのサンミュージックも、LINEという新アイテムへの対処までは、想定できていなかったようだ。次の展開が待たれ [全文を読む]

フォーカス